バッハ/ゴールドベルグ変奏曲/グレン・グールド

SACD5.1CHハイブリッド
b0052286_21134551.jpg
グレン・グールドの最新(2006年)SACD録音版です。グレン・グールドは、とっくに亡くなっているのになぜ?と思われるでしょうが、本当なのです。
ゴローさんに教えていただきました。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2520431
実はこれは~グレン・グールド 1955年のパフォーマンスによる再創造~で、1955年録音を元に、コンピュータ・ソフト「Zenph(ゼンフ)」を使って自動演奏ピアノ(ヤマハ製ディスクラヴィア/9フィート・フルコンサート・グランド)での録音なのです。
 実際に1955年録音のCD聞き比べてみましたが、テンポ演奏時間はほとんど変わりません。周波数特性とダイナミックレンジは非常jに良くなっています。実際にグレン・フールドが演奏しているように」感じます。これでグレン・グールドのうなり声が入っていれば益々本物になるのですが、さすがに入っていませんでした。
Commented by Mitchie at 2007-03-25 21:47 x
気になっていたCDです。
いつも聴いている(82年発表)のものと比べていかがでしたか?
Commented by katyan4 at 2007-03-25 22:04
Mitchieさん
 録音はもちろんこのSACDのほうが良いです。ただ、1955年の演奏はテンポが速く同じ演奏家のものとは思えないほどですから、好みが合うかどうかわかりません。
Commented by Mitchie at 2007-03-25 23:22 x
いま55年の演奏を久しぶりに聴いてみましたが、あっと驚く早さですね。(笑)しかし、あの痩せた音が、現代に蘇ると印象がどのように変わってくるのか、興味深いところです。またいつか聴かせてください。
by katyan4 | 2007-03-25 21:25 | 今日の一枚 | Comments(3)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31