ARTUR SCHNABEL ベートーベンピアノ協奏曲全集

RCA Victor LP(MONO)5枚組
b0052286_21235254.jpg


アルトゥル・シュナーベル(Artur Schnabel)は1912年ころから1940年代にかけて活躍したピアニストで、世界で初めてベートーベンのピアノソナタ全集とピアノ協奏曲全集を録音(SP)した人です。(1933年頃)

このLPはこの時のSP録音を1955年にLPに復刻したものです。ピアノ・ソナタの方はAMAZONで格安でデジタル版が手に入ります。

このLPは2-3年前にLPのBOXをまとめて購入した中に入っていましたので、今日全曲聴いてみました。

SP録音ですから、弦の音などはあまり良くありませんが、ピアノの音は結構観賞に耐える音でした。音全体のバランスも良く、全曲聴き通すことができました。
by katyan4 | 2015-02-28 21:36 | 今日の一枚 | Comments(0)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31