YAMAHA AV-プリアンプ CX-A5100を導入しました。

発売は昨年の8月でしたが、生産数が少なかったのと、評判が良すぎたため、注文しても手に入れることが出来なかったのですが、ようやく手に入れることができたYAMAHA AV-プリアンプ CX-A5100です。
b0052286_20582689.jpg


最新のAVアンプですから「Dolby Atmos®」および「DTS:X」対応デコーダーを搭載していることはもちろんですが、一番の売りは新次元の視聴環境改善効果をもたらす64bitハイプレシジョンEQ採用の本機専用「YPAO」で、音の新鮮さがダイレクトモードの音に引けを取らないとのことです。

元々フロントのスピーカーにはマルチアンプ方式で別アンプを使っていましたので必要がないのですが、サラウンド用の8本のスピーカーにはそれを駆動するパワーアンプが必要になりました。それで、以前より持っていたAMCRONのComTech DriveCore Series CT875を使いました。1Uタイプの薄いケースに75W×8chものです。

後ろはこの様になりました。
b0052286_21174559.jpg


パワーアンプへの接続は全部平衡出力になります。

音は今まで使っていたYAMAHAのAVアンプ RX-A3050よりずっと透明感の増した音で、評判通り素晴らしいアンプだと感じました。
by katyan4 | 2016-03-18 21:24 | 装置・アンプ | Comments(0)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30