カテゴリ:オタクのオタク訪問( 45 )

まるせいご邸訪問

10月20日の日曜日、RYOさんと二人で、松山観光港から高速艇で呉に向かいました。約1時間の行程です。呉には、自衛艦が数隻停泊しており、なかでもヘリコプター空母「いせ」が。
b0052286_1056783.jpg

呉港の隣には「大和ミュージアム」
b0052286_1056551.jpg

 
 待ち合わせていた、jiroさんの車で一路「まるせいご」邸へ出発しました。

 まるせいご邸は店舗の二階にあり、広さは8畳くらいあるのですが、今まで作りためられたSP、レコード、CDなどが部屋の大部分を占めており、リスニングスペースは最小限となっておりました。
 メインのスピーカーはJBLの38cm全域スピーカーであるD-130にホーンTWをコンデンサ1本の分割で使用されていました。
b0052286_1162310.jpg


明らかに低音不足なのですが、隣の部屋に遠慮すると低音をブースとできないそうです。このスピーカーを1~1.5mの至近距離で聴くわけですから、残念ながら直接音だけを聴くことになるわけで、私の耳にはあまりバランスが良いとは感じられませんでした。

AMPは真空管のシングルドライブで出力は3.5Wだそうです。
b0052286_118163.jpg


レコード・プレーヤーはYAMAHA GT-2000を使われていました。
b0052286_1185767.jpg


沢山の自作SPの中から。この小さなスピーカーの音を聴かせていただきました。口径8cmのSPをダブルバスレフ方式の箱に入れたものです。後ろには使わなくなった、バックロードホーンが置いてありました。
b0052286_11163561.jpg


このような感じで聴きました。モデルはRYOさんです。
b0052286_11184913.jpg


これが良いバランスの音で、小さな音量で十分に音楽が楽しむことが出来ました。

リスニングルームとしては良くない環境で、工夫していろいろオーディオを楽しまれているのに感心して、昼食に向かいました。昼食は広島風お好み焼きです。
b0052286_11255691.jpg


皆さんがそばのダブルを注文されたので、私も負けずにダブルを注文しましたが、さすがに完食できませんでしたが、とても美味しかったです。やはり広島風お好み焼きは広島に限ります。まるせいごさん、おご馳走様でした。

昼食後、オメガの会の例会に参加しました。
by katyan4 | 2013-10-21 11:34 | オタクのオタク訪問 | Comments(6)

 9月15日、台風が接近中との予報でしたが、東の方へ逸れそうだとのことなので、高知へオタクのオタク訪問遠征を行いました。参加者はKさん、Umekichiさん、RYOさんそれに私の4名です。
 RYOさんがオークションで落としたばかりのプリウスで出発です。33号線を南下し、途中で四国カルストへ方向を変えました。名物のチーズケーキ食べるのが目的でしたが、曲がりくねった山道を飛ばしたので、Kさんが車酔いでダウン、それに目的のチーズケーキも売り切れでした。残念!!
b0052286_15293530.jpg


、車の運転を少しおとなしくして、姫鶴平から天狗高原を経由して須崎の方へツヅラ折れのの山道を下ります。
b0052286_15315433.jpg


須崎で名物の鍋焼きラーメンで昼食を取りました。
RYOさんが食べた、ぶたキャベツ鍋焼きラーメンミンチかつ丼セットです。さすが。若いですね。
b0052286_15341162.jpg


第一番目のオタクはデンジャラスさんです。SONYのスタジオモニターを手に入れられ、調教中なのです。
b0052286_15355829.jpg

b0052286_15413261.jpg

特徴のある木製ホーンの2wayのモニターで、センタースピーカーは200kg、左右のスピーカーは150kgの重量があるそうで、超弩級の貫禄のある豊かな音が出ていました。残念なことに最近購入されたDENONのAVプリアンプの設定がまだ完全ではなく、完全なデンジャラスサウンドは聞くことができませんでした。残念!!


2番目のオタクはkenkenさんのご親戚、多分わたくしより10才ほどご高齢の方で、一番の趣味は美術品の収集で、オーディオは2番目の趣味だそうです。玄関を入ると裸女の石膏像が迎えてくれます。
b0052286_15471282.jpg


家の中いっぱいに、彫刻、絵画、ガラス工芸、人形、織りもの、その他の美術品が所狭しと陳列してありました。

オーディルームの中はオーディオだけです。
b0052286_1550357.jpg


スピーカーはJBL4344改とB&W801を同時に鳴らされていました。JBLは箱とネットワークを特注して使われているようです。能率の少し低いB&Wを少し手前「に設置してあり、二つのスピーカーの長所が生かされて,絶妙な音になっていました。
b0052286_17174814.jpg

CDトランスポートとプリアンプはアキュフェーズ、パワーアンプはラックスマンのモノラルのものを使われていました。

部屋も並行面をなくした壁面には乱反射目的の凸凹模様の反射面と吸音面が互い違いに配置されていました。
b0052286_1557278.jpg


最後のオタク訪問先はkenkeさんのところです。オーディオ倉庫兼リスニングルームといった感じで、大きな部屋一杯スピーカーボックス、ユニット、アンプなどがぎっしりと詰まっています。その一部にリスニング・スペースがあり、その四方に置かれたスピーカーの音を聞くようになっています。
b0052286_17221081.jpg

b0052286_17223990.jpg

b0052286_17231335.jpg

b0052286_17233992.jpg


geniricのスタジオモニターに合わせて、全部のスピーカーの調整をされたようですが、それぞれ全部個性のあるスピーカーなので全部音色が異なりました。どれも大迫力のサウンドです。

最後に、私が持っていったELACのリングリボンを接続して音色の変化があるかどうかを試してみましたが、
私の耳にははっきりした変化は感じませんでした。能率が違いすぎますので、リングリボンのレベルをもっともっと上げるなくてはいけなかったのかもしれません。
b0052286_17283457.jpg


夕食は土佐料理「司」で土佐料理を食べました。
b0052286_17294831.jpg

このサバの姿寿司は、関サバと同じ海からとれた愛媛県岬町のサバを使っているそうです。

帰りは少し風は強かったのですが、特にトラブルもなく11時30分頃に家に帰りつきました。全部運転していただいたRYOさん、おつかれさまでした。
by katyan4 | 2013-09-16 15:43 | オタクのオタク訪問 | Comments(5)

高知軍団?来襲

 はるばる高知からkenkenさんとデンジャラスさんのお二人が27日の土曜日から松山に来られていました。私は土曜日はいろいろ忙しくて、高知勢のオタク訪問にお付き合いできなかったのですが、昨日の日曜日は一緒に松山の超ド級システムを作り上げておられるエクスクルーシヴ邸を訪問しました。
 西条からmorobareさん、このお宅訪問のコーディネーターであるRYOさん、そして私の5名です。

 広い日本建築の部屋に重量級のスピーカーシステムが設置してあります。写真に全部入りきりませんので、片CHのみになりました。
b0052286_1016385.jpg

 75cm2本、46cm4本、36cmショートホーン付き8本、10cmホーンドライバー8本、ホーンTW6本全部から音が出ています。

 こんなに沢山のスピーカーから出る音ですから、音に厚みのある迫力十分の音に圧倒されました。

超ド級プレーヤー
b0052286_1021322.jpg

 自作糸ドライブターンテーブルに3本のアーム、その内1本は自作超ロング・ストレート・アームです。

コントロールする機材も定評のある機材がそろっています。
b0052286_10231332.jpg
b0052286_10235391.jpg


天井には、”エクスクル-ジヴM5” A級モノラル・アンプ が6台ずらーと並んでいます。
b0052286_10274334.jpg


圧倒的な音を楽しんだ後、昼食もとらずに、私のリスニングルームに移動し、私の音を聴いていただきました。 ELACのリング・リボンTWが好評のようでした。
 最後に、映画ダイハードの最新作を上映し重低音で驚いていただき、遅い昼食後、私を除く4名はUmekichi邸に向かわれました。
by katyan4 | 2013-07-29 10:53 | オタクのオタク訪問 | Comments(9)

Umekichi邸訪問記

 今日は久しぶりにUmekichi邸を訪問しました。天気は良いし、良い運動になると思い、自転車を約15km漕いで行きました。もちろん電動式自転車です。
 久しぶりなので、途中で道に迷って2回も電話をしてしまい、約20分の遅刻しましたが、ちょうど玄関でKuniさんと合流しました。
スピーカー自体は余り変わっていないようで、ゴールドウィングのホーンがこシステムの特徴です。
b0052286_18202564.jpg

ゴールドウィングに付いているドライバーはクラッシックなJBL375で、Umekichi邸の音は中心はこれが担っているようです。パワーアンプはYAMAHAとVICTORの業務用。分割フィルターアンプはRAMSAのこれも業務用の物に変わっていました。

操作部はDENONのレコードプレーヤーが加わり、サトリのプリでコントロールされていました。
b0052286_1826252.jpg

b0052286_1826687.jpg

b0052286_18264052.jpg


本日のOFF会のプログラムです。さすが準備周到ですね
b0052286_18435832.jpg


迫力のある低音と金属系の打楽器が生々しく響く爽快な音が出ていました。Umekichiさんが聞いておられる音楽のジャンルに良くあった満足のゆく迫力十分の音でした。

前回訪問時には一枚もなかったLPを約450枚も収集されていました。
b0052286_18494118.jpg


沢山のCDも自作のラックに整然と整理されています。
b0052286_18503888.jpg


約2時間プログラム+αの視聴を終えて庭に出ると、綺麗なバラの花が
b0052286_18514875.jpg

b0052286_18515475.jpg


電動式の自転車なのですが、往復2時間も走るとさすがに少し疲れました。
by katyan4 | 2013-05-06 18:53 | オタクのオタク訪問 | Comments(2)

エクスクルーシヴ邸訪問

 多分半年ぶりに、エクスクルーシヴ邸を訪問しました。幸せの(?)赤いホーンとマークレビンソン最高級DACの音を確かめたかったからです。
 
マークレビンソンのDAC
b0052286_17392996.jpg


幸せの(?)赤いホーンはこのようにホーン群の一番下にあります。上にある黒いホーンと並列駆動されているそうです。
b0052286_174005.jpg


マランツのプリアンプをモノラル仕様で2台使用されていますが、その効果は。
b0052286_17404461.jpg


天井にはエクスクルーシヴの名前のいわれのモノラル・アンプがズラーと6台
b0052286_1741138.jpg


スピーカーの全配置はこのようになっています。
b0052286_1742170.jpg


音は、前回より素晴らしく改善されていました。すっきりとした、しかし豊かな低音と透明感のある中高音で、とても魅力的な音が再生されていました。”音の翔”でごまかす必要が無くなったようです。
by katyan4 | 2013-02-11 17:47 | オタクのオタク訪問 | Comments(4)

新春OFF会

昨日の午後、私のオーディールームに三人のマニア(オタク?)の方たちが訪問されました。
 まず、初めて私のルームを訪問されたIさんは、わたくしより数歳若い、松山出身で現在は川崎在住、ちょうど実家に帰省されておられたようです。スピーカーはBelle Klipschを使われており、私の同じSONYの DA5600ESでサラウンドAVを楽しまれておられるようです。
 あとの二人は常連のUmekichさんとKuniさんです。

聴いていただいたソースは

PC-AudioでCDのJacintha のAutumn Leaves
DVD-AudioでGROVER WASHINGTON,JR.のサキソフォーン
DVDでthe Corrs unolugged
BS録画でTOKYO JAZZ 2012
BS録画でブロムス2012より威風堂々
BS録画でウィーンフィル・ニューイヤーコンサート2013よりふつくしき蒼きドナウとラディッキー行進曲ト
ブルーレーでLEGENDS of JAZZ
ブルーレイで佐渡裕式ベルリンフィルのショルタコーヴィチ交響曲第5番より第4楽章

以上の曲目で今回は大砲は無しでした。(笑)
by katyan4 | 2013-01-06 12:40 | オタクのオタク訪問 | Comments(4)

 JAZZLAND邸を後にして、北へ約1時間。Valve845さんのお宅を訪問しました。山と畑に囲まれた古い日本家屋(100年は経っていない)です。訪れたのはM-2000さん、RYOさん、私の3人です。
 
b0052286_1594641.jpg


8畳と6畳の部屋を吹き抜けにして、大きなスピーカーが置いてあります。
b0052286_15113010.jpg

壮観です。これから出てくる音は想像できませんでした。

アンプは直熱高圧真空管4台でこの大きなスピーカーを駆動してあります。仄明るいヒーターの明かりが何とも言えません。
b0052286_151416100.jpg


 ます最初に、私が持ち込んだ和太鼓のCDを再生していただきました。私の家ではタイコの後ろのほうで鳴っている金物打楽器の音が、バ~~ンと耳を貫き腰が抜けるほどびっくりしました。後で測定してみますと、高音用ホーンスピーカーのレベルが6dbほど高かったのですが、それにしてもズザマシイ迫力でした。

 4台のスピーカーが横に広く配置してありますので、音像が広がって聞こえるものと予想していたのですが、音像は中央2台のスピーカーの間にまとまって聞こえます。少し意外でした。

 M-2000さんはお家へ帰られ、RYOさんと私はハイジの家に一泊して、翌14日にも朝早くから押しかけました。
 
 いろいろのソースを聴かせていただいたり、周波数特性を計測したりして、この装置の長所や欠点がある程度わかりました。200Hz~400Hzあたりにディップがあり、一番大事な中低音が弱いが、重低音と中高音のパワー感は素晴らしく、パルス的な音の迫力は素晴らしいものがあります。直熱高電圧無帰還トランス結合真空管アンプの威力なのでしょうか。
 中低音のディップを解消してこれにあったTWで超高音域を補えば、より素晴らしい音が出るのではないかと思いました。
 
 私の目指している音とは方向が少し違うのですが、素晴らしく、またより可能性のあるシステムだと思いました。
 
 直熱高圧真空管で300W出力の物を製作されており、それが完成したとき時にはもう一度その音を聴かせていただきたいと思います。

 お土産に栗や新鮮な野菜をいただき、ありがとうございました。家に帰ってRYOさんの車のトランクから出てきた、唐沢寅蔵んの清水の次郎長シリーズのLPを聴きましたl。結構面白いですね。
by katyan4 | 2012-10-15 15:41 | オタクのオタク訪問 | Comments(6)

 13日の土曜日、大阪阪急野田駅の近くにあるJAZZLAND邸を訪問しました。訪問したのは、valve845さん、M-2000さん、RYOさんそして私の4人です。
 リスニングルームの入り口のドアは重厚な防音ドアです。
b0052286_22272434.jpg

スピーカーは白っぽい美しい塗装のJBL DD-66000です。
b0052286_22292059.jpg

フォノイコライザーはPhase Tech
b0052286_22315082.jpg

CD、SACDプレーヤーはラックスマンのP-08
b0052286_22342061.jpg

パワーアンプはFM-Acoustic社のFM 255MKⅡーR
b0052286_2236939.jpg

スピーカーケーブルは銀線6Nの太い物(名前は忘れました)
b0052286_22374028.jpg

以上の超ハイエンド機器を組み合わされて、JAZZとロックを主に聴いておられるようです。

 一通りの挨拶が終わった後、早速音を出していただきました。予想していたより小さな音量に皆さん思わず顔を見合わせました。この重厚な防音ドアは何のためにあるのだろうと。
 おそるおそる、「いつもこのくらいの音量で聴いておられるのですか?」
「初めは遠慮して」とボリュームをグイと。皆さん納得の大きな音のJAZZが流れ始めました。

さすが、JBLのハイエンド・スピーカー、美しくバランスの取れた音が出ていました。色々なCD、SACD,LPをきかせていただきましたが、どれも破綻の無い、とても美しい音を聴かせていただきました。

3時間半があっという間に過ぎ、近くの中華料理のお店で皆で楽しく夕食歓談し、次の目的地に向かいました。

続く
by katyan4 | 2012-10-14 22:38 | オタクのオタク訪問 | Comments(5)

 今日は私のルームに宮崎のYさん、大阪のNさん、高知のKさんとIさん、そしてエクスクルーシヴさんとRYOさんが訪問してくれました。あまり広くない部屋に大人7人になりましたので、さすがに満員の状態でした。
 写真を撮ったつもりでしたが、メモリーが入っていなかったので、その状況お見せできません。

 一通り、PCオーディオ、レーザーターンテーブル、DVDーAudio,SACDの音をいつもより3~4db大きな音で聴いていただいた後、DVD-Videoで宇宙戦争とマスター・アンド・コマンダーを再生し、部屋を揺るがせてみましたが、さすがオタクそろい、皆さん平気な顔でした。
 最後にブルーレイディスクで、佐渡裕指揮ベルリンフィルのショスタコーヴィッチ交響曲第5番の最終楽章を聴いていただき、これは好評でした。
 大阪のNさんが、アコースティックリヴァイブ ディマグネタイザーなる物を持ち込まれ、ディスクの消磁を試してみましたところ、高音がすっきりし音質が良くなるように感じ、いつもは迷信グッズには拒否感のある私ですが、考えさせられました。

 ホテル奥道後で、バイキング昼食を取った後、高知班とと宮崎大阪班に分かれ、RYO邸を訪問しました。視聴位置が厳密なので、二人以上ではその音を正確に判定出来ないのだそうです。
 RYOさんは最近、GENELECのスピーカーをもう一組手に入れ、縦に積み重ね(上のスピーカーは上下逆)、ヴァーチカル・ツウィンの形式で音を出されています。この方式だと最良の視聴位置が一カ所しかないのだそうです。私も宮崎大阪組のおまけとしてついて行きました。
 そのスピーカーの配置の説明を聞いている最中に左上のスピーカより大音量の雑音が発生し始めました。どうもスピーカー内蔵のAMPの故障のようでした。というわけで、ヴァーチカル・ツウィンの音は聞けませんでしたが、左右一本づつの音でも張りのある美しい高音、迫力のある低音と素晴らしい音が鳴っていました。
by katyan4 | 2012-09-30 20:01 | オタクのオタク訪問 | Comments(4)

エクスクル-シヴ邸訪問

今日は、改装なったエクスクルシヴ邸を訪問してきました。
ちょうど宮崎からYさん、大阪のNさん、高知のKさんとIさんが来ておられ、大音量の音楽が流れていました。
工作室との壁が無くなり、スピーカの配置工作室の方にに90度移動されています。
b0052286_20162055.jpg

コントロール機材は左側に移動されています。
b0052286_20182093.jpg

工作室から視た、超低音用BOXと低音ホーン
b0052286_2019215.jpg

余裕のあるスピーカー構成と音乃翔の相乗効果でとてつもなくダイナミックな音が出ており、圧倒されました。
by katyan4 | 2012-09-29 20:23 | オタクのオタク訪問 | Comments(1)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31