FFOUR RUSSIAN RARTIES FOR PIANO AND ORCHESTRA IGOR ZHUKOV (P)を聞く

何年か前に、ピアノ曲をまとめて買ったLPの中の一枚です。
EMI盤
b0052286_15573825.jpg
b0052286_15574123.jpg
ウィキペディアで調べてみますと、IGOR ZHUKOV という演奏家は下記のような人物でした。

イーゴリ・ジューコフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先:案内検索

イーゴリ・ミハイロヴィチ・ジューコフ(Igor Mikhailovich Zhukov、ロシア語: Игорь Михаилович Жуков)、1936年8月31日 - )はロシアピアニスト指揮者レコーディング・エンジニア

ニジニ・ノヴゴロドに生まれるが、翌年、家族に連れられモスクワに移る。4年後に、第二次世界大戦中の戦乱を避けてキーロフ(ヴャートカ)に疎開せざるを得なくなる。戦後にモスクワに戻り、1955年よりモスクワ音楽院に学ぶ。当初はエミール・ギレリスに、その後ゲンリフ・ネイガウスに師事した。パリロン=ティボー国際コンクールで第2位に入賞した後、1960年に音楽院を卒業する。

ジューコフは、数多くの録音を発表しており、中でも2度にわたるスクリャービンのピアノ・ソナタ全集は名高い。録音技術そのものにも情熱を持って関心を寄せており、「私は録音技師のなかで最高のピアニストなのであり、ピアニストのなかで最高の録音技師なのだ」と発言したことがある。

ピアニストとしての活動以外では、モスクワ室内管弦楽団を率いて、1994年に引退するまで指揮者として活動した。また室内楽奏者としては、ヴァイオリニストのグリゴリー・フェイギンやチェリストのヴァレンティン・フェイギンとともに、1963年にジューコフ・ピアノ三重奏団を結成し、1980年まで、古今の幅広いレパートリーによって演奏・録音に取り組んだ。


「録音技師のなかで最高のピアニストなのであり、ピアニストのなかで最高の録音技師」と自称するだけあって、なかなか良い音で録音されています。盤質も良く雑音も少ないので、DSFファイル(5.6M)でリッピングしておきました。


by katyan4 | 2017-06-25 16:09 | 今日の一冊 | Comments(0)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30