OPPOのUDP203を購入して使ってみたのですが、映像はなかなか良いのですが、HDMIの音声がそれまで使っていたUDP103と同じように高域が硬い感じで気に入りませんでした。
 新しく発売される上位機種のUDP205は、「HDMIオーディオ・ジッター・リダクション・サーキット」が組み込まれており、HDMIの音質向上が期待されましたので、UDP203を下取りに出して購入することにしました。購入したのは最近開店したAVACの松山店です。

b0052286_16413084.jpg

b0052286_16413849.jpg
UDP-205の主な特徴は下記の通りで、ユニバーサルプレーヤーとしての機能だけではなく、優秀なDACとしても使えそうです。

・ドルビーラボラトリーズの新世代HDR技術「Dolby Vision」に対応することで、最新の映像体験を可能としたユニバーサル・UHD Blu-rayディスクプレーヤー
•ESS Technologyの最新鋭旗艦DACチップ「ES9038PRO」を2基搭載し、ユニバーサルプレーヤーの常識を大きく覆すリファレンスレベルの音質を実現
•HDMIオーディオ出力のジッターの問題に正面から取り組んだ独自技術「HDMIオーディオ・ジッター・リダクション・サーキット」
•32bit/768kHz PCM、22.6MHz DSDに対応するUSB入力端子を搭載
•マルチチャンネル/24bit/192kHz PCMのほか、マルチチャンネル/1bit/5.6MHz DSD(DSD128)の再生にも対応
•設計を根本的に見直した「ダブルレイヤー・レインフォースド・シャーシ・ストラクチャー」による筐体の高剛性化、低重心化、耐振動対策
•100V対応トロイダルコア・トランス採用のオーディオ専用電源回路 [日本向け正規輸入品限定]

購入して3日目ですが、HDMIの音声は、期待どおりの優秀な音に感じました。

# by katyan4 | 2017-07-18 22:29 | 装置・ビジュアル | Comments(0)

何年か前に、ピアノ曲をまとめて買ったLPの中の一枚です。
EMI盤
b0052286_15573825.jpg
b0052286_15574123.jpg
ウィキペディアで調べてみますと、IGOR ZHUKOV という演奏家は下記のような人物でした。

イーゴリ・ジューコフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先:案内検索

イーゴリ・ミハイロヴィチ・ジューコフ(Igor Mikhailovich Zhukov、ロシア語: Игорь Михаилович Жуков)、1936年8月31日 - )はロシアピアニスト指揮者レコーディング・エンジニア

ニジニ・ノヴゴロドに生まれるが、翌年、家族に連れられモスクワに移る。4年後に、第二次世界大戦中の戦乱を避けてキーロフ(ヴャートカ)に疎開せざるを得なくなる。戦後にモスクワに戻り、1955年よりモスクワ音楽院に学ぶ。当初はエミール・ギレリスに、その後ゲンリフ・ネイガウスに師事した。パリロン=ティボー国際コンクールで第2位に入賞した後、1960年に音楽院を卒業する。

ジューコフは、数多くの録音を発表しており、中でも2度にわたるスクリャービンのピアノ・ソナタ全集は名高い。録音技術そのものにも情熱を持って関心を寄せており、「私は録音技師のなかで最高のピアニストなのであり、ピアニストのなかで最高の録音技師なのだ」と発言したことがある。

ピアニストとしての活動以外では、モスクワ室内管弦楽団を率いて、1994年に引退するまで指揮者として活動した。また室内楽奏者としては、ヴァイオリニストのグリゴリー・フェイギンやチェリストのヴァレンティン・フェイギンとともに、1963年にジューコフ・ピアノ三重奏団を結成し、1980年まで、古今の幅広いレパートリーによって演奏・録音に取り組んだ。


「録音技師のなかで最高のピアニストなのであり、ピアニストのなかで最高の録音技師」と自称するだけあって、なかなか良い音で録音されています。盤質も良く雑音も少ないので、DSFファイル(5.6M)でリッピングしておきました。


# by katyan4 | 2017-06-25 16:09 | 今日の一冊 | Comments(0)

この前、N響の古いライブ録音のCDを購入したのですが、聞いているうちに、昔学生時代にFM放送をオープンテープに録音していたことを思い出しました。
全部で150本以上残っています。
 死ぬまでに、もう一度聞いてみようと考えました。
b0052286_22520752.jpg
b0052286_22515715.jpg
19cmのスピードで録音したものが多いのですが、中には9.5cmのスピードで録音したものも結構あります。何しろ当時は貧乏でテープの価格が今のDVD-Rなどと比べるとべらぼうに高かったものですから。

ということで、9.5cmのスピードで再生可能なテープデッキを探しました。

b0052286_22504406.jpg

 オープン・テープデッキ AKAI GX-77を、ヤフオクでポチりました。1981年発売の7インチリール、3モーター、6ヘッド往復録音再生、テープスピード19cmと9.5cmのものです。
 AKAIのサービス部門に勤務されて、退職後AKAIのテープデッキを整備修理して、オークッションに出品されている方から落札しましたので、完璧に整備されているようで、新品のように綺麗で動作も問題ないようです。オークションに出されているテープデッキは動作に問題のあるが多いので少し高くても、この様な整備済みで修理保証のものでないと安心して落札できませんね。
b0052286_22512368.jpg
この様にカバーも付属しています。
b0052286_22513579.jpg
テープの走行はこの様になっており、左右対称に6個のヘッドが配置されています。

今、9.5cm/secで録音した、ペーター・ローゼル(P)クルト・アズア指揮ライプチッヒ・ゲバントハウス管弦楽団の演奏でベートーベンのピアノ協奏曲第5番を聞いています。なかなか良い音に聞こえます。若い頃のようにテープヒスは聞こえませんので(笑)。

# by katyan4 | 2017-06-21 23:14 | 装置・その他 | Comments(0)

N響ライブCD

1954年~2001年にN響に客演した有名な指揮者と独奏者のライブ録音を演奏化したものです。全部で14セット25枚になります。
b0052286_21003928.jpg


UltimateHiQualityCDで盤面は金色のCDです。
b0052286_21032250.jpg
昔、若かりし頃、FM放送でN響シンフォニーホールをよく聞いていた頃の演奏でしたので、買い込みました。
まだ2~3枚しか聞いて言いませんが、古い録音なのですが、嫌な音がせず、十分に音楽を楽しめるようです。


CD1
・ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第5番変ホ長調 Op.73『皇帝』
・ドメニコ・スカルラッティ:ソナタ ホ長調 K.380 (L.23)
 ヴァルター・ギーゼキング(ピアノ)
 NHK交響楽団
 クルト・ヴェス(指揮)
 録音時期:1953年3月21日
 録音場所:東京、日比谷公会堂
 録音方式:モノラル(ライヴ)
CD2
・チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番変ロ短調 Op.23
・ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番ト長調 Op.58
 エミール・ギレリス(ピアノ)
 NHK交響楽団
 ヴィルヘルム・ロイブナー(指揮)
 録音時期:1957年10月12日
 録音場所:東京、神田共立講堂
 録音方式:モノラル(ライヴ)
CD1
・ラヴェル:ピアノ協奏曲ト長調
・リスト:ピアノ協奏曲第1番変ホ長調S.124
 アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ(ピアノ)
 NHK交響楽団
 アレクサンダー・ルンプフ(指揮)
 録音時期:1965年4月3日、5月31日
 録音場所:東京文化会館
 録音方式:ステレオ(ライヴ)
 マスタリング:ALTUS
CD2
・ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番ハ長調 Op.15
・ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第4番ト長調 Op.58
 フリードリヒ・グルダ(ピアノ)
 NHK交響楽団
 ヴォルフガング・サヴァリッシュ(指揮:第1番)
 ロヴロ・フォン・マタチッチ(指揮:第4番)
 録音時期:1967年2月22日(第1番)、1969年5月2日(第4番)
 録音場所:東京文化会館
 録音方式:ステレオ(ライヴ)
 マスタリング:ALTUS
CD1
・ブルックナー:交響曲第2番ハ短調(ノヴァーク版)
CD2
・ブルックナー:交響曲第4番変ホ長調『ロマンティック』(ノヴァーク版)
 NHK交響楽団
 オトマール・スイトナー(指揮)
 録音時期:1971年12月6日(CD1)、1980年11月27日(CD2)
 録音場所:東京文化会館(CD1)、NHKホール(CD2)
 録音方式:ステレオ(ライヴ)
 マスタリング:ALTUS
CD1
ベートーヴェン:
・ピアノ協奏曲第1番ハ長調 Op.15
・ピアノ協奏曲第2番変ロ長調 Op.19
CD2
・ピアノ協奏曲第3番ハ短調 Op.37
・ピアノ協奏曲第4番ト長調 Op.58
CD3
・ピアノ協奏曲第5番変ホ長調 Op.73『皇帝』
 ヴィルヘルム・ケンプ(ピアノ)
 NHK交響楽団
 森正(指揮)
 録音時期:1970年4月7日(第1番、第2番、第3番)、9日(第4番、第5番)
 録音場所:東京文化会館
 録音方式:ステレオ(ライヴ)
 マスタリング:ALTUS
CD1
・モーツァルト:ピアノ協奏曲第22番変ホ長調 K.482
・モーツァルト:ピアノ協奏曲第27番変ロ長調 K.595
 スヴィヤトスラフ・リヒテル(ピアノ)
 NHK交響楽団
 ルドルフ・バルシャイ(指揮)
 録音時期:1970年9月15日
 録音場所:東京文化会館
 録音方式:ステレオ(ライヴ)
CD2
・チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番変ロ短調 Op.23
・スクリャービン:練習曲変ロ短調 Op.8-11
・スクリャービン:練習曲嬰ニ短調 Op.8-12
・ラフマニノフ:前奏曲嬰ハ短調 Op.3-2
・ベートーヴェン/ルビンシテイン編:トルコ行進曲
 ラーザリ・ベルマン(ピアノ)
 NHK交響楽団
 岩城宏之(指揮)
 録音時期:1977年10月6日
 録音場所:東京、NHKホール
 録音方式:ステレオ(ライヴ)
 マスタリング:ALTUS
CD1
・マーラー:交響曲第4番ト長調
CD2
・マーラー:交響曲第5番嬰ハ短調
 中嶋彰子(ソプラノ:CD1)
 NHK交響楽団
 ヘルベルト・ブロムシュテット(指揮)
 録音時期:2001年4月28日(CD1)、1985年12月5日(CD2)
 録音場所:東京、NHKホール
 録音方式:ステレオ(ライヴ)
 マスタリング:ALTUS
CD1
ベートーヴェン:
・交響曲第5番ハ短調 Op.67『運命』(録音時期:1983年7月8日)
・交響曲第7番イ長調 Op.92(録音時期:1981年3月14日)
CD2
・『レオノーレ』序曲第2番 Op.72a(録音時期:1981年3月18日)
・交響曲第6番ヘ長調 Op.68『田園』(録音時期:1986年5月7日)
 NHK交響楽団
 フェルディナント・ライトナー(指揮)
 録音場所:東京、NHKホール
 録音方式:ステレオ(ライヴ)
 マスタリング:ALTUS
CD1
1. ヘンデル:『王宮の花火の音楽』序曲
2. モーツァルト:セレナード第9番ニ長調 K.320『ポストホルン』
3. ベートーヴェン:『レオノーレ』序曲第3番 Op.72b
CD2
4. ヘンデル:オルガン協奏曲第1番
5. モーツァルト:セレナード第7番ニ長調 K.250『ハフナー』
 リオネル・ロッグ(オルガン)
 NHK交響楽団
 ギュンター・ヴァント(指揮)
 録音時期:1979年11月9日(2,3,4)、1982年4月7日(1)、1983年12月2日(5)
 録音場所:東京、NHKホール
 録音方式:ステレオ(ライヴ)
 マスタリング:ALTUS
CD1
モーツァルト:
1. ピアノ協奏曲第20番ニ短調 K.466
2. ピアノ協奏曲第24番ハ短調 K.491
CD2
3. ピアノ協奏曲第23番イ長調 K.488
4. ピアノ協奏曲第27番変ロ長調 K.595
 ワルター・クリーン(ピアノ)
 NHK交響楽団
 若杉弘(指揮:4)
 ホルスト・シュタイン(指揮:1,2,3)
 録音時期:1980年2月9日(1)、1983年3月2日(2)、1977年12月9日(3)、1989年12月1日(4)
 録音場所:東京文化会館(1)、NHKホール(2,3,4)
 録音方式:ステレオ(ライヴ)
CD1
1. ドヴォルザーク:交響曲第9番ホ短調 Op.95『新世界より』
2. リムスキー=コルサコフ:スペイン奇想曲 Op.34
3. エネスコ:ルーマニア狂詩曲第1番イ長調 Op.11-1
CD2
4. チャイコフスキー:交響曲第4番ヘ短調 Op.36
5. アルヴェーン:スウェーデン狂詩曲第1番 Op.19『夏至の徹夜祭』
6. ドヴォルザーク:スラヴ舞曲第1番ハ長調 Op.46
 NHK交響楽団
 コンスタンティン・シルヴェストリ(指揮)
 録音時期:1964年4月5日(1,2)、3月21日(3)、5月2日(4,5,6)
 録音場所:東京文化会館
 録音方式:モノラル(ライヴ)
CD1
1. ハイドン:チェロ協奏曲第1番ハ長調 Hob.VIIb-1
2. ドヴォルザーク:チェロ協奏曲ロ短調 Op.104
3. バッハ:無伴奏チェロ組曲第5番ハ短調 BWV.1011~サラバンド
 ミッシャ・マイスキー(チェロ)
 NHK交響楽団(1,2)
 フェルディナント・ライトナー(指揮:1)
 オトマール・スイトナー(指揮:2)
 録音時期:1986年5月14日(1)、1988年3月16日(2,3)
 録音場所:東京、NHKホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)
CD1
1. カバレフスキー:歌劇『コラ・ブルニヨン』序曲
2. チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番変ロ短調 Op.23
3. リスト:ピアノ協奏曲第1番変ホ長調
 ジョルジュ・シフラ(ピアノ:2,3)
 NHK交響楽団
 岩城宏之(指揮)
 録音時期:1964年5月9日
 録音場所:東京、日比谷公会堂
 録音方式:ステレオ(ライヴ)
CD1
・メンデルスゾーン:交響曲第4番イ長調 Op.90『イタリア』
・ドヴォルザーク:交響曲第8番ト長調 Op.88
・ブラームス:大学祝典序曲 Op.80
・ブラームス:交響曲第4番ホ短調 Op.98
 NHK交響楽団
 アンドレ・プレヴィン(指揮)
 録音時期:1995年10月25日、12月9日
 録音場所:東京、NHKホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)
CD1
・ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番ニ短調 Op.30
・ショパン:ノクターン第5番嬰ヘ長調 Op.15-2
 ホルヘ・ボレット(ピアノ)
 NHK交響楽団
 デイヴィッド・アサートン(指揮)
 録音時期:1988年11月9日
 録音場所:東京、NHKホール
 録音方式:ステレオ(デジタル/ライヴ)





# by katyan4 | 2017-05-29 21:27 | 今日の一枚 | Comments(1)

 昨日の夜は、松山市の歩行町にある、ジャッズ・イン・グレッチに、綾瀬雅代さんのサキソフォーン独奏のライブを聴きにゆきました。定員20名しか入らないはずのライブハウスに24名入った満員のライブで、一番前の人は綾瀬さんとの距離が約1m少ししかありませんでした(笑)。私は耳をいたわって、出来るだけ離れた席を取りましたが、それでも4mくらいだったでしょうか。
 演奏は、予想通り激しい演奏で、サキソフォーンはこんな音が出るのだと感心するほどで、圧倒的でした。

井谷さん提供の写真です。(演奏していないときは、とても可愛いのですが・・・)
b0052286_12222669.jpg

b0052286_12224955.jpg
 
# by katyan4 | 2017-05-22 12:23 | 音楽会 | Comments(0)

4K ULTRA HD Blu-Ray Disk ドルビーアトモス
b0052286_9462571.png

b0052286_946404.png


 早速4K ULTRA HD Blu-Ray Diskを購入して、鑑賞しました。トム・ハンクスが主演の旅客機がハドソン川に不時着して、全員無事に救助された実話をもとにした映画です。
 
 残念ながら、老眼の私の目では、通常の視聴位置では4Kとハイビジョンの違いがよく分かりません。前のソファーに移って、目を凝らすと少し4Kの繊細さが分かるかな? 

 音声はドルビーアトモスの効果は、冒頭の鳥が飛行機にぶつかる場面とハドソン川に着水する時は部屋中に音が充満するようで、迫力満点ですが、時間にすれば僅かですので、少し物足りない感じでした。

 裏ジャケットを見てみると、イーストウッドも出演しているようですね。気がつきませんでした(笑)


b0052286_9581843.jpg

b0052286_9583497.jpg

b0052286_9584587.jpg

b0052286_9585882.jpg

b0052286_9591617.jpg

b0052286_9592927.jpg

# by katyan4 | 2017-04-29 09:59 | 今日の一枚 | Comments(0)

 今まで使っていた oppo BDP-103D が、Blu-Ray Diskの認識が出来なくなり、クリーニングディスクでクリーニングすると一度は認識するのですが、すぐ元通り認識しなくなります。何回繰り返しても同じ症状です。

 ULTRA HDのディスクも少しは多くなったようなので、ULTRA HD DISKが再生できるプレーヤーを検討しました。

 始めはパナソニック DMP-UB900を考えたのですが、この機種はSACDとDVD-AUDIOの再生ができないのです。
 
 oppo UDP-203は12cmの光ディスクは全て再生可能なユニバーサル・プレーヤーで、評判も悪くなく、その上約1万円安いので、これに決定しました。

早速注文して届きました。
b0052286_2143515.jpg


 早速接続して電源SWを入れますと、新しいファームウェアにヴァージョンアップしなさいとの表示が出ます。ネット接続でファームウェアを更新して、自動的に一度電源が切れ、自動的に電源が入るのですが、いつまで待ってもスクリーンに何も映りません。Blu-Ray Diskを再生しようとしましたが、映りません。 説明書を読んでみますとどうもアンプのビデオ設定をダイレクトにしなければいけないようですので、ダイレクトモードに変更してどうにかBlu-Ray Diskが再生出来ました。これでホッとして、SACDを再生しようとしますとスクリーンが真っ黒になり、音も出ませんん、またまた説明書を隅々まで読んでみますと、リモコンの一番左下にResolutionボタンがあり、画像出力の解像度を変更出来るようになっていますので。このボタンで出力解像度をDirectに変更しましたところ、どうにか再生可能となりました。それまでに約2時間くらい掛かりました。各機種の相性の問題もあるのでしょうが、一時は不良品で送り返さないといけないかと思ったほど苦労しました。

 苦労した甲斐があったのか、再生される画像も音も今まで使っていた103より良いように思います。

# by katyan4 | 2017-04-26 22:08 | 装置・ビジュアル | Comments(0)

Blu-Ray DIsk PCM Stereo,DTS Master Audio suround Sound

2010年にイギリスのオックスフォードで行われたコンサートです。



b0052286_20344096.jpg

b0052286_20345216.jpg


演奏は
指揮/DANIEL BARENBOIM
チェロ独奏/Alisa Weilerstein

曲目は
Richart Wagner/Die Meistersinger von Nurnberg
Edward Elgar/Cello Concerto in E minor,Op.85
Johannes Brahms/Symphony No.1 in C minor,Op.68

2010年になりますと映像はハイビジョンで音も高域低域ともに良く伸びた重厚な音で再生されます。チェロの音も豊かで柔らかい音で楽しめました。


b0052286_212586.jpg

b0052286_2121623.jpg

# by katyan4 | 2017-04-24 21:03 | 今日の一枚 | Comments(0)

Blu-Ray disk 音声 PCM Stereo,DTS-Master Audio Surround Sound
毎年、ヨーロッパの各都市で行われているベルリン・フィルのヨーロッパ・コンサートで、2001年にイスタンブールで行われたコンサートの模様をBlu-Rayに収めてあります。

b0052286_22334743.jpg

b0052286_2234282.jpg


指揮はMARISS JANSONS
曲目は
ハイドン/Synphony No.94 in G major"Surprise"
モーツアルト/Concerto for Flute and Orchestra No.2 in D major,k.314
ベルリオーズ/Symphonie fantastique,Op.14

演奏会場は古い石づくりの協会のようです。

b0052286_2242857.jpg


モーツアルトのフルート協奏曲は名手EMMANUEL PAHUD の演奏で、輝きのあるフルートの音色に酔いしれました。
b0052286_22473759.jpg

# by katyan4 | 2017-04-22 22:50 | 今日の一枚 | Comments(0)

ユニバーサルプレーヤーとしてOPPO BDP-103Dを購入して3年以上になりますが、Blu-Ray Diskを認識しなくなりました。
修理に出さないといけないかと思ったのですが、もしかしてレンズが汚れて認識しなくなったかもしれないと考え、ELECOMのBLU-Ray専用レンズクリーナーを使ってみました。
b0052286_1814311.jpg


ケースを開けると、クリーニングディスクと洗浄液が入っています。
b0052286_1835596.jpg


ここに洗浄液を1滴づづ垂らします。
b0052286_1844478.jpg


信号面には4個の小さなハケが付いています。
b0052286_2059768.jpg


拡大しますと
b0052286_20593250.jpg


このディスクをOPPO BDP-103Dに挿入してみますと、1回目はディスクを認識しませんでしたが、もう一度挿入し直しますと見事にディスクを認識してレンズのクリーニングが始まりました。

表示画面 https://youtu.be/ugbdjavNxF0

Blu-Ray ディスクを挿入してみますと、無事に認識し綺麗に再生出来るようになりました。

目出度し、目出度し!!
# by katyan4 | 2017-04-22 21:07 | 装置・その他 | Comments(0)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31