ルービンシュタイン・ショパン・ピアノ協奏曲第2番の古いLP

 以前、海外版の中古LPを。まとめてオークションで買ってそのままにしておいた中から、一番ジャケットが傷んでいる物を選んでよく見ると、ルービンシュタインのショパンのピアノ協奏曲第2番でした。
 ジャケットの端のほうは破れ、セロテープで補修してあります。中袋も朽ちて破れていました。
b0052286_1131725.png


 レコードも埃や汚れが目立ちレコードのラベルは、センタースピンドルで擦れてできるひげは目立ちませんが、指油のシミが目立ちました。
b0052286_1135749.png


丁寧にクリーニングして、ELPのレーザーターンテーブルで再生してみました。
細かなノイズはありましたが、大きな傷はなく最後まで無事に再生可能でした。

伴奏はNBC交響楽団で、指揮はウィリアム・スタインバーグ。もちろんモノラル録音です。

オーケストラの音は、今の水準から考えると貧弱なものですが、ひずみは少なく、鑑賞に耐える程度。ピアノの音は輝きのある音で、十分に楽しめる水準でした。

演奏はルービンシュタインのショパンですから、悪かろうはずがありません。

調べてみますと、1940年中頃から1950年台中頃の60歳前後の録音のようで、復刻盤のCDもあるようです。
by katyan4 | 2012-10-19 11:09 | 今日の一枚 | Comments(0)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30