「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:装置・その他( 89 )

 昨年、レーザーターンテーブルを発売しているエルプの創始者である、千葉三樹さんが亡くなられました。ご冥福をお祈り申し上げます。
 私は長年レーザーターンテーブルを愛用していますが、しばらく調整に出していなかったためか、動作がやや不安定になり、使用頻度が少なくなっていました。音質も少し大人しすぎて物足りない感じもありました。

 12月になって、千葉三樹さんの追悼の意味もあったのか、レーザーターンテーブルのヴァージョンアップを50%割引で行うとの手紙が舞い込みましたので、思い切ってヴァージョンアップを申込みました。
 
 50%割引と言いましても、エクスクルーシヴのレコードプレーヤーP3の中古を買うくらいの出費が必要でしたが・・・

 今週の月曜日にようやくヴァージョンアップに送っていたレーザーターンテーブルが帰ってきました。
b0052286_2265817.jpg


 早速、フォノイコライザーははKORCのDAC-1に接続(DSD 5.6Mに変換してそのまま録音も可能)して、キャリブレーションレコードでキャリブレーションを行ったあと、LPを再生してみました。カール・ベーム指揮バイロイト音楽祭管弦楽団の演奏でワーグナー(フィリップス)です。
 以前より低域が豊かになり、高域も繊細で美しい音が出てきました。ヴァージョンアップの効果は有ったようです。
b0052286_225195.jpg


 次に重量版180gのLPをかけてみますと、右と左の音がそれぞれ隣のトラックから再生され変な音になります。200gの重量版はエラー表示が出て、初めから再生不能になりました。レコードの厚さ0.数ミリの差でエラーが出るようです。

 そこで、キャリブレーションレコードの厚さを擬似的に厚くしてみれば良いのではと考え、キャリブレーションレコードの下に名刺を置いて再度キャリブレーションを行いました。
b0052286_2272650.jpg
 
b0052286_2274189.jpg



 すると、200gのLPも無事に再生可能となりました。
b0052286_2239457.jpg

{ラトル・ベルリンフィルのダイレクトカッティング ブラームス交響曲全集です。)

これで、LPを楽しむ時間が増えそうです。


by katyan4 | 2017-01-26 22:09 | 装置・その他 | Comments(0)

2016年の機器構成の変遷
 今年一年、難聴が少しずつ進行する耳に少しでも良い音に聞こえるようにと、色々変更した一年間でした。
 Dayton Audio AMTPRO-4 エアーモーション(ハイルドライバー)を縦にしたり、横にしたり、ショートホーンをつけたり、最終的に6個のユニットを半円形に配置して良い結果が出た感じです。
中低音ホーンを、Fostex FE208EΣに変更して見ましたが、あえなく失敗。
パワーアンプ群を管球アンプに変更して、良い音になったかな・・と思っていたのですが、デジタルアンプに戻してみたところ、こちらの方がスッキリ爽やかに聞こえます、今まで何をしていたのかとガッカリ!!。


本日(12月31日)の機器構成です。
b0052286_17512726.jpg


LPレコード再生機器

パイオニア EXclusive P3+シュアーV-15Ⅴ(JICOのサファイヤカンチレバー)→KORG DAC-10Rのフォノ入力
ELPのレーザーターンテーブルはバージョンアップに出しています。帰ってくるのが楽しみです、。
b0052286_1751277.jpg

b0052286_1782768.jpg


PC-Audio

自作デスクトップPC (Win10/ i7-4770 / 16GB / 1TB / BD /)
KORG DAC-10R アナログ出力
再生ソフト iTune、TuneBrowser,KORG AudioGate 4
b0052286_1792813.jpg


CD・SACD再生

SONY XA5400ES
(HDMI出力)

ブルーレイ・レコーダー

Panasonic DMR-BWT3100
(HDMI出力)

ユニバーサルプレーヤー

OPPO BDP-103D
(HDMI出力)

4Kチューナー 

SONY 4K MEDIA PLAYER FMP-X7
b0052286_17102910.jpg


AVコントロール・アンプ
ヤマハ AV PRE-AMP CX-A5100 
ドルビーatmosの再生が可能な。AVプリアンプです。。
b0052286_17123233.jpg


サラウンドSP・フロントハイ スピーカー
Classic Pro CSP8,CSP6
 ヤマハ CA\5100⇒AMCRON CT875 8CHデジタルアンプで駆動
 安物のスピーカーで、キャビネットはプラスティック聖で共振が少なく、素直な音。
b0052286_17133371.jpg


センタースピーカー

FLYING MOLE DAD M310(デジタル・モノ・アンプ)⇒ AR CS25H0 2個(12cmアルミコーン×2+ソフトドーム)
古くなって周囲のウレタンにヒビが入っており、カビが生えているよおにも見えます(笑)
音楽を聴くときには無い方が良いようですが、映画を見るときには音を出したほうが良い感じです。

b0052286_17403021.jpg

b0052286_17313757.jpg


フロント・スピーカーシステム

マルチチャンネルアンプ方式 4WAY+サブウーファーの構成です
b0052286_17264496.jpg


0.1CH用スピーカー

Fostex 80cmウーファー、壁バッフル
現在お休み中です。
b0052286_17143360.jpg

(サブウーファー)

YAMAHA CA^5100のサブフーファー出力⇒Classic ProCP4100(ブリッジ出力(4ohms):560W×2) ⇒JBLW15GTi
b0052286_17363923.jpg

b0052286_17155735.jpg


分割フィルタ-・アンプ

アキュフェーズDF-43を使用しています。アナログチャンデバからデジタルチャンデバに戻しました。中低音ホーンを使おうとすると、デジシャンのディレイ機能がどうしても必要になるからです。
b0052286_171654100.jpg


低音 ~240Hz/24db/oct

SONY FA-1200ES⇒YAMAHA JA-3882Bダブル・バスレフBOX
b0052286_17525244.jpg

b0052286_17175134.jpg


中低音 224Hz/24db/oct~710Hz/24db/oct
SONY TA-F501⇒BMS4592MD+エール音響の折り曲げホーンEX-150M
(BMS4592MDはネオジウムマグネットのドライバーでカタログ上では200Hzまでのレスポンスがある)
b0052286_17531679.jpg

b0052286_1718404.jpg


中高音 710HZ/24db/oct~6300HZ/12db/oct


SONY TA-F501⇒ Dayton Audio AMTPRO-4 エアーモーション(ハイルドライバー)方式 6個半円状配置
b0052286_17193413.jpg


高音 16kHz/12db/ict~

SONY TA-F501⇒EALC リング・リボンTW CL4Pi-Plus 改)
私の耳にはあまり聞こえませんが、耳の良い人が来訪された時のために。)
b0052286_17203956.jpg


プロジェクター


4K対応プロジェクターSONY VPL-VW1100ES
 ランプの寿命が来ましたので、交換しました。
b0052286_17213997.jpg

昨年末から変更があったのは

①分割フィルターアンプをデジタルフィルターアンプ DF-43 に変更
②パワーアンプ群をデジタルアンプに変更
③中高音をDayton Audio AMTの6個半円状の配列に変更
④コントロールアンプをYAMAHA CDF-5100に変更

中高音をハイルドライバー方式のDayton Audio AMT6個半円状配列に変更しました。これによって高域難聴の耳でも高音がより美しく聞こえるようになり、音楽を聴く楽しみが増えたようです

2016年はアナログ方式のチャンデバと管球式パワーアンプに懐古していたのですが、デジチャンとデジタルパワーアンプに戻ってしまいました(笑)。一年間何をしていたのでしょうね・・・

皆さん良いお年をお迎えください。そして、死ぬまでオーディオを楽しみましょう(笑)
by katyan4 | 2016-12-31 17:33 | 装置・その他 | Comments(0)

JICO日本精機宝石工業から、カンチレバーにサファイヤを使用した neo SAS/s針 が発売になりましたので、早速注文しました。注文したのは、シュアーのV-15Ⅴの買え針です。

今日、出張から帰ってみると届いていました。

b0052286_2255350.jpg

b0052286_22553025.jpg
b0052286_22554420.jpg
b0052286_225619.jpg


微小で白色の円柱に微細な針が付いているのがどうにか見えます。

ずっと昔に、ダイナヴェクターというMC型カートリッジにカンチレバーがサファイヤやルビーのものが有り、使った記憶があります。素直なクセのない音だったと記憶しています。

今日は、もう遅い時間なので、音を聞くのは明日にしましょう。
by katyan4 | 2016-10-23 23:01 | 装置・その他 | Comments(0)

 このところ高域難聴が進んだためか、高域の音が美しく聞こえなくなりました。これまではトランジスターアンプによるデジタル伝送マルチアンプ方式を行っていましたが、諦めて、高齢者にふさわしいかもと思い、真空管式のマルチアンプ方式に切り替えました。これからあまり長くは働けないだろうし、孫の教育費にも少しは蓄えを残さなくてはいけませんので、中華アンプや自作アンプなどでエコノミックに取り揃えてみました。
b0052286_2118576.jpg

左から個人制作の6080OTLアンプ、中央がEL34PP中華アンプ、右が845シングル中華アンプ、左上が6L6シングル・キットアンプです。

スピーカーシステムです。
b0052286_21182124.jpg


 低音は608OTLアンプで、YAMAHA JA-3882Bダブル・スリットバスレフBOXを鳴らしています。250Hz以下を受け持たせています。この6080OTLアンプは低域までよく伸びた豊かで柔らかい音なので、私のお好みのアンプです。

中低域は、EL34PPアンプでBMSのドライバー4592MDをエール音響の折り曲げホーンEX-150Mに装着して鳴らしています。長いホーンなので、アキュフェーズのデジチャンで振動板の位置を音響的には出来るだけ合わせています。受け持ち帯域はは250Hz~1kHzです。

中高音は845シングルアンプでDayton Audio AMTPRO-4 エアーモーション(ハイルドライバー方式)を鳴らしています。このシステムの音質を決める帯域となります。受け持ち帯域は1kHz~8kHzです。

高音は6L6シングルアンプでDaytonAudioのAMT-4エアーモーション(ハイルドライバー方式)TWを鳴らしています。このアンプは少しひ弱な感じなので、300Bシングルアンプ等が欲しいところです。受け持ち帯域は8kHz以上です。
 一番上に乗っているエラックのリング・リボンTWは使っていません。

これに加えてサブウーファーとして、JBL W15GTiを2個使うことにしました。Fostexの80cmはお休みとしました。といいますのは、デンジャラスな最低音を再生しますとボイスコイルが底を打って、ゴリゴリといった音が出ることがあるのです。JBLW15GTiは±3cmのストロークが取れる設計となっており、大入力を加えても大丈夫です。
b0052286_21203786.jpg


これを鳴らすアンプは大出力のアムクロンZ!(500W×2)を「使いました。これだけははトランジスタのアンプになります。
b0052286_21205281.jpg


各スピーカーのレベル位相を合わせて、YAMAHAのAVアンプで少し周波数特性を調節しました。

左CHの特性です。(SWに両CH分の信号が入りますので最低域が上昇しています。)
b0052286_21213377.jpg


右CHの特性です。
b0052286_21215772.jpg


左右の特性を重ね合わせてみました。よく揃っているようです。
b0052286_21221739.jpg


両CHの特性です。(やはりSWのレベルが上昇気味ですが、デンジャラスな最低音を出すには、もっとレベルを上げる必要があります。
b0052286_21224291.jpg


両CHの歪特性です。845シングルアンプの受け持ち帯域の2次高調波歪(青色の線)が多くなっています。グラフでは歪と雑音は40db高く表示されていますので、ひずみ率約1%です。
b0052286_2123844.jpg


 この2次高調波歪が多いことが、高域難聴の私の耳に艶のある美しい音に聞こえる原因ではないかと思います。少しキラキラしすぎて華やかすぎるように感じることもあるのですが、音楽が楽しめるので良いのではないかと思っています。
by katyan4 | 2016-07-06 21:29 | 装置・その他 | Comments(2)

2015年末の機器構成

本日(12月30日)の機器構成です。
b0052286_1313152.jpg



LPレコード再生機器

パイオニア EXclusive P3+シュアーV-15Ⅴ→KORG DAC-10Rのフォノ入力
b0052286_11363755.jpg

b0052286_11364996.jpg


PC-Audio

自作デスクトップPC (Win10/ i7-4770 / 16GB / 1TB / BD /)
KORG DAC-10R アナログ出力
再生ソフト iTune、TuneBrowser,KORG AudioGate 4
b0052286_11373883.jpg



CD・SACD再生

SONY XA5400ES
(HDMI出力)

ブルーレイ・レコーダー

Panasonic DMR-BWT3100
(HDMI出力)

ユニバーサルプレーヤー

OPPO BDP-103D
(HDMI出力)

4Kチューナー 

SONY 4K MEDIA PLAYER FMP-X7
b0052286_11392490.jpg



AVコントロール・アンプ

YAMAHA RX-A3050
b0052286_11395244.jpg

ドルビーatmosの再生が可能です。

サラウンドSP・フロントハイSP

Classic Pro CSP8,CSP6
YAMAHA RX-A3050のスピーカー端子に接続
b0052286_11411028.jpg


0.1CH用スピーカー

Fostex 80cmウーファー、壁バッフル
YAMAHA RX-A3050のアナログ出力→CROWN Z1をBTL接続で使用
b0052286_11414244.jpg

b0052286_11421020.jpg


フロント用 パワーアンプ群およびフロントスピーカーの構成



b0052286_11431097.jpg

b0052286_11432940.jpg


分割フィルタ-・アンプ


Behringer SUPER-X PRO 2台で、 低音、中低音、中高音、高音をアナログ出力
b0052286_11454626.jpg
           

">低音 40Hz~214Hz


真空管アンプ(6080 OTL)→ YAMAHA JA-3882Bダブル・バスレフBOX
b0052286_11461860.jpg
 
b0052286_11463075.jpg


中低音 214Hz~1500Hz

真空管アンプ(YAGIN MC-10 EL34PP)→BMS4592MD+エール音響の折り曲げホーンEX-150M
(BMS4592MDはネオジウムマグネットのドライバーでカタログ上では200Hzまでのレスポンスがある)
b0052286_1147744.jpg

b0052286_11472119.jpg


中高音 1500Hz~7000Hz

真空管アンプ(6080 OTL) ⇒ Dayton Audio AMTPRO-4 エアーモーション(ハイルドライバー)方式 2個直列接続
b0052286_11483629.jpg


高音(7000Hz以上

SONY FA1200ES→EALC リング・リボンTW CL4Pi-Plus 改)
CL4Pi-Plus 改の能率が非常に低いので、出力の大きなデジタルアンプを使っていますが、私の耳にはあまり聞こえません。
b0052286_11515668.jpg

b0052286_1152970.jpg


プロジェクター


4K対応プロジェクターSONY VPL-VW1100ES
b0052286_11525964.jpg


昨年末から変更があったのは

①分割フィルターアンプをアナログフィルターアンプで4wayに変更
②低音、中低音、中高音を駆動するパワーアンプを真空管に変更
③中高音をDayton Audio AMTに変更し加え4wayにする
④コントロールアンプをYAMAHA RX-A3050に変更
⑤フォノイコライザーをKORG DAC-10R+AudioGate4に変更
⑥オーディオ用PCをASUS M51AD デスクトップPC⇒自作デスクトップPC (Win10/ i7-4770 / 16GB / 1TB / BD /) に変更



フロントスピーカーは低音、中低音、中高音、高音とアナログ式4wayにしました。
中高音をハイルドライバー方式のDayton Audio AMTに変更しました。これによって高域難聴の耳でも高音が美しく聞こえるようになり、音楽を聴く楽しみが増えたようです。

AVコントロールアンプをYAMAHAのYAMAHA RX-A3050変更し、最新のサラウンド効果を聴くことが出来るようになりました。音質も明るい張りのある音になったようです。

2016年はデジタル式分割式フィルターアンプとデジタル。パワーアンプに別れを告げ、アナログ式分割フィルターアンプと真空管式パワーアンプを導入し、音が一変しました。
この音にほぼ満足していますので、来年は変更なしになるのではないかと思います(??)

皆さん、良いお年を!!
by katyan4 | 2015-12-30 12:03 | 装置・その他 | Comments(4)

KORG DAC-10R

KORG DAC-10Rを導入しました。
b0052286_2135265.jpg

DAC-10との変更点は沢山あります。まず外観がメタリックとなっており、イヤフォーン用のボリュームの付け根が、扱っているサンプリング周波数によって変わるようになっています。44.1/48kHzは緑、88.2/96kHzは紫、176.4/192kHzは白、DSD 2.8MHzは水色、DSD 5.6MHzは青

背面と底面は銅板になっています。
b0052286_2142889.jpg

b0052286_2144137.jpg


デジタル出力端子は無くなっており、その代わりと言ってはなんですが、フォノ入力(ライン入力と切替可能)が付いています。AudioGate4を使うと、録音 / 再生ともに、DSDなら5.6MHz、2.8MHz、PCMなら最大192kHz/24bitのフォーマットに対応しています。デジタル式のフォノイコライザーで、一般的なRIAA以外にも5種類のカーブへの対応を可能にし、録音時に掛け録りするだけでなく、そのまま入力 / 録音したレコード盤の原音に後掛けすることもできます。
b0052286_2151637.jpg


ADコンバータには、1-BIT STUDIOレコーダーMR-2000Sと同じPCM4202(TI製)を採用。プロの現場でも多数使用させているレコーダーと同じクオリティにこだわりました。フォノ アンプのプリ段回路にはOPA1662(TI製)、薄膜高分子積層コンデンサ(PMLCAPR/Rubycon製)などの高性能パーツを使用し、フォノ・カートリッジの性能をフルに活かします。 また、DAコンバータは、MR-2000SやDS-DACシリーズと同じCS4398(Cirrus Logic製)
b0052286_2155286.jpg


ただ問題は、高性能なPCが必要(インテルR Core? プロセッサー・ファミリー 2.6GHz以上 (最大動作周波数)※Core i3 以上推奨※2.8MHz, 5.6MHz間のDSDリアルタイム変換再生には、3.1GHz以上が必要)なようで、今まで使っていたASUSのミニPC VIVOPC VM62N ( Win8.1 64bit / i3-4030U 1.9GHz/ 16GB / HDD 2TB / NVIDIA GeForce 820M)では能力的に不足があるようで、録音時に音が途切れ気味になります。
b0052286_2161673.jpg


 というわけで、オーディオ用のPCを以前に自作していたPC(Core i7-4770 3.6G)に変更しました。
b0052286_2174694.jpg


問題なく録音と再生が出来るようです。

音質などの関してはまだあまり聞いていないので断定はできませんが、DAC-10に比べて、一皮むけた良い音がするように思います。
by katyan4 | 2015-12-28 21:11 | 装置・その他 | Comments(0)

Behringerのアナログチャンデバ SUPER-XPRO CX3400をもう1台購入して、4WAYマルチアンプ構成にし、エラックのリング・リボンTWを接続することにしました。このTWを窓から投げ捨てるべきかどうかを確かめるためです(笑)
b0052286_195064.jpg

CX-3400を2台重ねにして、それぞれモノラル4WAYの設定にします。

エラックのリングリボンTWを約8kHzローカットの特性はこのようになります。
b0052286_19142740.jpg

この特性で音を出しても、私の耳にはほとんど聞こえませんでした。やはり投げスれなければいけないのでしょうか・・・・・

4WAYの右CHの特性です。
b0052286_19161146.jpg


4WAY左CHの特性です。
b0052286_19165767.jpg


4WAY両CHの特性です。
b0052286_19243119.jpg


高域は綺麗に20kHzまで伸びています。

音を聞いてみますと明らかに3WAYの音とは異なって聞こえます。高音の荒々しさが少なくなり、高音を低下させなくても、クラッシックが楽しめるようです。

エラックのTWを投げ捨てなくても良いようです。

AVーAMPの補正回路を働かせて広域を約2db低下させる User Referenceの特性です。
b0052286_1921311.jpg

by katyan4 | 2015-09-05 19:22 | 装置・その他 | Comments(1)

ZAOLLAオーディオケーブル

 ZAOLLAのオーディオケーブルは、芯線に99.9997%純銀導線を使ったケーブルで10年くらい前に一度使用したことがあります。一箇所に使ったときは、高域の音色がとても美しくなりましたので、これは素晴らしいと思い、大枚をはたいて、全経路をこれに変更したことがあります。結果はひどい音になりました。 香辛料は適量使うと味が良くなりますが、使いすぎるととても食べられない味になるのと通じるところがあるのでしょうね。
 もう一つ欠点がありました。RCAプラグ(オス)の中心のピンの長さが短く、アキュフェーズのアンプやチャンデバで接触不良となるのです。サウンドハウスのZAOLLAの商品説明に気に入らなければ、返品に応じると書いてありましたので、1ペアを残して返品しました。

最近、残していたZAOLLAをKORG DAC-10 のアナログ出力に使って、なかなか良い音に感じましたので、3フィート(90cm)のデュアルケーブルを2本注文しました。

ZAOLLAの構造はこのようになっています。
b0052286_21183249.jpg

芯線は99.9997%純銀導線の単線でシールドは無酸素銅を使ってあるようです。

中心のピンの長さは古いタイプより長くなっており、接触不良などのトラブルは無いようです。
b0052286_2121171.jpg

真ん中が古いタイプ、両側が新しいタイプです。

マイナス部はどちらも8分割されています。左側が古いタイプ、右側が新しいタイプ
b0052286_21225337.jpg

古いタイプはコネクターカバーを閉めることでマイナス部を締めつけるようになっていましたが、新しいタイプはそれが無くなり、代わりに厚くなって、抜けにくくしてあるようです。

コネクターカバーを外してみますと
b0052286_2128304.jpg

下が古いタイプ、上が新しいタイプです。どちらもしっかりした構造でハンダ付けも綺麗です。

KORGのDAC-10のアナログ出力と、フォノイコのアナログ出力に使ってみようと思っています。気に入った音になれば良いのですが。
by katyan4 | 2015-08-23 21:35 | 装置・その他 | Comments(2)

 TASCAM US-366を購入しました。
b0052286_10331729.jpg


少し前からLPレコードのデジタル化を試みているのですが、どうも満足のゆく結果が出ません。フォノイコライザーを何種類か試してみて、一番良いと思われたのは、ヤフオクで落札した、真空管式フォノイコライザーとELPのDeclikerを組み合わせたものでした。
b0052286_10384981.jpg


 ELP Declicher は、元々クリックノイズの多いレーザーターンテーブル用に作られたものですが、一般のプレーヤーに使用すると、クリックノイズが数分の一になるすぐれものです。高音が少し大人しくなり、低音も心持ち豊かになりますので、少し鮮鋭気味の音がする、真空管式フォノイコライザーと組み合わせるとバランスが取れた音になります。
 Declickerは、88.1kHz/24bitにA/D変換されたあと、ノイズ処理がされていますので、原理上デジタルアウトの信号をそのまま記録できれば良いわけです。

まずは、ヤフオクで安く落札したROLANDのUA-25EXで試してみました。DIGITAL INがあるのですが、どうしても、デジタル信号が録音ソフト(DigiOnSound5)に入力されませんでした。
b0052286_11354241.jpg

そのような訳で、TASCAM US-366を購入しました。

 ドライバー類は付属してなく、ネットでダウンロードするようになっていましたので、ダウンロードして、ちゃんと?PC上に認識され、操作パネルも表示されるようになりましたが、サンプリング周波数が41.2kHz/24bitのままで、変更ができません。2~3時間迷って、パネル面をよく見ると、ドライバーのバージョンは1.03で、ファームウェアのバージョンが1.01と表示されていました。
 そこでファームウェアを1.03にバージョンアップしてみますと、ちゃんとサンプリング周波数の変更か可能となり、入力デジタル信号の周波数と一致しました。

ファームウェアをバージョンアップした後のUS-366の設定パネル表示です。
b0052286_1130384.jpg


US-366のミキサーパネル表示です。
b0052286_1131163.jpg


この状態でLPをデジタル録音してみますと、元の音と殆ど差がないように聞こえます。
by katyan4 | 2015-06-22 11:34 | 装置・その他 | Comments(7)

JICO 漆塗りの交換針

2ヶ月ほど前に注文していた、JICO(日本精機宝石工業KK)の漆塗り交換針がようやく届きました。シュアーのV-15Ⅴの交換針VN5MRです。

説明書1
b0052286_2041795.jpg


説明書2
b0052286_202264.jpg


球型のケース(漆塗り?)に入っていました。
b0052286_2021286.jpg


早速カートリッジに取り付けてみますと
b0052286_2022125.jpg


実を申しますと、注文した時にはカンチレバーに漆が塗ってあるものと誤解していました。それならば、音質の変化があるかもしれないと思ったのですが、到着してみてみますと、プラスチックの部分に若草色の漆が塗ってあり、カンチレバーはボロンそのものの色でした(笑)。

早速、アームに取り付けてレコードを再生しました。
b0052286_2023780.jpg


音は、新しい針ですから、高域のよく伸びた繊細な音が再生されました。漆の効果は?


JICOの交換針は、説明書に記載してあるように、SAS針(楕円針、シバタ針よりレコード面に接すつ面積が大きな割に半径が極小の理想的な形状)、極小の針先チップ、ボロンカンチレバー、希土類マグネット等を使っていますので振動計の質量がオリジナルより小さくなっています。

その効果か、周波数特性はMM型の中高域が中だるみではなく、MC型に近いフラットな特性になっています。

参考までに、型番は違いますが、同じSAS針、ボロンカンチレバー、希土類マグネットを使った、N97XEの交換針の特性はこのような感じです。
b0052286_2025474.jpg

by katyan4 | 2015-06-12 20:03 | 装置・その他 | Comments(2)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31