「ほっ」と。キャンペーン

ホルスト/組曲「惑星」 

秋山和慶(指揮) 東京交響楽団 SACD/マルチ
b0052286_21195459.jpg
昨日、午前中の少しの時間を割いて、秋葉原の石丸電気ソフト館に行てきました。1階は全部SACDとDVD-Audiodでした。DVD-Audioには、新しい物が少なかったので、SACDのみ3枚買って帰りました。
 これはその内の1枚です。ポスターの7Hzと28Hzのパイプオルガンの音が入っているとの宣伝につられて買ってしまいました。
 所沢市民文化センター・ミューズで録音された物で、そこには世界最大級パイプオルガンが有るのだそうです。
 録音は、美しいホールトーンが十分に入った好録音です。先鋭さには少しかけますが、広大なダイナミックレンジを生かすためには、ボリュームを平常より相当上げる必要があります。
 問題のパイプオルガンの低音は第5楽章の7分55秒~に7Hznの音が入っています。耳にはその高調波しか聞こえませんが、80cmのサブウーファーは1cm程度の振幅で振動していましたので、確かに入っているようです。第7楽章の3分21秒~には28Hzの音が入っています。これは、耳に聞こえ、包み込まれるような最低音が部屋に充満しました。
by katyan4 | 2005-07-25 21:34 | 今日の一枚 | Comments(0)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28