センタースピーカーの変更

 今まで、センタースピーカーは、AR4cを使っていました。13cmアルミ合金コーン型2本に2.5cmチタン・ダイアモンドコーティングというものです。
オークションにやはりAR CS2、5HOという少し新しい型でほぼ同じ形をしているものが出ていましたので、落札してみました。

正面(サランネット付き) 上がCS2、5HO 下がAR4c
b0052286_17291196.jpg

完全に同じに見えます。

正面(サランネット無し) 上がCS2、5HO 下がAR4c
b0052286_17302271.jpg

ウーファーのコーンの形が違いますし、TWはソフトドームに変わっています。

背面 上がCS2、5HO 下がAR4c
b0052286_17421926.jpg

b0052286_17423284.jpg


CS2、5HOはバズレフダクトが付いています。スピーカー端子の+-が反対になっています。

AR4cの正面約70cmのピンクノイズ周波数特性
b0052286_17341435.jpg


CS2、5HOの正面70cmのピンクノイズ周波数特性
b0052286_17345230.jpg

CS2,5の方が高域が少しレベルが低く聞きやすい特性になっています。低域の延びは余り変わらず、バスレフの効果は無いように見えます。

AR4cの歪み特性
b0052286_173817100.jpg


CS2,5の歪み特性
b0052286_17385426.jpg

低域の歪みが激減し、バスレフにした理由はここにあるようです。

音はおとなしい音になり、左右のTWの音とも感じが似てきて良い効果が出そうです。
Commented by 教授 at 2007-08-31 22:08 x
このシリーズはダイヤモンドコーテイングツイーターが売りだったのですが、高域が少しきつめに出る物でしたね。katyanさんの今の音ならばソフトドームの方が相性が良いのでしょうね。
Commented by RYO at 2007-09-01 00:08 x
九州の上の方から、愛媛まで嫁に来たようですね。(笑)
by katyan4 | 2007-08-31 17:43 | 装置・スピーカー | Comments(2)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31