ベートーベン/交響曲第4,5番

DVD-Audio 5.1CH Danel Barenboim ,Berliner Staatskapelle
b0052286_18535110.jpg
ベートーベンの第5番を全部聞いたのは何年ぶりでしょうか。先日タンバリンさんが来られたときに、一部を聞いて、「ああいい音だ」と思いましたので、昨日全部通して聞きました。
 演奏は非常にオーソドックスな演奏。音もオーソドックスな音。
特に強調した音域は無く、高音も低音もセーブの効いた素直な音なのですが、自然に伸びきった音でスケールの大きな音に聞こえます。ダイナミックレンジも広く、さすがDVD-Audioと思われる音です。
 この音の良いDVD-Audioが、最近全然発売されなくなったのは残念です。
Commented by 金町の仙人 at 2006-12-09 13:06 x
   ちょっと質問です。DVD-Audioの録音レベルは低くありませんか?  私はDVD-Audioは聞いた事がないのですが、一般のDVDのサントラのレベルは相当に低いですよね。しかし、その分ダイナミックレンジが広いですね。DVD-Audioもひょっとしてその延長線上の音なのでは?
Commented by katyan4 at 2006-12-10 21:52
金町の仙人さま
DVD-Audioの音のレベルはまちまちです。24bitですから、ダイナミックレンジはCDよりはるかに大きなわけですが、0dbのレベルはCDと同じですから、ダイナミックレンジを大きくしようとするとレベルが低くなる道理です。というわけで良い録音のDVD-AudioやSACDは平均的なレベルは低いようです。しかし中には非常にレベルが高く(コンプレッサーを強く効かせた)物もあり、せっかくの広いダイナミックレンジを使っていないものも結構あります。
by katyan4 | 2006-12-08 19:02 | 今日の一枚 | Comments(2)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31