「ほっ」と。キャンペーン

ローレライ

DVD-VIdeo DTS5.1CH
b0052286_2364690.jpg
福井晴敏のベストセラー小説の映画化。原作は内容は荒唐無稽の話ではありましたが、何か叙情性を感じるところもあり、結構面白いお話でした。しかしこの映画は荒唐無稽なだけではなく、色々なシーンや物語の進行に違和感を感じることだらけで、映画に没入して見ることが出来ませんでした。CGを使った潜水艦や駆逐艦のシーンも不自然きわまりなく、これならばいっそアニメで作った方が良かったのではないかと思われるほどのものです。この様な変な映画を作った制作者の顔を一度見てみたいものです。
by katyan4 | 2005-09-08 23:13 | 今日の一枚 | Comments(0)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28