小山彰太トリオ・ライブ・イン・グレッチ

昨夜は、大音量のライブを聴いてきました。
小山とトリオを組む、スガダイロー(P)と川村竜(b)がとても良く、とても楽しめました。

スガダイロー

b0052286_20585757.jpg

なかなか素晴らしいテクニックで、グレッチの余り良くないアプライトピアノが良い音を出していました。椅子から転げ落ちるのではないかと思われるパフォーマンスも見ていて楽しいものでした。






小山彰太
b0052286_2123119.jpg
小山彰太のドラムは相変わらずダイナミックな演奏。今回は4m程離れて聴いたのですが、耳の中の耳くそが暴れまくり、鼓膜の振動が痛みを感じるほどで、満足満足



川村竜のベースも約2mの距離で聴いたのですが、力強い演奏で、ベースの弦の振動を体に感じる事が出来ました。




オーディオで、これほどの大音量を出しますと、30分程でくたくたに疲れる事が多いのですが、生の音は疲れないのが不思議ですね。
Commented by OT at 2008-11-09 00:25 x
せめて土曜の夜なら何とか行けたのですが残念です。
Commented by Mitchie at 2008-11-09 10:14 x
 このトリオ大当たりでしたね。1000万円くらいの宝くじを当てた(当てたことはありませんが:笑)感じでした。
 スガダイローの評判どおりの圧倒的なパフォーマンス。オリジナリティ、音楽性、音色、そしてテクニックどれをとってもすでに一流です。川村竜の控えめながら充分に存在感を感じさせるベース、そして、この若者二人との出会いで30年前(山下洋輔トリオ時代を)思い起こしたような、小山彰太の若さ溢れるドラムス、すばらしいユニットの誕生です。
 これからの活躍を大いに期待したいですね。 スガダイローがテクニックのみに走ることのないよう、川村竜が一層強靭なプレイを身につけること、彰太さんがいつまでも若さ溢れる演奏をしてくれることを祈って‥。

OTさん
 このトリオなら、また近い将来松山でライブをやることもあると思います。次回は、ぜひ聴いてみてください。
by katyan4 | 2008-11-08 21:08 | 音楽会 | Comments(2)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30