「ほっ」と。キャンペーン

JICO 漆塗りの交換針

2ヶ月ほど前に注文していた、JICO(日本精機宝石工業KK)の漆塗り交換針がようやく届きました。シュアーのV-15Ⅴの交換針VN5MRです。

説明書1
b0052286_2041795.jpg


説明書2
b0052286_202264.jpg


球型のケース(漆塗り?)に入っていました。
b0052286_2021286.jpg


早速カートリッジに取り付けてみますと
b0052286_2022125.jpg


実を申しますと、注文した時にはカンチレバーに漆が塗ってあるものと誤解していました。それならば、音質の変化があるかもしれないと思ったのですが、到着してみてみますと、プラスチックの部分に若草色の漆が塗ってあり、カンチレバーはボロンそのものの色でした(笑)。

早速、アームに取り付けてレコードを再生しました。
b0052286_2023780.jpg


音は、新しい針ですから、高域のよく伸びた繊細な音が再生されました。漆の効果は?


JICOの交換針は、説明書に記載してあるように、SAS針(楕円針、シバタ針よりレコード面に接すつ面積が大きな割に半径が極小の理想的な形状)、極小の針先チップ、ボロンカンチレバー、希土類マグネット等を使っていますので振動計の質量がオリジナルより小さくなっています。

その効果か、周波数特性はMM型の中高域が中だるみではなく、MC型に近いフラットな特性になっています。

参考までに、型番は違いますが、同じSAS針、ボロンカンチレバー、希土類マグネットを使った、N97XEの交換針の特性はこのような感じです。
b0052286_2025474.jpg

Commented by 山本山 at 2015-06-13 02:36 x
漆塗り交換針ビュジアル的には理論では現れない何か音質的に良さそうな雰囲気ですね。
使用してない私が言うのもおこがましいですが、このタイプは私的ですが一つ
懸念事項があります。それは付属で着いている掃除用ブラシです。
アイデアは良いのですがブラシがスタイラスと近い為ブラシが音溝を擦る音を
スタイラスが拾います。一度お時間ある時に、無音溝のテストレコードで
普段お聞きの音量でトレースされてチエックされると良いと思います。
もし何も問題無かったら、ゴメンナサイです。余計なケチつけて!(笑)
Commented by katyan4 at 2015-06-13 16:30
山本山 さん
 シュアーのVー15を使い始めた何十年か前から、ブラシを使ったほうが良いのか使わないほうが良いのかが問題点でした。結論としては、反りのないレコードの場合は使わないほうが良い音がするような気がするが、反りの多い場合は使ったほうが音が安定すると思います。音質的には僅かの差なので、最近はズボラを決め込んで、ブラシを使ったままにしています。
by katyan4 | 2015-06-12 20:03 | 装置・その他 | Comments(2)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31