Jane Monheit/Taking a Chance of Love

CD
b0052286_22472416.jpg
この前の日曜日にMitchieさんが忘れて帰ったCDです。折角ですので、全曲聴き通してみました。前の日の低音の調節がうまくいったのか、ベースの音が余裕のある音に聞こえ、とても良い感じです。Jane Monheitの声もとても魅力的に聞こえます。殆どの曲がスローバラードなのですが、退屈もせずに全部聴き通しました。HMVを見るとCDが4種類ほど有りますので、全部注文しようと思います。
Commented by Mitchie at 2005-10-18 08:45 x
もう一人絶対外せないのが居ますよ。モンハイトと比べるともっと大人の雰囲気をもった(実際いい加減な歳なのですが)PATRICIA BARBER 。わたしとしては、ちょっとコンテンポラリーな感じのVerse(http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=704655)というアルバムが一押しですが、Night Club(http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=1843291)は、スタンダード中心のライブ盤でこれもお薦めです。駄作はないようですが、とりあえず、この2枚あたりから聴いてみてください。SACD,CCCD等いろいろなヴァージョンがありますので、お間違えなきよう選んでください。
Commented by Mitchie at 2005-10-18 09:00 x
モンハイムの歌唱で、ひとつ大事なのを忘れていました。 トランペットのテレンス・ブランチャードのリーダーアルバム「 Let's Get Lost 」 (http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=203931)の中の2曲目 To Yong To Go Steady です。ブランチャードもモンハイムもそれはもう最高です。
Commented by katyan4 at 2005-10-18 11:36
Mitchieさん、有り難うございました。CD、SACD,DVDと5枚ほど注文しました。
Commented by HAL4550 at 2005-10-18 20:35 x
今晩は。

わたしも次の日には松山で聴かせて頂いた数々のCDを求めに彷徨いました。そしてLPとCDあわせて10数枚買いました。モンハイトは2枚買い同じく素晴らしい出来でした。
ウテレンパーが失敗しました。聴かせて頂いたCDの題名がが判らなかったのでLONDON版だったと思って探しましたが見つかりませんでした。そこでBlood&Feathersを買ったのですが、題名からしても気持ち悪いなと、思いつつ聴き始めたら3曲目で気持ち悪くなってギブアップして我が家の××箱行きとなりました。××箱は何年か放置しておいて調子の良いときに再聴するのですが、でも、殆どが一般棚に上がることはありません。

KurtWeillは好きでLOTTElenyaのコロンビアの6EYEオリジナルを持っています。このUTElenperはデフォルメしてチョットNGでした。Mitchieさん題名を教えてください。キャバレーではないですよね。

それからDardaさんの好きなCRIFORDbrawnを4枚ととMaxRoachを4枚LPで買いました。2枚ほど良くて後は××箱行きでした。

本当に当たる確立は2割がいいところですね。
Commented by Mitchie at 2005-10-18 21:22 x
HAL4550さん
わたしのところでお聴きいただいたウテレンパーの曲は、ソンドハイム(ウエストサイドストーリーの作詞者のち作曲家としても活動)のルージング・マイ・マインドです。タイトルは、「City of Strangers」 いま、アマゾンのUS盤しかカタログに載っていないようです。(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00000426S/qid=1129637006/sr=8-10/ref=sr_8_xs_ap_i10_xgl27/249-7095450-8811501) 本ブログの10月6日に紹介されています。
彼女のクルト・ワイル集は、何枚か出ていますが、わたしは次の盤が好きです。同じくアマゾンのカタログにしか出ていません。(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0000041VG/qid=1129637526/sr=8-4/ref=sr_8_xs_ap_i4_xgl74/249-7095450-8811501) 個性的では、あります。
Commented by Mitchie at 2005-10-18 21:45 x
HAL4550さん
マック・ザ・ナイフもお聴きいただきましたね。あれは、Ute lemperではなく、Dee Dee Bridgewater です。「This is New」というアルバム
(アマゾン http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00005UW00/qid=1129639084/sr=8-14/ref=sr_8_xs_ap_i14_xgl15/249-7095450-8811501) のおまけとして入っています。最後のトラックが終了してから1分足らずで開始します。このアルバムもワイル集です。ギター伴奏の素敵な11トラックからお聴きいただきました。全編楽しめます。
Commented by HAL4550 at 2005-10-19 11:15 x
Mitchieさん

ご案内ありがとうございます。探してみます。
by katyan4 | 2005-10-17 22:53 | 今日の一枚 | Comments(7)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30