ワーグナー/パルシファル

CD4枚組1951年録音
b0052286_21132719.jpg
クナーパッシュブッシュ指揮バイロイト歌劇場管弦楽団・合唱団の1951年録音ですから、もちろんSP時代のモノラルです。歌手はジョージ・ロンドン等名前だけは聞いたことがある、昔の名歌手達が歌っています。何しろ4枚で1150円でしたので、安物好きの私がまたまた買ってしまったのです。
音は全然期待していませんでしたので、その点については失望はしませんでした。人の声は周波数帯域があまり広くなくても結構きれいに聞こえることがわかりました。オーケストラの音も帯域やダイナミックレンジは狭いのですが、ひずみが少なく、聴きやすい音でした。
演奏は非常にスローなテンポでスケールの大きな演奏のように聞こえましたが、歌詞が全然わかりませんのでとても全曲は聴く気がしません、オペラ(楽劇)はやはりDVDで日本語字幕がないと楽しめませんね。
Commented by カルロス・シモネッタ at 2006-03-19 10:37 x
こんにちは、春日部より初めてメールします。このパルシファルのCDは1951年というLP初期の録音で、英デッカがバイロイトに出張して録音したものです。録音技師はかのウィルキンソンなんです。当然、優秀録音ですね。同じ音源でNAXOS HISTRICALから出ているCDも持っていますが、この板起こしはスッキリした音に仕上がっていて私の感想としてはパルシファルらしくないかな。毎日更新ご苦労さまです。かかさず見させていただいてます。
Commented by katyan4 at 2006-03-19 23:07
カルロス・シモネッタ さん 今日は、此の前はお世話になりました。メールアドレスなどがわかりませんでしたので、お礼も言わずに失礼しました。
この録音はSPではなくLPの録音だったのですね。デッカの録音だけあって、古いながらもそれなりに楽しめる音でした。
Commented by Mitchie at 2006-03-20 10:03 x
カルロスさん、ご無沙汰しております。本欄初登場ですね。平面バッフルSP体験の折は、お世話になりました。我が家の平面バッフル化は、とりあえず頓挫しておりますが、長期計画で引き続き検討したいと思っております。また、いろいろご教示ください。
気候が良くなりましたら、一度こちらにも足を伸ばしてください。それから、レコーディングのほうも期待していますよ。
by katyan4 | 2006-03-18 21:24 | 今日の一枚 | Comments(3)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31