マタイ受難曲/第4回松山・フライブルグ姉妹都市交流演奏会

b0052286_2273716.jpg

 今日はマタイ受難曲全曲を聴きました。3時間以上の大曲です。これを松山のアマチュア合唱団とアマチュア管弦楽団が演奏するのですから、果たしてちゃんとした演奏になるか一抹の不安が無かったと言えば嘘になります。しかし、演奏会が終わった後は名曲を素晴らしい演奏で聞けた満足感で一杯でした。もちろん合唱にはフライブルグ・バッハ合唱団が加わり、独唱陣と二人のコンサートマスター、通奏低音の演奏者にはプロを招聘しての演奏でしたが、管弦楽も合唱も素晴らしいハーモニーを作り上げていました。少年少女合唱団は私の子供達が通った愛媛大学付属小学校の合唱団で、可愛い歌声を聞かせてくれました。
 この受難曲はあまりにも長いため、今まで全曲を通して聴いたことはなく、全曲のCDも一組しか持っていません。今日実際の演奏を聞いて、始めて解ったことがあります。それは合唱とオーケストラの独立したアンサンブルが二組あることでした。それぞれが別々に演奏することもあり、掛け合い的に演奏することもあり、同時に演奏することもあります。
 合唱団の方たちも管弦楽の人たちも、この演奏会のために相当激しい練習をされたようで、その結果は素晴らしい結果となったようです。フライブルグからはるばるこられた、フライブルグ・バッハ・合唱団の人たちや指揮者のハンス・ミヒャエル・ボイアーレさんも十分に満足されたことと思います。
Commented at 2007-06-03 23:32 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by katyan4 at 2007-06-04 06:51
Mitchie さん
 単なる、間違いです。少しボケが進行しているようですね。
3時間も座ると、お尻が痛くなるのには困りました。あの椅子は一時間半が限度です。
Commented by conrans at 2007-06-05 23:19 x
恥ずかしながら、わが娘も合唱団の片隅で歌っていました。
彼女なりに尽力したようで、帰ってバタンキュー。
私は都合で行けなかったんだけど、うまくいったようですね。
Commented by katyan4 at 2007-06-06 12:41
conrans さん
ということは、付属小学校に行かれているのですね。
坂本先生の練習は厳しいのでしょうね。
Commented by conrans at 2007-06-06 13:30 x
コンサートの翌朝も7時から朝練です。
モチベーションが高く、とても熱心ですね。
by katyan4 | 2007-06-03 22:19 | 音楽会 | Comments(5)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30