EV DH-3+HPT64の音色

 最後の正月休みの今日、昨年末にヤオフクで落札した、EVのDH-3+HPT64の音色を確かめてみました。6wayのシステムの中高音ユニットYL25000に変えて、3000Hzから8000Hzの帯域を受け持たせてみました。インピーダンスが8Ωであることもあるのですが、16ΩのYLより10dbもゲインを絞る必要がありました。アルテックの299とほぼ同じ能率の高能率ユニットなのです。

 インラインには設置できませんので、この様な仮置きです。
b0052286_16203259.jpg

b0052286_1620461.jpg


 ゲイン、位相、ダイアフラムの位置などを調節し、周波数特性はYLの場合とほぼ同じにして、色々なソースを聴いてみました。

 YLに比べて華やかな音になりますが、歪みっぽい音にはなりません。金属音はYLより生々しく響きます。2次高調波歪みがやや多いことが、かえって良い結果を出しているのでしょうか。しばらくの間は、これで聴いてみようと思います。元の戻す気が起きなければ、インラインの配置を考えてみましょう。

ごそごそしているときに、OTさんから℡がありました。北条のエクスクリューシブさんの所へ音の計測に来てほしいとのこと、今日すぐには機材が間に合わないことを言うと、その後お二人で我がルームへ。EVの音はまずまず好評のようでしたが、リクエストに応えて、マスター・アンド・コマンダーのDVDをボリュームを上げて聴いて貰ったところ、またまたサブウーファーに使っているクロモグラが昇天してしまいました。このDVDとクロモグラは相性が悪いようです。
Commented by エクスクルーシブ at 2009-01-04 22:34 x
こんばんは、初めてお伺いしましたが、明瞭で定位のいい音に驚きました。OTさんの言うように適当にマルチくんでいますが、頂はまだはるか遠くにあることが分かり楽しみです。今後よろしくご指導お願いいたします。
Commented by ot2005 at 2009-01-04 23:53
katyanさん
急遽訪問させていただきありがとうございました。
エレボイいいですね。痺れるようにバシッと鳴ってました。
by katyan4 | 2009-01-04 16:24 | 装置・スピーカー | Comments(2)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30