ハードディスク・オーディオは可能か3.

 ハードディスク・オーディオは可能か等と書いていますが、実際の音楽の録音現場では、ハードディスク録音が普通となっているのですから、オーディオの再生にの場合でも、はハードディスクよりの再生で十分上質な音が得られるはずです。
 ハードディスクに読み込んだ音楽ファイルの再生と普通のCD再生を瞬時切り替え方式で聞き比べてみました。
 ハードディスクに読み込んだファイルは圧縮無しのWAVファイル、Windous Media Playerの可逆性ファイル、iTUnesのロスレスファイルの3種類です。
 そのファイルの再生は
PC~M-Audio Fire Wire410~BenchMarkDAC-1~音乃翔

 CDの再生は
DENON DVD-A1XVのアナログ出力~音乃翔

音乃翔には入力端子が6個付いていますので、その内の2個を使用して、入力切り替えSWで、一瞬で切り替えることが可能です。エキサイターは使用しませんでした。
音源は、ヨーヨー・マのオブリガート・ブラジルのライブ版、シェガ・チ・サウダージ(想いあふれて)を使用しました。
 その結果は

CD>=WAV>=iTunesロスファイル>Windous Media Playerの可逆性

一応、CDが一番良いと判定したのですが、CD、WAV、ロスレスファイルの間には音質上ハッキリした差を感じませんでした。
この順番は常識的に、こうなるのではないかとの先入観念が関係しているかもしれません。
まだ、1曲だけでの検証ですから、結論は出せませんが、CDを全部ハードディスクの中に記録して、PCで再生することが音質の悪化無しで出来るような気がします。家庭LANを使用すれば、家庭の色々な場所で良い音質で音楽が楽しめることになります。
Commented by TE27 at 2005-11-09 13:05 x
こんいちは TE27です。

ハードディスクオーディオもHTPCを含めて相当進んでいる世界があるようです。個人的にはあまり得意な分野ではないのですが、こちらは有名らしいです。

http://www.ojispecial.jp/index.html

こちらは販売店です。

http://www.localmailorder.com/index.html
Commented by katyan4 at 2005-11-09 19:47
私も、一度HTPCを作って、使用していた頃があります。画像は悪くなかったのですが、やはり立ち上げなどに時間がかかるなど、使い勝手が良くなく、止めてしまいました。
Commented by TE27 at 2005-11-10 10:38 x
上記サイトのDPATというCDP(パソコン)はCDのデータを一度HDDやメモリーに取り込んでから再生するようです。この読み取りにノウハウがあってエラーを徹底的にゼロに近づけてHDDやメモリーに記録してから再生するという仕組みです。リアルタイムで聴くわけにはいきませんが、一度取り込んでおけば後はインデックスで簡単に呼び出し出来るので便利かもしれません。
ただ、ちょっと高価ですね。
by katyan4 | 2005-11-08 23:29 | 装置・その他 | Comments(3)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30