「ほっ」と。キャンペーン

ELP・レーザーターンテーブルのヴァージョンアップ

 昨年、レーザーターンテーブルを発売しているエルプの創始者である、千葉三樹さんが亡くなられました。ご冥福をお祈り申し上げます。
 私は長年レーザーターンテーブルを愛用していますが、しばらく調整に出していなかったためか、動作がやや不安定になり、使用頻度が少なくなっていました。音質も少し大人しすぎて物足りない感じもありました。

 12月になって、千葉三樹さんの追悼の意味もあったのか、レーザーターンテーブルのヴァージョンアップを50%割引で行うとの手紙が舞い込みましたので、思い切ってヴァージョンアップを申込みました。
 
 50%割引と言いましても、エクスクルーシヴのレコードプレーヤーP3の中古を買うくらいの出費が必要でしたが・・・

 今週の月曜日にようやくヴァージョンアップに送っていたレーザーターンテーブルが帰ってきました。
b0052286_2265817.jpg


 早速、フォノイコライザーははKORCのDAC-1に接続(DSD 5.6Mに変換してそのまま録音も可能)して、キャリブレーションレコードでキャリブレーションを行ったあと、LPを再生してみました。カール・ベーム指揮バイロイト音楽祭管弦楽団の演奏でワーグナー(フィリップス)です。
 以前より低域が豊かになり、高域も繊細で美しい音が出てきました。ヴァージョンアップの効果は有ったようです。
b0052286_225195.jpg


 次に重量版180gのLPをかけてみますと、右と左の音がそれぞれ隣のトラックから再生され変な音になります。200gの重量版はエラー表示が出て、初めから再生不能になりました。レコードの厚さ0.数ミリの差でエラーが出るようです。

 そこで、キャリブレーションレコードの厚さを擬似的に厚くしてみれば良いのではと考え、キャリブレーションレコードの下に名刺を置いて再度キャリブレーションを行いました。
b0052286_2272650.jpg
 
b0052286_2274189.jpg



 すると、200gのLPも無事に再生可能となりました。
b0052286_2239457.jpg

{ラトル・ベルリンフィルのダイレクトカッティング ブラームス交響曲全集です。)

これで、LPを楽しむ時間が増えそうです。


by katyan4 | 2017-01-26 22:09 | 装置・その他 | Comments(0)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31