カテゴリ:今日の一枚( 285 )

グラミー賞にノミネートされたとのニュースで買っていた一枚です。
b0052286_9544611.jpg


 今まで余り聞かなかったジャンルなのですが、猫のニャンニャン2重唱や子供たちの合唱など、楽しい曲が有り、楽しめます。
 録音は、透明感のある音で、好録音です。

画像があればもっと楽しめそうです。ブルーレイの発売を期待しましょう。


曲目は


1. 歌劇≪こどもと魔法≫ 第1部 序奏-「宿題なんかやりたくない」 (こども、母親)
2. 歌劇≪こどもと魔法≫ 第1部 「安楽椅子嬢、お手を」 (肘掛椅子、安楽椅子、家具)
3. 歌劇≪こどもと魔法≫ 第1部 「ディン、ディン、ディン、ディン」 (大時計、こども)
4. 歌劇≪こどもと魔法≫ 第1部 「ご機嫌いかが?」 (ティーポット、中国茶碗)
5. 歌劇≪こどもと魔法≫ 第1部 「お下がり!」 (火、こども、羊飼いの男たち、羊飼いの娘たち)
6. 歌劇≪こどもと魔法≫ 第1部 「アーッ!あの娘だ!あの娘だ!」 (こども、お姫さま)
7. 歌劇≪こどもと魔法≫ 第1部 「2本の蛇口からひとつの桶に水が流れる!」 (小さな老人、こども、数字たち)
8. 歌劇≪こどもと魔法≫ 第1部 猫のニャンニャン二重唱
9. 歌劇≪こどもと魔法≫ 第1部 昆虫、雨蛙、ひき蛙の大合唱 第2部 「ああ!お庭さんにまた会えて、うれしいよ!」 (こども、木、他の木たち)
10. 歌劇≪こどもと魔法≫ 第2部 「君はどこにいるのかい?」 (トンボ、ウグイス、こども、コウモリ)
11. 歌劇≪こどもと魔法≫ 第2部 「逃げなさい、お馬鹿さん!籠は?籠はどこ?」 (リス、雨蛙、こども)
12. 歌劇≪こどもと魔法≫ 第2部 「彼は傷の手当をした…」 (動物たち、こども)

小澤征爾さん、今まで8回もノミネートされていたそうですが、80歳にして。ようやく受賞されました。

受賞、おめでとう御座います
by katyan4 | 2016-02-17 11:55 | 今日の一枚 | Comments(0)

CD 英雄の生涯 大植英次&ミネソタ管弦楽団

HVIから「高音質リファレンス・CD」とのメールが来ていましたので、一枚買ってみました。ポイントが貯まっていましたので、0円でした。

b0052286_1184982.jpg

b0052286_119076.jpg


これは、推薦できるCDです。音質も演奏もとても素晴らしい一枚でした。他のCDも買ってみようと思います。
by katyan4 | 2015-09-23 11:15 | 今日の一枚 | Comments(0)

CD

一昨日、佐藤卓史(p)の演奏会で売っていましたので、買って帰った一枚です。
佐藤さんのピアノの演奏が素晴らしかったのと、平成19年度の文化庁芸術賞レコード部門大賞を受賞しているとのことで、期待して聞きました。

b0052286_20375277.jpg

b0052286_2038243.jpg


芸術賞レコード部門大賞を受賞しただけあって、素晴らしい演奏でした。録音もヴァイオリンとピアノの音が生々しく再生され、二人が目の前で演奏しているよう聴こえました。

お二人共佐藤姓ですが、兄弟ではないようです。顔つきが全然違います(笑)。
by katyan4 | 2015-09-14 20:41 | 今日の一枚 | Comments(0)

今日の5枚
 先週に1枚、今週4枚とRCの例会で、西村Drから自作のCDを頂きました。西村Drはピアノの達人で、ヴァイオリニストである息子さんの西村荘さんと度々演奏会を開かれています。愛媛モーツアルト教会の会長でもあり、クラッシック音楽に造詣の深い方です。ご自宅にはお父様の代から収集された膨大な数のLP(SPも)のコレクションを持たれています。
 最近はそのコレクションの中から演奏と音が良いものを選んでCD化することに励まれているようです。
 頂いた5枚はその中でもお気に入りのものだそうです。

まずは、ヘンリク・シェリングのクライスラーの小品集です。
b0052286_2111279.jpg

シェリングのクライスラーは初めて聞きましたが、良い演奏です。

次はArrhur Grumiauxのモーツアルトの弦楽五重奏曲K.593,K.614です。
このLPは私も持っており昔よく聴いた記憶があります。
b0052286_21182844.jpg


Cristian Ferrasのフランクのバイオリンソナタです。古いLPの録音とは思えない程、美しいバイオリンの音色です。
b0052286_21223788.jpg


Waltz from Old Viennaはバイオリン、ビオラ、チェロ、コントラバスの小編成でのウィンナワルツです。
b0052286_21254167.jpg

少し古い音のモノラル録音ですが、楽しい演奏で楽しめました。

最後はTHE PAGANINI STRING QUARTETの演奏でラベルの弦楽四重奏曲
b0052286_2128442.jpg

歯切れの良い明快な音で、良い演奏でした。

どのCDも針音、ノイズも少なく、とても上手にCD化されており、感心しました。
西村先生、有難うございました。
by katyan4 | 2015-06-30 21:35 | 今日の一枚 | Comments(0)

今日の55枚 ハイブリットSACD版
b0052286_115479.jpg


この機会を逃すと、二度と入手不可能になるかもしれない貴重な全集なので、大枚をはたいて購入しました。

しばらく待ってようやく到着して、早速DISK1ミュールハウゼン時代の3つのカンタータを再生(サラウンド)してみますと、私の耳には歪みだらけに聞こえるではありませんか!!!

高域難聴が進み、また高域の音がひずみっぽく聞こえ始めたのかもしれませんが、これをきっかけに、システムの再構築が始まりました。

パワーアンプを真空管に変更したり、ホーン、ドライバーの変更など試行錯誤が始まりました。

昨日、RYOさんが訪問された時には、中高音をONKENのホーンシステムを845シングル真空管アンプで駆動して聞いてもらいました。ある程度まとまった音になり、このSACDもあまりひずみっぽく聞こえなくはなっていたのですが、もう一つピリっとしません。

今日は、山本工芸のホーンとRADIANのドライバー760PBを引っ張り出して接続してみました。
b0052286_1119882.jpg


前回、この組み合わせの音は、端正な音は出ていたのですが、面白みが少ない(色気のない)感じでした。
真空管アンプと組み合わせつとまた一つ違う感じが出るのではないかと思ったからです。

b0052286_1121211.jpg


見てくれも少し良いようです。

音も良くなったようで、歪みだらけに聞こえたこのSACDがとても綺麗に聞こえています。
by katyan4 | 2015-05-05 11:22 | 今日の一枚 | Comments(3)

CD
b0052286_22584650.jpg


白石さんのサイン入りです。
b0052286_22585987.jpg


一昨日の夜、砥部文化ホールで、白石幸司(クラリネット)と佐久間和(ギター)のデュオ・コンサートがありました。その時販売されていたCDです。クラリネット、ギター、ピアノ、ベース編成の演奏です。

 クラリネットの白石さんは、松山市出身で松山南高等学校のブラスバンド部でホルンを演奏していたそうですが、現在はクラリネットで活躍されている方です。

演奏会はクラリネットの美しい音色とギターの素晴らしいテクニックでとても楽しめた演奏会でしたが、このCDも演奏も録音も優秀です。
by katyan4 | 2015-04-23 23:08 | 今日の一枚 | Comments(0)

Blu-Ray Disk
b0052286_2229788.jpg


 今まで見た戦争ものの映画は、戦争の勇ましさや勇気など、美化する要素が少しは含まれていたと思いますが、この映画は戦争の残虐さ、非常さ、異常さなどを前面に押し出したような映画でした。

 画像は「MASTERED IN 4K]」で処理されており、SONYのビデオプロジェクターVPL-W1100ESで再生すると4Kの解像度で写り、とても繊細で迫力いっぱいに見えます。

 音も戦車のエンジン音や大砲の重低音など、爆音で再生すると耳鼻れました。
by katyan4 | 2015-04-05 22:30 | 今日の一枚 | Comments(0)

爆クラ!

爆クラ! Vol.1 RAVE CLASSICS  湯山玲子 選曲 CD2枚組
b0052286_2130388.jpg


ライブハウスのPAスピーカーを使って爆音で楽しみたいクラッシク音楽を、湯川玲子さんが選曲したアルバムだそうです。

b0052286_21362086.jpg


曲の解説は、湯山玲子さんと鈴木淳史さんの型破りな対談形式の小冊子が付属しています。

爆音で聴くと快感を覚えるような曲が多いのですが、中には弦楽四重奏やオーボエの独奏曲のような爆音再生は?の曲も入っていますが、それを爆音で聴くと生演奏とは全然違った新鮮な感覚を感じました。

面白いアルバムです。Vol.2 もでるようです。
by katyan4 | 2015-04-04 21:43 | 今日の一枚 | Comments(3)

7枚組 CD BOX
b0052286_1595763.jpg


1917年3月19日 に生まれ 1950年12月2日に33歳の若さでなくなった、ルーマニアのピアニスト。アルフレッド・コルトーの弟子です。

曲目

ディスク 1

01. バッハ:パルティータ第1番変ロ長調BWV825

02.バッハ/ブゾーニ編:来たれ、異教徒の救い主よBWV599

03.バッハ/ブゾーニ編:主イエス・キリストよ、われ汝によばわるBWV639

04.バッハ/ヘス編:主よ、人の望みの喜びよBWV147

05.バッハ/ケンペ編:シチリアーナ~フルート・ソナタ第2番BWV1031

06.モーツァルト:ピアノ・ソナタ第8番イ短調K.310 (以上1950年録音)

07.D.スカルラッティ:ソナタ変ホ長調KK.380(L.23)(1947年録音)

08.D.スカルラッティ:ソナタ ニ短調「田園」KK.9(L.413)

09.ショパン:夜想曲変ニ長調Op.27-2(以上1947年録音)

ディスク 2

01.ショパン:ワルツ集(14曲)

02.ショパン:マズルカ嬰ハ短調Op.50-3(以上1950年録音)

03.ショパン:舟歌嬰ヘ長調Op.60(1948年録音)

ディスク 3

01.ショパン:ピアノ・ソナタ第3番ロ短調Op.58(1947年録音)

02.リスト:ペトラルカのソネット104番(1947年録音)

03.ラヴェル:道化師の朝の歌(1948年録音)

04.ブラームス:ワルツ集(4手のための)(8曲)w/ブーランジェ(ピアノ)(1937年録音)

05.エネスコ:ピアノ・ソナタ第3番ニ長調Op.25(1943年録音)

ディスク 4

01.シューマン:ピアノ協奏曲イ短調Op.54w/カラヤン指揮(1948年録音)

02.モーツァルト:ピアノ協奏曲第21番ハ長調K.467w/カラヤン指揮(1950年ライヴ録音)

ディスク 5

01.グリーグ:ピアノ協奏曲イ短調Op.16w/ガリエラ指揮(1947年録音)

02.ショパン:ピアノ協奏曲第1番ホ短調Op.11

03.ショパン:練習曲ホ短調Op.25-3; 変ト長調Op.10-5(以上1950年ライヴ録音)

ディスク 6

01.バッハ:ピアノ協奏曲第1番ニ短調BWV1052w/ヴァン・ベイヌム指揮

02.リスト:ピアノ協奏曲第1番変ホ長調w/アンセルメ指揮(1947年ライヴ録音)

03.バルトーク:ピアノ協奏曲第3番Sz.119w/ザッヒャー指揮(1948年ライヴ録音)

ディスク 7

01.バッハ:パルティータ第1番変ロ長調BWV825

02.モーツァルト:ピアノ・ソナタ第8番イ短調K.310

1840年代から、亡くなる直前の1950年までの録音です。

演奏は若々しく繊細で美しい演奏で、録音は古いのですが、古さを忘れて聴き通しました。
by katyan4 | 2015-03-21 15:23 | 今日の一枚 | Comments(0)

レコード棚を探して、擦り切れたはずのLP「大地の歌」を見つけました。

ジャケット表
b0052286_2123435.jpg


裏ジャケットは54年も立っているので黄ばんでいました。
b0052286_21271199.jpg


 下の方に下手な字で36年2月と書いてありますので、やはり18歳の時に買ったものです。
 
 ブルーノ・ワルター指揮ウィーンフィル、カスリーン・フェリアー(コントラルト)、ユリウス・パツアーク(テノール)の演奏です。
 
再生してみますと弦の音は擦り切れた?ような音がしますが声の方はまだ観賞に耐える音が出ていました。
 
 調べてみると1952年の録音で、SP時代の最後頃の録音ですから、SPからの復刻版LPなのです。弦の音が擦り切れた様に聞こえるのは、元の音源がSPなのが原因かもしれません。

 CDの棚を探してみるとオーパス版(日本でSPからCDに復刻したもの)に同じ演奏のものが見つかりました。
b0052286_2143092.jpg


聴いてみますと、弦の音はやはり同じようにきこえました。

擦り切れたわけではなかったようです。

 
by katyan4 | 2015-03-03 21:43 | 今日の一枚 | Comments(0)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31