アルテック291-16Kを使用した総合特性

 色々忙しくて、アルテック291-16Kを使用した調整をする時間がなかったのですが、ようやく調節してみました。アルテックを1kHzから4kHzで使用しました。

左CH
b0052286_21223832.jpg


右CH
b0052286_21225426.jpg


両CH
b0052286_21231082.jpg


アルテック291-16Kの受け持ち帯域は結構でこぼこが大きな特性になっていますが、音は以前よりおとなしい感じになっており、いやな音は余りしないように感じます。
いやな音に聞こえるのは私の耳のせいかもしれませんので、過去の経験ではしばらくすると自然に良くなることもあり、今回もそうかもしれませんので、当てにはなりませんが。
by katyan4 | 2007-07-14 21:25 | 装置・スピーカー | Comments(0)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31