カテゴリ:今日の一枚( 290 )

Blu-Ray DTS HD Master Audio/5.0サラウンド(48kHz/24bit)
b0052286_20373316.jpg

b0052286_20375997.jpg

b0052286_20403997.jpg


今年の指揮はダニエル・バレンボイムです。
b0052286_2041130.jpg


ウィーン楽友協会ホールは豪華絢爛です。一度行ってみたいものです。
b0052286_20424673.jpg


昔は男性だけだったウィーンフィルにも、コンサートマスター以下何人かの女性団員が居るようです。
b0052286_20442853.jpg


BS放送ではバレーが入っていた曲があったのですが、このDISKでは「美しい青いドナウ」以外には入っていません。探してみると、画像特典の中に入っていました。
b0052286_2049126.jpg

b0052286_20492090.jpg


最後の「ラディッキー行進曲」の会場風景、拍手していない人もいるのですね。
b0052286_20503614.jpg


演奏は2011年のメストの指揮ぶりと比べると、スマートさに劣りますが、二人の年齢の差を考えると仕方ありません。十分にすばらしい指揮ぶりで、楽しめました。

音はDTS HD Master Audio の音源で聴きましたが、BS放送より弦楽器の音が美しく聞こえ優秀な録音だと思います。

このDISKは1週間ほど前に手に入れていたのですが。風邪をこじらせて、オーディオのSWを入れる気が起きなくて遅くなりました。
by katyan4 | 2014-03-02 20:59 | 今日の一枚 | Comments(2)

LP/ステレオ/グラモフォン 録音1959年6月20~22,28日 ウィーン ムジークフェラインザール
b0052286_22123082.jpg


この間、タダでいただいてきたLPレコードの中の一枚です。

b0052286_22174832.jpg


今日は、ELPのレーザー・ターンテーブルで聴きました。ぷつぷつノイズは多いのですが、自然な音で歪が少なく、落ち着いて音楽を楽しめました。。

1959年録音ですから、アナログ録音ですが、艶のあるチェロの音と、輝かしいピアノの音で、満足できる音でした。
by katyan4 | 2014-02-12 22:19 | 今日の一枚 | Comments(0)

今日の40枚 CD BOX ドイツ・グラモフォン
Westminster Legacyと名前がついたBOX Setは韓国版が2セット発売されていますが、これは、ドイツ。グラモフォン版です。
b0052286_2133853.jpg

b0052286_214044.jpg


全てオリジナルジャケットで、、
ステレオ録音は
スメタナ四重奏団のベートーヴェン、
レーウェンタールのラフマニノフ、
レイボヴィッツの幻想交響曲、
モリーニのブラームス&チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲、
クナッパーツブッシュのブルックナー第8番&ワーグナー、
シェルヘンのベートーヴェン『英雄』『田園』『かんらん山のキリスト』&ハイドン『告別』『軍隊』&マーラー『復活』&ベートーヴェン『ウェリントンの勝利』&バッハ:ロ短調ミサ&モーツァルト:レクィエム、
モントゥーの第九&『ロメオとジュリエット』、
ボールトの『惑星』、
バレンボイムのモーツァルト:ピアノ協奏曲第22番、
スメタナ四重奏団とヤナーチェク四重奏団のメンデルスゾーン弦楽八重奏曲、
ヤナーチェク四重奏団のラズモフスキー第2番、
ヨーロッパ弦楽四重奏団のドヴォルザーク、バドゥラ=スコダの『さすらい人』など。  
モノラル録音は
エゴン・ペトリのハンマークラヴィーア、
シェルヘンのグリエール交響曲第3番『イリヤ・ムロメッツ』&ベートーヴェン第2・4・8番&マーラー『巨人』、
ラインスドルフのモーツァルト39・40・41番、
ロジンスキーのチャイコフスキー第4番、
ハスキルのモーツァルト&スカルラッティ、
アマデウス四重奏団のモーツァルト、
デムスのフランク&フォーレ、
ブリームのスパニッシュ・ギター作品集、
ユリナッチの女の愛と生涯、
シモノーのデュパルク歌曲集、
コンツェルトハウス四重奏団のシューベルトなどが収録されています。

韓国版のBOX setは高音がきつく感じるものが多かったのですが。このBOX setは聞きやすくバランスの取れた音のものが多いようです。
by katyan4 | 2014-02-11 21:11 | 今日の一枚 | Comments(0)

”追悼”クラウディオ・アバド 第2弾
LP 2枚組/ドイツグラモフォン/1980年
b0052286_22172026.jpg

レコードケースを探していると、アバドのレコードが有りました。ドイツグラモフォン2枚組のマーラー交響曲第6番です。
 これもあまり針を通していないためか、ドイツ版だからなのか、弦の音がとてもきれいに再生されます。低音もバランスよく録音されており、ボリュームをうんと上げて聞くと満足できる音が出ます。
 
by katyan4 | 2014-01-25 22:07 | 今日の一枚 | Comments(0)

”追悼”クラウディオ・アバド
b0052286_216183.jpg

LP/グラモフォン/1977年シカゴ・オーケストラ・ホール

バルトーク=ピアノ協奏曲第一番(1926年)
        ピアノ協奏曲代二番(1930/31年)

マウリツイオ・ポリーニ(P)
シカゴ交響楽団
指揮:クラウディオ・アバド


 指揮者クラウディオ・アバドさんが亡くなられたと聞いて、レコードを探してみました。ちょうど私がLPレコードを集めていた頃には、あまりアバドのレコードを買っていなかったようで、なかなか見つかりませんでしたが、ようやく一枚あったのがこのレコードです。
 同じミラノ生まれのポリーニとの共演です。

 あまり聞くことのなかったレコードだったようで、雑音もほとんどなくきれいな音で再生されましたが、この頃のブラモフォンの音らしく、低音が少しさびしい音ですが、ピアノの音は華麗に響きます。
by katyan4 | 2014-01-24 21:19 | 今日の一枚 | Comments(0)

LP/eurodisc/1971
b0052286_22211542.jpg


1面
トレッリ=トランペット協奏曲ニ長調
ガルッピ=二つのホルンのための協奏曲ニ長調
       二つのホルンのための協奏曲ヘ長調
テレマン=ホルン協奏曲ニ長調

2面
L.モーツアルト=協奏曲ニ長調
モーツアルト=行進曲ニ長調KV249
三つの行進曲KV408
六つのドイツ舞曲

ヘルムート・コッホ指揮/ベルリン室内管弦楽団
ウィリー・クルーグ(トランペット)、ペーター・ダーム(ホルン)


バロック~モーツアルトの管楽協奏曲を集めた一枚です。

管楽器の音はよい響きで楽しめました。弦の音は硬めの音ですが、厚みのある低音とのバランスがとれた音で、好録音だと思います。
by katyan4 | 2014-01-23 22:35 | 今日の一枚 | Comments(0)

NHK BS プレミアムシアター録画/2014年1月20日放送

<演 目>
1.広島の犠牲者に捧(ささ)げる哀歌
2.バイオリンとコントラバスのためのデュオ・コンチェルタンテ
b0052286_21561233.jpg

3.3つのチェロとオーケストラのためのコンチェルト・グロッソ
b0052286_21563990.jpg

4.クレド
b0052286_2157968.jpg

(以上、クシシュトフ・ペンデレツキ)

<出 演>
バイオリン: アンネ・ゾフィー・ムター(2曲目)
コントラバス: ロマン・パトコロー(2曲目)
チェロ: ダニエル・ミュラー・ショット(3曲目)
     アルト・ノラス(3曲目)
     イヴァン・モニゲッティ(3曲目)
ソプラノ: イヴォナ・ホッサ(4曲目)
     エヴァ・ヴェシン(4曲目)
メゾ・ソプラノ: アグニェシュカ・レフリス(4曲目)
テノール: ラファウ・バルトミンスキー(4曲目)
バス: ニコライ・ディデンコ(4曲目)

<合 唱>
ポーランド国立歌劇場合唱団
ワルシャワ・フィルハーモニー合唱団
ワルシャワ少年合唱団

<演 奏>
シンフォニア・ヴァルソヴィア

<指 揮>
クシシュトフ・ウルバンスキ(1曲目)
シャルル・デュトワ(3曲目)
ワレリー・ゲルギエフ(4曲目)

収録:2013年11月23日
ポーランド国立歌劇場(ワルシャワ)


 作曲家ペンデレツキの名前は知っていましたが、ほとんど聞いたことがありませんでした。昨日録画しておいた放送を今日聴いて見ましたが、とても素晴らしい曲ばかりでした。これからペンデレツキの曲を聴いていきたいと思います。
この放送は画像も音(5.1CH)もよく録れています。
by katyan4 | 2014-01-21 21:57 | 今日の一枚 | Comments(0)

LP/1976年6月25日ウィーン、ムジークフェラインザールで録音
b0052286_20322734.jpg

ポリーニ34歳、ベーヌ82歳の時の録音です。
レコード棚の一番奥のほうにあったレコードです。多分30数年ぶりにレコードの針を落としたのではないかと思います。
ポリーニの若々しい演奏と82歳とは思えないベームの指揮でした。
音はさすがにあまり良くはありませんが、ポリーニのピアノの音は輝かしい音がしています。
by katyan4 | 2014-01-20 20:32 | 今日の一枚 | Comments(0)

CD/GRAND SLAM RECORDS
b0052286_2361490.jpg

ブルーの・ワルター指揮コロンビア交響楽団演奏のマーラー/交響曲第8番「巨人」は定評のある名演奏ですが、マスターテープからダビングした38cm2トラックテープからの復刻版だそうです。
b0052286_231061.jpg


高域のテープノイズと冒頭に高域のチリチリという雑音があったり、音が少し揺らぐようなところはありましたが、とても聞きやすく、高域はすっきりと響き、大太鼓の低音も豊かで、バランスのよい音です。
by katyan4 | 2014-01-17 23:06 | 今日の一枚 | Comments(0)

東芝EMI株式会社、RM方式4chレコード

b0052286_2164470.jpg


 1972~1973年に録音された有名な曲ですが、このレコードはマトリックスRM方式の4CHのレコードです。
RM方式のデコーダーは買った記憶がありませんので、多分山水のSQ方式のデコーダーで聞いていたのだと思います。
 
 冒頭の心臓の音、途中でけたたましく鳴り響く目覚まし時計の音、ジェット機の音など音響効果満点のA
面は何回も再生したようで、少し歪っぽく再生されますが、ほとんど聞かなかったB面はとても綺麗な音でした。

 CD版と比べると少し迫力が落ちる感じがしますが、ボリュームをいっぱいに上げると、なかなかの迫力でした。
by katyan4 | 2014-01-15 21:14 | 今日の一枚 | Comments(2)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31