6way 化 その2

YL-25000の置き方を変えてみました。
以前に作っていた、木製の枠にホーンを固定しました。
b0052286_21194557.jpg

YL特有と思われていた音の艶がいくらか減少しました。金属のホーンの響きが加わっていたのかもしれませんね。しかし、左右の特性差が新しいドライバーに比べて少し多いせいか、ボーカルなどの中央への定位が悪いようで、落ち着きません。

そこで、一インチスロートドライバーRADIAN475とCLASSC PROの小型ホーンH3401を使ってみることにしました。
このホーンは小型の割に結構低い周波数まで伸びていて、周波数特性もアルテックやYLと比べると非常に平坦です。
b0052286_2134183.jpg

どのように配置しようかと考え、アルテックの中音ホーンの端に2個の穴を開ければ簡単に固定出来そうです。考えつくと行動は早いほうなので、早速電気ドリルをつかって、左右で合計4個の穴をあけました。FRP製なので、簡単に穴があき、この様な感じになりました。
b0052286_21381520.jpg

b0052286_21382696.jpg



音は?・・・・・なかなかよろしいようです。
by katyan4 | 2008-09-02 21:40 | 装置・スピーカー | Comments(0)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30