リボン型スーパーTW 3

 前回は大型リボン型AURUM G1(長さ150mm)を使ったのです。それを横に置いた物ですからやはり横方向の指向性が余りよくないのが特性を計測すると良く解りました。耳には聞こえないのですが、精神衛生上気に入りませんので、それより小型のG3Si(長さ100mm)を使ってみました。
b0052286_23115651.jpg


クロスの周波数、クロスカーブ、低域のEQなどを変更して、出来るだけフラットな特性になるようにしてみました。

左CH
b0052286_23131499.jpg

右CH
b0052286_23133193.jpg


結構フラットな特性になったように思います(特に左CHは)。この特性で音楽を聴くと少し高音は固めですが、スケールの大きな伸びやかな音に聞こえます。色々なソースを聴きながら、0.数dbの単位でレベルを調節してみようと思います。
by katyan4 | 2007-02-19 23:16 | 装置・スピーカー | Comments(0)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31