サーサイモン・ラトル(指揮)ベルリン・フィルナーモニー管弦楽団

Blu-Ray Disk 4枚組
b0052286_18523585.jpg


昨年の來日記念に発売されたのもです。

以下の内容のセットです。
b0052286_18533094.jpg


どのDiskの演奏は文句のない演奏ですが、音は録音された会場が違うので、それぞれ異なります。

DISK1 はDTS-HD Master Audio Surround Sound 5.1 で聴きました。
b0052286_1910138.jpg

ベルリン・フィルハーモニーでの録音ですので、バランスの良い録音ですが、大太鼓の低音がもっと伸びていたら良いのになー・・と感じました。ティンパニーの迫力などは申し分ありません。

DISK2 は PCM 5.1ch(48kHz)の音源で聞きました。
b0052286_19105468.jpg

会場が野外音楽堂(ベルリン・オリンピック・スタジアム)なので、音はあまりよくは有りません。ホールでないのでこんなものなのでしょうね。

DISK3 はDTS-HD Master Audio Surround Sound 5.1の音源で聴きました。
b0052286_19111761.jpg

会場が鉄骨がむき出しの工場跡?(カーベンヴェルク・オーパーシュプレー)なので、高域が硬く低音がさびしい音でしたが、迫力はなかなかのものでした。

DISK4 はDTS-HD Master Audio Surround Sound 5.1の音源で聴きました。
b0052286_19113482.jpg

会場はモスクワ音楽院大ホールで。美しい響きの高域とよく伸びた低域の音で鑑賞できました。残響が多いためか、迫力はす少ない感じでした。
by katyan4 | 2014-03-15 19:11 | 今日の一枚 | Comments(0)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31