TOAドライバーのダイアフラムをアルテックのダイアフラムに変えてみる

 アルテックの288系ドライバーのダイアフラムを手に入れて変えてみました。
b0052286_2148387.jpg

ボイスコイルの直径は完全に一致し、固定ピン、固定ネジの位置も完全に一致しました。
信号を入れながらダイアフラムを固定し、ビリつきなどが無いことを確認して、周波数特性を取ってみました。
b0052286_214857100.jpg

期待を裏切って、周波数特性に凸凹が多く、2kHzのディップもちゃんとあります。フィズプラグとの間隔など完全な互換性がない物と思われます。

残念!!
by katyan4 | 2005-09-07 21:47 | 装置・スピーカー | Comments(0)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30