「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:装置・その他( 89 )

気になっているiPhono

 アナログプレーヤーを再稼働して、レコードを聴いているのですが、今使っているローテルのフォノイコライザーアンプの調子が少し悪いのです。電源SWを入れても直ぐには音が出ず、数分間待たないといけません。どうも電源周りのコンデンサーでも悪くなっているようです。
 最近のフォノイコライザーアンプを探していて、気を引かれるものが見つかりました。

iFI-Audio.jpのi-Phonoです。
b0052286_10592064.png
b0052286_1059505.jpg


気を引かれた理由は
①高ダイナミックレンジ
  MMで96db、MCでも90db
②Class A TubeState
 管球AClass式増幅(管球を使っているわけではない)
③個別負荷設定
 ゲイン、負荷抵抗、負荷インピーダンスの切り替え
④イコライザー特性の切り替え
 5つのカーブを選択可能
⑤比較的安い
by katyan4 | 2013-05-31 11:04 | 装置・その他 | Comments(4)

PL-30Ⅱの小さな不具合

 PL-30Ⅱを使い始めて一日経ちました。安定してLPを再生できることと、少し高音にピークのあるMM型特有の音色に新鮮さ(?)を感じて、LPを取り換えひ換えして聞いていますが、少し気になることが2点。

一つは、カウンターウェイト取り付け部が垂れ下がっていることです。
b0052286_12572785.jpg

30年も経った物ですから、しかたないと思います。アームの動作には余り支障ないようです。

もう一つは、レコードの内周になるとカウンターウェイトがケースカバーに当たってしまうことです。
b0052286_1303913.jpg

ヘッドシェルをもっと軽いものにすれば良かったと思いますが、ケースカバーを開けたままにしておけば問題有りません。

RYO邸でのOFF会から帰ってきて、ヘッドシェルを軽量なaudio techica MG-10(マグネシウム合金製軽量シェル)に変えてみました。
b0052286_2101097.jpg


これで、カウンターウェイトが前方に移動しケースと干渉しなくなりました。
b0052286_211297.jpg

by katyan4 | 2013-05-26 13:03 | 装置・その他 | Comments(0)

 最近ELPのレーザープレーヤーの調子が悪いので、アナログ針付プレーヤーを再稼働してみました。

パイオニアのコンパクトなPL-30Ⅱです。
b0052286_16111582.jpg



カートリッジはシュアV-15Ⅴをaudio-technicaのヘッドシェルAT-LH13/OCCに付けています。
b0052286_16143051.jpg


シュアV-15Ⅴは昔々色々カートリッジを使ってみた経験では、一番トラッキングが安定して、音もまずまずだったので、これを使うことにしたのですが、変え針はオリジナルは手に入らないとのことで、日本精機宝石工業(JICO)のものを使いました。

音は調子の悪いELPに比べ、歯切れのよい元気のある音が出ています。

パイオニアのPL-30Ⅱはデザインが名器EXCLUSIVE P-3に似ていますが、1/10以下の値段でコンパクトな物です。しかしオートアームリフター等が付いており、結構調子よく動いています。付属のアームはオイルダンプ式でこれもちゃんと動作しているようです。

ヘッドシェルを買いに久しぶりに須之内テレビに行きましたが、社長と奥さんお二人共お元気そうでした。85歳と82歳になられたようです。頭もしっかりされており、お金の計算もちゃんと出来るのですよと自慢されていました。たしかにお釣りも間違いなくいただきました。ひょっとすると昔よりしっかりされているのでしょうか、以前には2回ほどお釣りが多すぎて返金したことがあるのですが(笑)。

アナログプレーヤーのカートリッジや部品の在庫も色々有るようで、シュアのカートリッジなら13gのヘッドシェルが良いとのことで、それを頂いて帰りました。

お店の中は相変わらず足の踏み場所もないような感じで品物がぎっしりと(中古が9割)詰まっていました。探せば掘り出し物があるのではないかと思います。
by katyan4 | 2013-05-25 16:26 | 装置・その他 | Comments(5)

2012年末の機器構成

正面
b0052286_2240018.jpg

後方
b0052286_22402599.jpg


コントロール機器

LPレコード再生機器

ELP レーザーターンテーブル
PC-ソフト SSC-Xのフォノイコライザー機能を使いRME FIREFACE UFXから19600kHz/24bitのデジタル出力
b0052286_22443318.jpg


PC-Audio

Windows7 PC
RME FIREFACE UFXからデジタル出力

CD・SACD再生

SONY XA5400ES
(HDMI出力)

ブルーレイ・レコーダー

Panasonic DMR-BWT3100
(HDMI出力)

ユニバーサル・プレーヤー

パイオニア BDP-440
(HDMI出力)

AVコントロール・アンプ

SONY TA-DA5600ES

AD変換

ベンチマーク ADC-1
 (TA-DA5600ESのフロント・アナログ出力を96kHz24bitのデジタル信号に変換します。)

サラウンドSP・フロントハイSP

Classic Pro CSP8,CSP6
TA-DA5600のスピーカー端子に接続

0.1CH用スピーカー用

TA-DA5600ESのアナログ出力→ローテルRA-1091→Fostexの80cmウーファーFW-800 
 RA-1091は出力500Wのデジタル モノAMP

センター・スピーカー

AR CS-25HO 上下2本
(TA-DA5600ESのセンタースピーカー端子より)

パワーアンプ部分
b0052286_22414229.jpg


分割フィルタ-・アンプ

Behringer DCX2496改 2台
 (デジタル入力→6CH分割→デジタル出力、低音と最低音だけはアナログ出力)

最低音50Hz以下

Classic Pro CP-4200→JBL W15GTi
CD-4200は200W×4CH アンプをブリッジ接続で使用しています。
DCX2496よりアナログ入力

低音 50Hz~230Hz

CROWN K2 →YAMAHA JA-3882B ダブル 後面半解放BOX
 (DCX2496よりアナログ入力)

中低音 230Hz~600Hz

SONY TA-F501→RADIAN950+エール音響の折り曲げホーンEX-150M
(DCX2496よりデジタル入力、RADIAN950は4インチ振動板ネオジウムマグネットのドライバー)
b0052286_22432822.jpg


中音 600Hz~2500Hz

SONY TA-F501→エレクトロヴォイスのドライバーDH1Aと、ホーンHP940
と、ホーンHP940
(DCX-2496よりデジタル入力、エレクトロヴォイスのドライバーDH1Aと、ホーンHP940
は3インチ振動板のドライバー)

中高音2500Hz~8000Hz

SONY TA-F501→パイオニア ED-915 + EH-351S
(DCX-2496よりデジタル入力,パイオニア ED-915 は2インチ振動板のドライバー)

b0052286_2244990.jpg


高音 8000Hz~

SONY TA-F501→Wavecor TW030WA02 シルクドーム ツィーターを4個直列 Line Array配列
(DCX-2496よりデジタル入力)


昨年末から変更があったのは
①フォノイコライザーをPCソフトSSC-XとRME UFXを使ったデジタル出力に変更
②中高音スピーカーをパイオニア ED-915 + EH-351Sに変更
③高音スピーカーを Wavecor TW030WA02 シルクドーム ツィーターを4個直列 Line Array配列に変更
④低音と中低音、サブウーファーのパワーアンプに変更

今年試みたことは、PCソフトSSC-Xをの分割フィルター機能と周波数特性補正機能を使ったことですが、それなりの音までは追い込めたのですが、途中でスキャンスピークの高音用ドライバーを痛めてしまったり、周波数補正機能を使って音を平坦化すると、好みの音ではなくなること、音の遅延が生じ、画像より音が遅れていることが感じられること、AVアンプを使ったサラウンドシステムの構成が困難になること等で断念し、フォノイコライザー機能だけを使うことになりました。このフォノイコライザーはなかなか優秀で、今までより高音がすっきりと伸び,低音も豊かに聞こえます。またクリックノイズも少なくなり、デクリッカーが必要なくなりました。
b0052286_22445437.jpg

あまり必要はないのですが、38種類のイコライザーカーブとサブソニックフィルターを選択できます。
b0052286_22451056.jpg


低音用のCROWN K2に変更して、低音の力強さが増したようです。
それ以外にもアムクロンのComTech DriveCore シリーズの中の75W×8chを SONY TA-F501に変更してみたのですが、音質がSONYに勝るところがありませんでしたので、元に戻しています。

2012年は仕事が変わった事もあり、基本的な変更は有りませんでした。来年はどうなりますか。
by katyan4 | 2012-12-31 22:56 | 装置・その他 | Comments(1)

病院のシステム

 Pogoplugの容量無制限のクラウドサービスを申し込んで約2週間ようやく230GBの音楽ファイルがバックアップできました。
b0052286_19204825.jpg

全部のファイルがバックアップ出来るまでには、まだ3カ月くらいかかる勘定になります。
でも、Pogoplugのバックアップ機能はなかなか優秀で、病院で使っているドキュメントフォールダー内のファイル程度であれば、更新追加したファイルが自動的瞬時にPogoplug Claudにバックアップされますので、普通の業務に使用する限り転送スピードが遅いとは感じません。膨大な量の音楽ファイルだから転送が遅く感じるのでしょうか。
 さて、ある程度バックアップが出来ましたので、その音楽ファイルを病院の私の部屋で聞くことができるようになりました。
 再生には、私のPogoplug Claudフォールダーに、 Webアクセスすれば音楽ファイルを再生して聞くことが可能です。
b0052286_19304015.jpg

スピーカーはオークションで3000円で落札した、バーリンガーのMS-16というパワード・スピーカーです。
ドイツのメーカーで中国製のもののようですが、小音量で聞く限りはなかなか良い音がします。
スピーカーの置き台は日本産のヒバの木を使ったもので、一個1580円でした。
b0052286_19365236.jpg


部屋の外に漏れない程度の音量で聞くには、これで十分な感じです。
右左逆に置いていますが、コードが2本見えるのが嫌なのでこのように置きました。左右の定位等気にしながら聞くわけではありませんので。
by katyan4 | 2012-12-07 19:38 | 装置・その他 | Comments(0)

SSC-X 悪戦苦闘

先週の金曜日、下記のものが揃いました。

SSC-X4 「サウンドステージ コンダクター」 4Wayバージョン
Lenovo G580 26897JJ
RME Fireface UFX
Yケーブル フォンS(M)ーピン(F)×2 2本
ケーブル XLR(オス)-TRSフォン 2本
ケーブル XLR(オス)-XLR(メス) 2本

RME FireFace UFXのアナログ出力は、XLR、TRSフォン、ステレオフォンの3種類ですので、ケーブルも各種取り揃えなくてはいけません。
b0052286_20174870.jpg


RME Fireface UFXにケーブルを接続した様子です。
b0052286_20191667.jpg
b0052286_20192591.jpg

前面のイヤフォーーンジャックがアナログ出力(9,10,11,12)になっていますので、前面にコードを接続する必要があります。

PC はノートPCLenovo G580 26897JJです。
b0052286_2042167.jpg


手持ちのPCは全部能力不足で使えませんので、価格コムで一番安いものを探しましたら、この機種になりました。安くても結構性能は良く、下記の仕様になっています。

液晶サイズ:15.6インチ CPU:Core i7 3520M/2.9GHz/2コア メモリ容量:4GB HDD容量:500GB OS:Windows 7 Home Premium 64bit)

設定は、苦労しました。RME Fireface UFXの設定が非常に分かりにくいのです。途中でハウリングを起こしたりすると、自動的に出力がカットされるようで。音が全然でなくなり、パワーアンプが昇天したと勘違いしたりしたがら、悪戦苦闘、ようやく今日の午前中に一応設定が完了?しました。

分かりにくいRME Fireface UFXのミキサー画面、マイクロフォンのファントム電源のON画面を見つけるのに2時間以上かかりました。(笑)
b0052286_20324997.jpg


とりあえず、最低音、低音、中音、高音の4Way構成で調節してみました。遮断特性を、始めは試みに120db/octにしてみたのですが、何か落ち着きのない音になりましたので、常識的な特性にしました。
b0052286_20373347.jpg


このような補正カーブになります。
左CH
b0052286_20385058.jpg

右CH
b0052286_2039991.jpg


補正後の周波数特性です(視聴位置です。)
右CH
b0052286_20393267.jpg

左CH
b0052286_20405557.jpg


20~20000Hzが、ほぼフラットの見事な特性(グラフ上は)になります。
群遅延特性やインパルス特性を確認する時間がありませんでしたが、この特性で音を聞いてみました。

このように高音までフラットな特性にすると高音がきつくなり、一般的には1000Hz以上をー3db/octで低下させる必要があるのですが、このままの特性で聞いてみましても全然高音がきつくなく豊かで余裕のある音が出てきました。いい気持ちで大音量で聞いていましたが、途中で何か高音が物足りなく聞こえだしました、高音スピーカーの近くに耳を持っていって聞いてみますと、音が出ていません。あまり大きな音を出しすぎたのでしょうか(笑)。
by katyan4 | 2012-11-04 20:45 | 装置・その他 | Comments(9)

 このソフトを使っておられる、Oさんに教えていただきました。
このソフトには、周波数補正だけではなく、群遅延特性の補正とインパルス特性の補正という、機能が有るそうです。
 次のような画像を送っていただきました。

周波数特性、群遅延特性とインパルス特性補正前
b0052286_10135169.jpg


周波数特性、群遅延特性とインパルス特性補正後
b0052286_10145190.jpg


白い線が周波数特性、緑の線が群遅延特性、赤い線がインパルス特性です。見事に補正されています。

群遅延特性の補正は、最近のAV-AMPではその機能がついているものがありますが、インパルス特性の補正は、MFBスピーカー以外では見たことがありませんでした。
by katyan4 | 2012-11-02 10:20 | 装置・その他 | Comments(0)

ipadでの音楽鑑賞

 仕事合間にipadで音楽を観賞しようと思い、イヤーフォーンを購入してみました。
ずっと昔、学生時代は4畳半の下宿生活でしたので、大きな音は出せず、STAXのイヤースピーカーで音楽を聴いていました。コンデンサー型の音響的には開放型のイヤーフォーンでした。
 密閉型やインナー型のイヤーフォーンはあまり好きでないので、開放型の物を探しました。SONYの新発売のMDR-MAシリーズが目につきました。4種類、値段の差にして15倍もあるのですが、ためしに一番安いMDR-MA100を選んでみました。アマゾンで1700円くらいで買えます。
b0052286_13423457.jpg

透かして見ると同心円状のスリットがはいり、外の音はよく聞こえます。
b0052286_13435186.jpg

耳にあたる部分は後方は耳介がすっぽりと入りこむようになっています。
b0052286_13454964.jpg


使ってみた感想は、①まず軽い(約200g)、②耳が蒸れない、③外の音がよく聞こえることです。
①の軽いことはイヤーフォーンを使うことで重要なことです。②の耳が蒸れないことは、これからの夏場には重要なことで、開放型のこの機種は外気との交通が良いためか、ほとんど蒸れた感じがしません、同じ開放型のSTAXの場合は構造上外気との交通が無いため、夏場には使えなかったと記憶しています。その頃は冷房がなかったためでもありますが。
③の外の音がよく聞こえることは騒音の多い場所で使う場合は欠点となりますが、私の場合には長所となります。ノックの音が聞こえなければ困るのです。

 肝心の音ですが、値段を考えると驚異的に良いといえます。どの音域にも強調感の無い穏やかな音で、室内楽等の観賞には不満が出ません。
 
 JAZZのベースの音を聞いてみますと、開放型とは思われない程素直に低音が伸びています。
一番高価なMDR-MA900はもっと良い音がするかもしれませんね。
by katyan4 | 2012-06-11 14:40 | 装置・その他 | Comments(2)

アース工事

  ホームセンター(ダイキ)に行き、50アース棒3本と30cmア-ス棒2本を買ってきました。50cmの物5本ほしかったのですが、在庫が3本しか無く、仕方なく30cmが2本になったのです。
 約1m間隔で地面に打ち込みました。
b0052286_16421324.jpg

30cmの物は簡単に打ち込めましたが、50cmのものは最後の20cmは大変でした。岩盤にでもなっているのでしょうか。
 全部で20本くらい打ち込んだら、接地抵抗10Ωが達成できるでしょうか。
by katyan4 | 2012-01-26 16:49 | 装置・その他 | Comments(5)

 今までは、SONYのAV-AMP DA-5600ESのアナログ出力を、ベンチマークのA/Dコンバーターでデジタル変換して、BehringerのチャンネルデバイダーDCX-2496へデジタル入力していたのですが、最近高域のひずみ感が気になっていました。アンプを交換したり、中高音や高音のドライバーを変更したりしましたが、改善されませんでした。
 デジタル変換とデジタル伝送が原因かと推定し、アナログ伝送にかえることにしました。
SONY  DA-5600ESのアナログ出力はピンで、BehringerのチャンネルデバイダーDCX-2496のアナログ入力は平衡入力で2台分いりますので、ケーブルに工夫がいります。

用意したケーブルと変換機材は次の三種類です。。

AUDIO TECHNICA AT-DV64A/5.0

変換アダプターHHOSAGXM133

YケーブルHOSAYXM121

b0052286_13135233.jpg

b0052286_13141119.jpg


DCX2496に接続しました。
b0052286_13144628.jpg


1月17日追加
 アナログ伝送に変更して2日目です。
日によって感じが変わるのです。変更した一昨日はデジタル伝送に比べて、高域が柔らかい好印象だったのですが。仕事で少し疲れて帰ってきた昨夜は、何かハイ上がりの高域にクセのある音に聴こえました。
 本日は、午後休みで疲れていない状態で聴くと、やはり柔らかい歪の少ない美しい音に聞こえます。

体の状態や精神状態によって、良い音に聴こえたり悪い音に聞こえたりするのですね。
by katyan4 | 2012-01-16 13:15 | 装置・その他 | Comments(2)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31