「ほっ」と。キャンペーン

トーンコントロール等は必要か

 この所、CDをハードディスクへリッピンブしていますと、古い録音のCDを聴く機会が増えました。そのようなCDを周波数特性をフラットに調整した現在のシステムで聴くと、殆どの物がひどい音に聞こえます。落ち着いて音楽を楽しむことが出来ません。その様なわけで、昨日からトーンコントロール、サラウンド効果、音乃翔、Declicker等を色々使って、音質音場の調整を行い聴いてみました。それらの道具をうまく使うと、音のプアなソースでも音楽を楽しめることを再確認しました。
 古い録音や音の良くないソースで音楽を楽しむには、音をコントロールする手段が必要だと思います。
 最近の高級プリには、トーンコントロールが付いていませんので、良い音を聞くための一番の条件は良い音のソースを選ぶことになるのでしょうね。
Commented by flashdaiyouryou at 2006-02-09 23:41
>最近の高級プリには、トーンコントロールが付いていませんので、良い音を聞くための一番の条件は良い音のソースを選ぶことになるのでしょうね。
先日、JAZZマニアの知人に、「録音の悪い音楽は聞けたもんじゃない」と話すと、「これだからオーディオマニアはつまらない」と言われ、
思わずむきになって「調整しきったオーディオで聞くあの感動はお前には解らないだろ!」
と言った事を思い出しました。

by katyan4 | 2006-02-09 16:56 | 装置・その他 | Comments(1)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28