アクースタット3Mの測定 続き

コンデンサー型スピーカーは単一の振動板(振動膜)を持ち、静電気の作用で、全面均一な動作をするはずですので、その位相特性は優れているのではないかと思われます。
50cmで測定した、位相特性と歪み特性です。
b0052286_23131054.jpg

驚いたことに、位相特性は余り良くありません。高域補正が効いているのは7-8kHz以上ですのでその影響とも思えません。固定電極は隙間が多く作ってありますから(網状)、静電気の作用が振動膜に均一にかからないからかもしれませんが、ハッキリした理由は不明です。

累積スペクトラムの特性です。
b0052286_23184289.jpg

音の減衰特性?無響室での特性ではありませんので、参考です。
低域以外は良い特性に見えます。
by katyan4 | 2005-03-24 23:20 | 装置・スピーカー | Comments(0)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31