カテゴリ:今日の一枚( 288 )

NO SECRET / CARLY SIMON

DVD-Audio
b0052286_11422544.jpg

b0052286_11424329.jpg


これも、レコード棚から久しぶりに引っ張り出して聴いてみました。

アメリカのシンガーソングライター、カーリー・サイモンのDVD-Audio版です。1945年生まれとのことですので、現在は69歳の女盛り?なのですが、これは1972年の録音だそうですから、彼女が29歳の時のアナログ録音だと思われます。

音声は 96kHz/24bit 5.1ch のサラウンドです。アナログ録音としては優秀で、彼女の声の魅力を十分に聞くことができます。

DVD-Audioには、曲ごとに静止画を見る楽しみもあります。
b0052286_11514597.jpg

b0052286_11515980.jpg

b0052286_11521080.jpg

b0052286_11522147.jpg
b0052286_11523077.jpg
b0052286_11532632.jpg
b0052286_11533394.jpg
b0052286_11534236.jpg
b0052286_11535312.jpg
b0052286_11535991.jpg

by katyan4 | 2014-09-28 11:54 | 今日の一枚 | Comments(0)

Romance ai.okumura

DVD-Audio
b0052286_10282780.jpg

b0052286_10284512.jpg


今日は日曜日、このところ秋の花粉症(ブタクサの花粉?)に悩まされて、外に出ると鼻水とくしゃみの発作に悩まされていますので、今日は外出しないようにします。
レコード棚を探して、昔買い込んでいたDVA-Audioの一枚を聴いています。2003年の録音だそうですから、このジャケットに写っている奥村愛さんも、今では10歳ほど年をとられているわけですね。

再生される音声は、DVD-Audioのプレーヤーで再生すると、自動的に PCM 96kHz/24bit 5.1chとなります。最近ハイビットと騒がれていますが、10年前からちゃんとハイビットは存在していたのです。なぜDVD-AudioやSACDが普及しなかったのでしょうね。SACD盤は外国で細々と発売されていますが、それよりも音が良い(私見です)DVD-Audioが消滅したのは残念です。

音も演奏も、この手のライト・クラッシク音楽を聞くには最高です。私の使っている、AV-AMP(SONY 5800)はDSP回路を通すと18000HZ以上はハイカットされますし、私の耳は10000Hz以上は聞こえないはずなのに、バイオリンの音が高域がよく延びた良い音に聞こえるのはなぜなのでしょうか。
by katyan4 | 2014-09-28 10:49 | 今日の一枚 | Comments(0)

CD+Blu-ray AUDIO,インディーズレーベル,

b0052286_22233844.jpg


曲目
1. メル・パウエル(1923-1998):レチタティーヴォとトッカータ・ペルコッサ(1953)
2. ヘンリー・カウエル(1897-1965):オスティナート(4つのセットから)(1960)
3. ネッド・ローレム(1923-):スパイダーズ(1968)
4-6. サミュエル・アドラー(1928-):ソナタ(1982)
7-8. ロバート・ムチンスキー(1929-2010):プロフィール(1982)
9-11. トーマス・ベンジャミン(1940-):3つの楽章(1988)[プレリュード/カンティレーナ/トッカータ]
12. ロバート・メーヴス(1920-2007):サラバンド(1986)
13. スティーブン・ブルンバーグ:ジャイル(1991)
14. パトリシア・モアヘッド(1940-):Tourbillon Galaxy(2012)
15-19. ハロルド・メルツァー(1966-):5つのトッカータ(2005)

AUDIO FORMAT
5.1 DTS HD MA 24/192Khz
7.1 DTS HD MA 24/96Khz
2.0L PCM 24/192Khz

アメリカの現代音楽家の作品ばかりですから、初めて聞く聴く曲ばかりですが、ハープシコードの華やかな音色を十分に生かした曲ばかりで、聞いていて楽しいアルバムです。

一般的にバロックのハープシコードの曲は、小さめの音量で聴くべきなのですが、このアルバムに限っては少し大きめの音量で聴くと、繊細で華やかな高音から豊かな低音まで楽しむことができます。演奏者のジョリー・ヴィニクールの素晴らしいテクニックにも圧倒されました。

 7.1 DTS HD MA 24/96Khzで聴いてみましたが、ハープシコードの美しい音色が部屋中響き渡り満足です。
by katyan4 | 2014-09-19 22:28 | 今日の一枚 | Comments(0)

Aranjuez

Blu-ray Audio
b0052286_9462075.jpg


クラシック・ギター界の新星、ミロシュ・カラダグリッチが、ヤニク・ネゼ=セガン指揮ロンドン・フィルと共演した、Blu-ray Audio DISKです。

曲目は
ロドリーゴの『アランフエス協奏曲』、『ある貴紳のための幻想曲』
ファリャの『ドビュッシーの墓碑銘への讃歌』、バレエ音楽『三角帽子』より粉屋の踊り「ファッルーカ」、そしてロドリーゴの『祈りと舞踏』

Audio Formatは3種類のハイレゾ音源です。
2.0ch PCM 24bit/96khz
2.0ch DTS Master Auduo 24bit/96khz
2.0ch Dolby TrueHD 24bit/96khz

演奏はいかつい顔の印象とは反対の穏やかで優美なもので、録音も柔く刺激的な音は一切なく、部屋を包み込むようです。。
by katyan4 | 2014-09-15 09:58 | 今日の一枚 | Comments(0)

Blu-Ray Audio
b0052286_2239461.jpg


オーケストラと指揮は
NEWTORK PHILHARMONIC/KURT MASUR

オーディオ・フォーマットは
2.0 PCM 24bit/96khz
2.0 DTS-HD Master Audio 24bit/96khz
2.0Dolby TroueHD 24bit/96khz

美しく澄み切った弦の音で、高域難聴の私の耳が良くなったのではないかと思うほど、色々取っ替えひっかえしているスピーカー遍歴も終わるのではないかと思われる程です。
by katyan4 | 2014-09-12 22:50 | 今日の一枚 | Comments(0)

私が贔屓をしている裸足ののバイオリニスト、パトリツィア・コパチンスカヤの5枚目のアルバムです。
b0052286_16541974.jpg


 二つの曲ともあまり聞く機会の少ない(面白くない?)曲なのですが、コパチンスカヤの演奏は聴きごたえがあり、面白くl聴けます。
 
 ストラビンスキーはオーケストラが小編成のようで、独奏バイオリンの音が大きめに聞こえますが、曲そのものが、バイオリンの独奏を楽しめば良い感じなのでこれで良いのでしょう。

 プロコフィエフはオーケストラの音もバランス良く録音されているようです。
by katyan4 | 2014-05-14 17:03 | 今日の一枚 | Comments(0)

 先日、アマゾンのMP3も曲目を見ていますと、Artur Schnabelという人のベートーベン・ピアノ・ソナタ集が目つきました。1930年代の録音ですから、もちろんSP時代のものですが、160円という安さに惹かれてダウンロードしました。ダウンロードしてみなすと、なぜか代金は0円になっていました。
b0052286_10521614.jpg


ただですから、鑑賞に耐えなくても元々と思いながら再生してみましたところ、SPですから狭い帯域の音なのですが、私の耳が高域難聴なのかもしれませんが、あまりノイズは気になりません。演奏も現代の演奏家のように目の覚めるようなテクニックでは無いのですが、なぜか心に響く演奏でした。

31番だけは入っていませんが、ほとんど全集で、全部聴くには相当時間が掛かりそうです。

アルトゥル・シュナーベル



移動: 案内、 検索
by katyan4 | 2014-05-11 11:03 | 今日の一枚 | Comments(2)

Blu-Ray Disk 4枚組
b0052286_18523585.jpg


昨年の來日記念に発売されたのもです。

以下の内容のセットです。
b0052286_18533094.jpg


どのDiskの演奏は文句のない演奏ですが、音は録音された会場が違うので、それぞれ異なります。

DISK1 はDTS-HD Master Audio Surround Sound 5.1 で聴きました。
b0052286_1910138.jpg

ベルリン・フィルハーモニーでの録音ですので、バランスの良い録音ですが、大太鼓の低音がもっと伸びていたら良いのになー・・と感じました。ティンパニーの迫力などは申し分ありません。

DISK2 は PCM 5.1ch(48kHz)の音源で聞きました。
b0052286_19105468.jpg

会場が野外音楽堂(ベルリン・オリンピック・スタジアム)なので、音はあまりよくは有りません。ホールでないのでこんなものなのでしょうね。

DISK3 はDTS-HD Master Audio Surround Sound 5.1の音源で聴きました。
b0052286_19111761.jpg

会場が鉄骨がむき出しの工場跡?(カーベンヴェルク・オーパーシュプレー)なので、高域が硬く低音がさびしい音でしたが、迫力はなかなかのものでした。

DISK4 はDTS-HD Master Audio Surround Sound 5.1の音源で聴きました。
b0052286_19113482.jpg

会場はモスクワ音楽院大ホールで。美しい響きの高域とよく伸びた低域の音で鑑賞できました。残響が多いためか、迫力はす少ない感じでした。
by katyan4 | 2014-03-15 19:11 | 今日の一枚 | Comments(0)

Blu-Ray DTS HD Master Audio/5.0サラウンド(48kHz/24bit)
b0052286_20373316.jpg

b0052286_20375997.jpg

b0052286_20403997.jpg


今年の指揮はダニエル・バレンボイムです。
b0052286_2041130.jpg


ウィーン楽友協会ホールは豪華絢爛です。一度行ってみたいものです。
b0052286_20424673.jpg


昔は男性だけだったウィーンフィルにも、コンサートマスター以下何人かの女性団員が居るようです。
b0052286_20442853.jpg


BS放送ではバレーが入っていた曲があったのですが、このDISKでは「美しい青いドナウ」以外には入っていません。探してみると、画像特典の中に入っていました。
b0052286_2049126.jpg

b0052286_20492090.jpg


最後の「ラディッキー行進曲」の会場風景、拍手していない人もいるのですね。
b0052286_20503614.jpg


演奏は2011年のメストの指揮ぶりと比べると、スマートさに劣りますが、二人の年齢の差を考えると仕方ありません。十分にすばらしい指揮ぶりで、楽しめました。

音はDTS HD Master Audio の音源で聴きましたが、BS放送より弦楽器の音が美しく聞こえ優秀な録音だと思います。

このDISKは1週間ほど前に手に入れていたのですが。風邪をこじらせて、オーディオのSWを入れる気が起きなくて遅くなりました。
by katyan4 | 2014-03-02 20:59 | 今日の一枚 | Comments(2)

LP/ステレオ/グラモフォン 録音1959年6月20~22,28日 ウィーン ムジークフェラインザール
b0052286_22123082.jpg


この間、タダでいただいてきたLPレコードの中の一枚です。

b0052286_22174832.jpg


今日は、ELPのレーザー・ターンテーブルで聴きました。ぷつぷつノイズは多いのですが、自然な音で歪が少なく、落ち着いて音楽を楽しめました。。

1959年録音ですから、アナログ録音ですが、艶のあるチェロの音と、輝かしいピアノの音で、満足できる音でした。
by katyan4 | 2014-02-12 22:19 | 今日の一枚 | Comments(0)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30