Blu-spec CD

Blu-spec CDを4枚購入しました。
b0052286_22155876.jpg

ブルーレーザー・カッティングと高分子ポリ・カーバネイトでマスターテープのクオリティーを再現出来たとの宣伝文句です。

今日はこのうちヨーヨーマ(1986年録音)とアイザック・スターン(1980年録音)を聴いてみました。

最近の物と比べると、録音レベルが低く、ボリュームを数db上げる必要がありますが、ダイナミックレンジが広いのでしょうか、聴感上はそんなに広くない感じです。
音は素直で、確かにマスターテープに近い音のように聞こえます。

ヨーヨーマのドボルザーク・チェロ協奏曲第一楽章のダイナミックレンジを見てみました。
b0052286_224418.jpg

ピークは-1db程度で、強いリミッターやコンプレッサーを使っておらず、マスターテープに近いもののようです。
Commented by ta-mo-ta-mo at 2009-02-01 23:32
katyanさん、こんばんは。

はじめまして、RYOさんにとてもお世話になっている たもたも と申します。

最近、Blu-spec CDやらSHM-CDやらと、なにやらCDでもいろんな名前が付いたCDが増えててきて、素人にはますますわかりにくくなってきてるような気がします。
また、今までは高音質!って見出しが多かったように思いますが、
最近は、マスターテープのクオリティにより近づいたみたいな謳い文句が多いみたいですね。

これからもkatyanさんのブログの方に、寄せてもらいたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
Commented by katyan4 at 2009-02-02 15:40
ta-mo-ta-mo さん
 初めまして、ブログをリンクさせて頂きました。
色々うたい文句の付いたCDが出てきていますが、基本的なものは変わっていないのですから、びっくりするほどの音の変化はないように思います。ただ、CDにする課程で出来るだけマスターテープの音を変えないようにするかどうかの違いでしょうか。
 マスターテープの音を超えることは出来ないのですから、新しい録音の物を出してもらいたいですね。
Commented by ta-mo-ta-mo at 2009-02-02 21:30
ありがとうございます、私もリンクさせていただきました。

そうですよね、これからもっと進歩してもマスターテープは超えることができないんですもんね。

これからも一つ、よろしくお願いします。
by katyan4 | 2009-01-30 22:30 | 今日の一枚 | Comments(3)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて