アキュフェーズ DF-45 デジタルチャンネルデバイダー

 ヘソクリをはたいて、アキュフェーズ DF-45を手に入れました。
b0052286_2271365.jpg


以前にこれのひとつ前の機種であるDF-35を使ったことはあるのですが、高能率のドライバーを使うとノイズが気になったので使用を止めたことがあります。その頃はまだ高域難聴が無かったのでしょうね。中低音ホーンを復活させますと、そのホーン長(115cm)が気になります。デジタルディレイ付いているデジタルチャンデバが必要かなと思ったわけです。

DaytonaudioのAMTPRO-4ハイルドライバーの取り付けも一番初めの方式に戻しました。
b0052286_2216221.jpg


ショートホーン?等を取り付けては見たのですが、思ったような効果が得られませんでしたので、一番シンプルな方式に戻しました。

中低音以外を115cm~110cmのディレイをかけて調整してみました。
低音~中低音を250Hz24db/oct、中低音~中高音を1000Hz24db/oct
中高音のハイカットを6300Hz24db/odt,高音のロウカットを10000Hz24db/oct

左CH(視聴位置)
b0052286_22265292.jpg


右CH(視聴位置)
b0052286_222711100.jpg


両CH(視聴位置)
b0052286_2227405.jpg


ディレイの効果なのか、低音~中低音と中低音~中高音のクロスオーバー周波数あたりのレスポンスの低下が少なくなっています。
Commented by Michel at 2016-04-25 21:15 x
ベリンガーではダメでしたか?
Commented by katyan4 at 2016-05-05 10:45
ベリンガーの方が、細かい調節が可能で、デジタルアウトに改造すればそこそこ良かったのですが、管球式に変えましたので、アキュフェーズに戻ってしまいました。
by katyan4 | 2016-04-24 22:33 | 装置・アンプ | Comments(2)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31