ダイトン・オーディオのドライバーAMTPRO-4横向きハの字配置でシステムを調整してみました。

ダイトン・オーディオのドライバーAMTPRO-4を横向き90度(ハの字)配置にして良さそうなので、今日はシステムを調整してみました、

最終的にはこの様になりました、ドライバーの間隔を出来るだけ狭くし、ELACのリング・リボンTWの高さを少し高くしました。
b0052286_1542837.jpg


中低音ホーンの上に置くと、この様になりました。
b0052286_1565954.jpg


ELACのTWとAMTPRO-4は10000Hz/24dboctで分割
AMTPRO-4と中低音ホーンは1000Hz/24dboctで分割
中低音ホーンとYAMAHA JA-3882Bは224Hz/24deoctで分割して、レベルを合わせて周波数特性を計測してみました。

左CH視聴位置です
b0052286_15122034.jpg


右CH視聴位置です。
b0052286_15124323.jpg


両CH視聴位置です。
b0052286_15131013.jpg


このままでも良い感じなのですが、YAMAHAのAVアンプの周波数補正機能(YPAO)で補正してみました。

YPAO:フラット 両CH
b0052286_15162472.jpg


YPAO:ナチュラル 両CH
b0052286_15165714.jpg


今まではフラットでは高域がキツク聞こえ、ナチュラルでもトーンコントロールで高域を落とした状態で聞いていたのですが、フラットでも充分楽しめます。

8kHzあたりを少し(ー3db)ほど手動補正して調整を終わりました。
b0052286_15214481.jpg


高域は十分に出ているのですが、ひずみ感が少なく楽しく音楽が聴けるようです。
上下左右の高域の指向特性が良くなったのが良い結果をもたらしたのかもしれません。
Commented at 2016-09-28 10:42 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by katyan4 at 2016-10-17 21:12
黒川 様
 このところ、忙しくてブログを見たり書いたりしていませんでしたので、ご返事か遅くなりました。
 退院されて時間が経っていますので、お元気になられたことと思います。ご自愛下さい。
by katyan4 | 2016-09-18 15:04 | 装置・スピーカー | Comments(2)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30