交響曲第3番/マーラー バーンスタイン指揮ウィーン・フィル

DVD-videoとBS放送録画テープの聞き比べ
b0052286_22495475.jpg

1972年のライブ録音ですから30年以上前のものです。BS放送の録画は20年近く前にED-βでしたものです。
聞き見比べて見ると録画テープのほうは絵も音もコントラストが強く、鑑賞しても楽しいのですが、DVD-videoのほうは絵も音も何か物足りない感じがしました。
録画テープの音は、高音に輝きと新鮮さを感じますが、DVD-videoのおとは、高音が寝ぼけたような物足りない音です。トーンコントロールで高音を4db程上昇させると良いようでした。
演奏はバーンスタインとウィーン・フィルのマーラーですから、申し分ありませんが、プアな音で聞くと感動が半減します。このような場合には、トーンコントロールを積極的に使ったほうが良いようです。
by katyan4 | 2005-05-07 23:02 | 今日の一枚 | Comments(0)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31