JBL 453Beを使ってみて 3.

このドライバーの印象は、歪みが少なく、特定の周波数のピークを感じない音でした。このドライバーに高域と超高域のスピーカーをつながず、1kHz以上で、ハイカット無しで鳴らしてみました。

視聴位置での特性です。
b0052286_20571523.jpg

これでもナカナカ良い感じの音で鳴るのですが、ソースによっては、高域に物足りなさを感じます。バイオリンの音などがビオラのような音に聞こえることがあります。

 そこで、パラメトリックイコライザーを使用して高域を補正してみました。
パラメトリックイコライザーの特性です。
b0052286_2112066.jpg


補正後のスピーカーの特性です。
b0052286_2125117.jpg


この補正を加えると高域の物足りなさはほとんど無くなります。少し、高域に艶のある音になりますが、弦の音も美しく聞こえますし、パーカッションの音も力強い冴えた音に聞こえます。
by katyan4 | 2005-02-03 21:06 | 装置・スピーカー | Comments(0)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31