カテゴリ:今日の一冊( 63 )

今日の17枚
b0052286_21303427.png


 モーツァルトのセレナーデほか、R.シュトラウスの作品など、1953~1972年に録音された名演ばかりを17枚のCDに収録したBOX版です。
 私の11歳から30歳の頃の録音ですから、当時のLPでも持っていないものばかりでしたので、購入しました。

 古い録音で、5枚ほどはモノラル録音ですが、なかなか音のバランスが良く、楽しめます。ベートーベンの第5番(MONO)を聞きながら、思わず指揮をしている気分になって両手を振り回していました(笑)。

曲目は
Disc1
● ベートーヴェン:交響曲第3番変ホ長調 Op.55『英雄』

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1961年(ステレオ)

● ベートーヴェン:序曲『コリオラン』 Op.62

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1958年(ステレオ)

Disc2
● ベートーヴェン:交響曲第5番ハ短調 Op.67『運命』

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1953年(モノラル)

● ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調 Op.92

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1958年(ステレオ)

Disc3
● ベートーヴェン:ミサ・ソレムニス Op.123

マリア・シュターダー(ソプラノ)
マリアンナ・ラデフ(メゾ・ソプラノ)
アントン・デルモータ(テノール)
ヨゼフ・グラインドル(バス)
ベルリン 聖ヘトヴィヒ大聖堂聖歌隊
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1955年(モノラル)

Disc4
● ブラームス:交響曲第1番ハ短調 Op.68

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1959年(ステレオ)

Disc5
● ブラームス:交響曲第2番ニ長調 Op.73
● レーガー:モーツァルトの主題による変奏曲とフーガ Op.132

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1956年(モノラル)

Disc6-7
● ハイドン:オラトリオ『四季』

グンドゥラ・ヤノヴィッツ(ソプラノ)
ペーター・シュライアー(テノール)
マルッティ・タルヴェラ(バス)
ウィーン楽友協会合唱団
ウィーン交響楽団
録音:1967年(ステレオ)

Disc8
● マーラー:亡き子をしのぶ歌
● マーラー:リュッケルトの詩による歌曲集(4曲)

ディートリヒ・フィッシャー=ディースカウ(バリトン)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1963年(ステレオ)

Disc9
● モーツァルト:ハフナー・セレナード K.250

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1970,1972年(ステレオ)

Disc10
● モーツァルト:ポストホルン・セレナード K.320
● モーツァルト:セレナータ・ノットゥルナ K.239

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1970年(ステレオ)

● シューベルト:『ロザムンデ』 D.797より序曲とバレエ音楽

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1971年(ステレオ)

Disc11
● モーツァルト:グラン・パルティータ K.361

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1970年(ステレオ)

Disc12
● モーツァルト:アイネ・クライネ・ナハトムジーク K.525
● モーツァルト:セレナータ・ノットゥルナ K.239

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1956年(モノラル)

● R.シュトラウス:交響詩『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快な悪戯』 Op.28

シュターツカペレ・ドレスデン
録音:1957年(モノラル)

● R.シュトラウス:交響詩『ドン・ファン』 Op.20

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1963年(ステレオ)

Disc13
● R.シュトラウス:アルプス交響曲 Op.64
● R.シュトラウス:交響詩『ドン・ファン』 Op.20

シュターツカペレ・ドレスデン
録音:1957年(モノラル)

● R.シュトラウス:『ばらの騎士』第3幕より「ワルツ」

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1963年(ステレオ)

Disc14
● R.シュトラウス:交響詩『ツァラトゥストラはかく語りき』 Op.30

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1958年(ステレオ)

● R.シュトラウス:祝典前奏曲 Op.61
● R.シュトラウス:交響詩『ティル・オイレンシュピーゲルの愉快な悪戯』 Op.28
● R.シュトラウス:『サロメ』より「7つのヴェールの踊り」

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1963年(ステレオ)

Disc15
● R.シュトラウス:交響詩『英雄の生涯』 Op.40

シュターツカペレ・ドレスデン
録音:1957年(モノラル)

● R.シュトラウス:交響詩『死と浄化(変容)』 Op.24

シュターツカペレ・ドレスデン
録音:1972年(ステレオ/ライヴ)

Disc16-17
● カール・ベーム、我が人生を語る(1960年7月、ザルツブルクにて収録)

● シューベルト:交響曲第9番ハ長調 D.944『グレート』よりリハーサル風景
● シューベルト:交響曲第9番ハ長調 D.944『グレート』全曲演奏

ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
録音:1963年(ステレオ)

カール・ベーム(指揮)
by katyan4 | 2017-04-17 21:37 | 今日の一冊 | Comments(0)

ジャケットの絵がクリムトのLPです。
b0052286_21283384.jpg


レコード棚を探していたら、ジャケットがクリムト(多分)の絵が入っているLPをもう一枚見つけました。

モーリツ・モシュコフスキ(Moritz Moszkowski, 1854年8月23日 ヴロツワフ - 1925年3月4日 パリ)はポーランド出身のユダヤ系ピアニスト、作曲家、指揮者。

Concerto in E Major for Piano and Orchestra,Op.59

For Piano Solo:
Caprice Espagnol,Op.37
Etude in F Major,Op.72
Etinselles,Op.36,No.6
The Venusberg Bacchanale(Paraphrase for Piano)
Danse Bohaeme after Bizet's "Carmen"

Michael Ponti,Piano
Philharmonia Hungarica
Hans Richard Stracke,Conducor
b0052286_2131941.jpg


ピアノの技巧を十分に発揮した楽しい曲です。録音もバランスのとれた美しい音で再生できました。
by katyan4 | 2017-03-26 21:34 | 今日の一冊 | Comments(0)

今日の101枚
b0052286_1258113.jpg


 過去に何回化に分けてワーナークラッシクスから発売されていたシリーズを全部まとめたもののようです。1980年台までの録音をオリジナルのマスターテープから新しくマスタリングしたものだそうです。
 オーケストラは、フィルハーモニア管弦楽団、ベルリン・フィル、ウィーンフィル、パリ管弦楽団、ルチェルン音楽祭管弦楽団で、一部モノラル録音が混じっています。
 カラヤンと一流のオーケストラの演奏ですから、演奏は素晴らしく、音もバランスのとれた歪の少ない美しい音が再生されました。これで13000円は安い買い物でした。
by katyan4 | 2016-09-04 13:07 | 今日の一冊 | Comments(0)

火星の人

映画「オデッセイ」の原作です。
b0052286_16324460.jpg


1年ほど前に読んだ本ですが、映画を見てから、もう一度読み直してみました。

やはり面白い・・・傑作SF小説だと思います。

事故で火星に一人ぼっちで残された主人公が、どのようにして生き延びて地球に帰ってくることが出来るかといったお話です。

実際にNASAで計画している火星への計画がこの小説と同じかどうかはわかりませんが、非常に説得力のある内容のように思われます。

この小説での火星探索計画の内容は次のようになっています。
 先ず、無人のサプライ機で数回に分けて火星にサプライを送り込む。食料、水、酸素、燃料、ハブ(与圧ができる一種のテント型の基地)、ローバー(与圧ができる電動トレーラー)、太陽電池パネル、EAVスーツ(宇宙服)、MAV(火星上昇機)などがそのサプライ品の内容です。
 人間はサプライ品が火星に無事に到着したことを確かめたあと、宇宙船「ヘルメス」で火星に出発するのです。ヘルメスはイオン・エンジン(通常の科学燃料でなく、少量のアルゴンがあればコンスタントに加速し続けることが出来る)、火星の軌道に乗ったあと、MDV(火星降下機)を使って人員だけが火星に降下し、前もって送り込んでいたサプライを使って火星で生活をしながら調査をする。
 ミッション1と2は成功下に終わり、この物語はミッション3のチームが火星での本格的な活動を始めようとしたところから始まります。
 強烈な暴風が襲ってきて、MAV(火星上昇機)が危険なほどに傾き、ミッションを中止しMAVに乗り込もうとしていた時に、主人公のマーク・ワトニーに飛んできたアンテナの支柱が刺さり行方不明となります。宇宙服からの信号でも生命反応がなく、捜索中にMAVの傾きがひどくなったので、やむなくワトニーを残して地球へ帰還することになります。
 しかし、ワトニーは死んでいなかったのです。

 ワトニーが、一人で創意工夫をして火星で生き抜き、地球に帰ってくるまでのお話ですが、この小説では映画よりより細かく描写され、2回読み直しても一気に読み終えました。多分、私のあまり多くない残りの時間でも、後何回か読む気になるのではないかと思われる傑作小説です。
by katyan4 | 2016-07-05 17:21 | 今日の一冊 | Comments(2)

今日の8枚(特典DVDが付いて8枚組です。

先日、高知のデンジャラス邸で度肝を抜かれたBlue-rayがワイルド・スピードシリーズのどれか確かめるの忘れましたので、7枚組のものがありましたので購入しました。
b0052286_21235227.jpg


アマゾンで16500円でしたが、届いてからケースを見ると、初回限定11000円+税と書いてあるではありませんか。プレミア値段になっていたのですね。

b0052286_2127718.jpg


7枚組で特典DVDが1枚付いていました。

b0052286_2128879.jpg


このような状態で8枚のディスクが入っています。

まだ2枚しか見ていませんが、アメリカの違法カーレースの模様(日本のカミナリ族とは桁が違いますね)や激しいカーチェイス、スタイル抜群のぴちぴちした女性たちの映像が楽しめました。

いくら年を取っても男なのです。

出てくる車はHONDA,MITHUBISHI,MAZDA,NISSANの車を改造したモノが沢山出てきます。

でも、あのデンジャラスな最低音は出てきません!!
by katyan4 | 2016-06-23 21:40 | 今日の一冊 | Comments(7)

源氏鶏太「青空娘」

 この前の日曜日、明屋書店に行きましたら、この本が30冊ほど積んでありました。源氏鶏太の新しい文庫本は珍しいと思って、買って帰りました。
b0052286_17105030.jpg

 この作家の小説は映画化されているものが多く主演は、森繁久彌、小林桂樹、池部良、高倉健、石原裕次郎、若尾文子、有馬稲子、美空ひばり等等、有名な人が揃っています。
 暇なときの時間つぶしに最適な、軽い小説が多く、登場人物も善悪がはっきりしており、ハッピーエンドですから、読んで面白く、読んだあともすぐに眠れます(笑い)。
 私のデジタル文庫を調べてみますと、15冊も入っていました、幸いにもこの「青空娘」は有りませんでした。

早速読んでみました。約2時間で読書終了。楽しく読み終わりました。
by katyan4 | 2016-05-10 17:12 | 今日の一冊 | Comments(2)

今日の80枚です。
1950年代から1970年代にかけてのSONY録音で、ほとんどがニューヨーク・フィルとの共演のものです。
b0052286_1526311.jpg

b0052286_15262036.jpg


レコードのBOXサイズのケースに80枚のCDが入っています。

独奏者には、グールド、ハイフェッツ、フランチェスカッティ、メニューイン、ゼルキンなど超一流の演奏家です。

まだ、10数枚しか聴いていませんが、バーンスタインの若々しい演奏を楽しめました。

音は、古い録音のものばかりですからあまり良くはありませんが、音楽を楽しめないほどではありませんでした。
by katyan4 | 2016-05-05 15:45 | 今日の一冊 | Comments(0)

b0052286_1157478.jpg


 佐伯泰英さんが2002年から15年以上にわたって書き続けられた時代小説が、」この51巻でようやく完結しました。

NHKでも山本耕史さんと中越典子の主演で木曜時代劇としてドラマ化されたりしています。

沢山ある佐伯泰英さんおシリーズものの中でも一番の傑作だと思い、各巻が発売されたらすぐに購入して読んでいました。

今回は50巻と51巻が同時発売されましたので、すぐに購入して2日間で読んでしまいました。

完結編なので、佐伯さんも特に力を入れて書かれたようで、素晴らしい出来です。

これで終わりなのが、少し残念なのですが、未完になるよりは終わりがちゃんとある方が良いので、これで良しとしましょう。

磐音の子供の空也が活躍する次のシリーズが有るのではないかと思いますので、期待しましょう。
by katyan4 | 2016-01-06 12:08 | 今日の一冊 | Comments(0)

今日の25枚、ベルリン・フィル/ヨーロッパ・コンサート1991~2015(25DVD)です。
b0052286_10285532.jpg


HMVから宣伝のメールが来て、思わず買ってしまいました。
注文した後に、ブルーレイではないのに気がつきましたが、安かったのでキャンセルはしませんでした。

まだ、1991,1992,1993年と2015年の4枚しか聴いていませんが、DVDでも満足できました。
1900年代のものは4:3でもともとの画像が古いのでブルーレイにするメリットがありません。でも音は5.1サラウンドが入っていますし、演奏はさすがベルリン・フィル。音も古いなりに美しい音で再生できました。
by katyan4 | 2015-11-19 10:38 | 今日の一冊 | Comments(0)

MENUHIN & GRAPPELLI

4CD BOX
b0052286_2121287.jpg

クラッシクのヴァイオリニストのメニューヒンとジャズ・ヴァイオリニストのグラッペリが共演した楽しい小曲集、六つのアルバムを4枚のCDに詰め込んだお買い得なBOXです。

JEALOUSY          1973年録音
FASCINATIN' RHYTHM    1975年録音
TEA FOR TWO 1977年録音
STRICTLY FOR THE BIRDS 1979年録音
TOP HAT 1981年録音
FOR ALL SEASONS 1983年録音

どの曲もヴァイオリンの音色が美しく、楽しめる録音ですが、中でも一番古いアナログ録音の「JEALUSY」が生き生きした音色で、一番良い音に感じました。

STRICTLY FOR THE BIRDS「鳥類譜」 は、LP盤を持っており、良い音のLPなのでよく聞いていた記憶があります。
b0052286_21362723.jpg


グラッペリだけの演奏のLP「ブランデンブルグ・ブギ」も持っています。ジャズ・ヴァイオリニストのグラッペリがクラッシックの名曲を演奏しています。これも良い音です。

b0052286_21385665.jpg

by katyan4 | 2015-03-17 21:39 | 今日の一冊 | Comments(0)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30