「ほっ」と。キャンペーン

<   2005年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

エール音響のホーンTWは強力な磁気回路とパーメンジュールという、飽和磁気密度の高い金属を使用して、磁束密度24000ガウスという、限界の磁気密度を誇っています。チタン製の薄い振動板を持ち、これと同等の現製品はペアで80万円以上とのことです。
私の持っている物は。中古で手に入れましたので、新しいときの特性とは変わっている可能性がありますし、特に無響室で計測した物ではありませんので、参考程度と考えてください。
軸上約40cmで4kHzでロウカットした特性です。
b0052286_14555621.jpg

10kHz以上は急激に低下しています。

10kHz24db/octでロウカットした特性です。
b0052286_145640100.jpg


14.2kHz24db/octでロウカットした特性です。
b0052286_14565220.jpg

10kHzと18kHzがほぼ同じレベルとなりますが、この特性では指向特性が強いため、視聴位置では高域が低下します。

実際には、これにイコライザーを使って12db/octの傾斜で20kHzを約8db持ち上げます。
b0052286_15104734.jpg


この特性でRADIAN745と9kHzでクロスします。
能率が約15db低下することになります。
by katyan4 | 2005-02-28 15:00 | 装置・スピーカー | Comments(4)

b0052286_2148508.jpg

本日のマイ・ルームのスピーカーのたたずまいです。私の理想(?)の音に近づいてきたかな?
今までよりは格好は良いと思います。
しばらくオクラになっていた、エール音響の1750DEが再登場です。

続きはここをクリックしてね
by katyan4 | 2005-02-26 21:51 | 装置・スピーカー | Comments(8)

一昨日測定した、745+谷口ホーンの視聴位置での特性を見ていると、左側の3kHzにディップがあり、全体に能率が低い感じがしましたので、測定マイクをホーンの前約40cmに置き測定しました。

右側です
b0052286_21591060.jpg

左側です。
b0052286_21593450.jpg

左側の能率が数デシベル低く、2-3kHzにディップがありました。

今まで、RADIANのドライバーを2組使いましたが、非常に個体差が少なかったので、このドライバーを購入した、KOZY STUDIOの渡辺さんにメールを出しましたところ、すぐに返事があり、この程度の個体差の場合、メーカー保証の対象にならないとのこと。PAの現場では10db程度の能率差の物を使う事は良くあることだそうです。とりあえず、ダイアフラムを右左交換してもう一度計測してほしいとのことでしたので、今まで使っていた760のものと交換することにしました。
760と745は同じ3インチのダイアフラムを使用しています。

続きはここをクリックしてね
by katyan4 | 2005-02-24 22:19 | 装置・スピーカー | Comments(0)

越智順子のライブを聴く

熱唱する、越智順子さん
b0052286_22361259.jpg

今日は、松山市より約30分の砥部町の彩美画廊で行われた、越智順子さんのライブを聴きに行きました。生の音も聞かないと、いい音の判断が出来ないと自覚しているオーディオきちがい達も数名参加しました。
普段は画廊の会場は、約70席の椅子で一杯になっていました。周囲の壁には絵が掛かったままでしたので、音楽と美術の2つの芸術の鑑賞が出来たわけです。

続きはここをクリックしてね
by katyan4 | 2005-02-23 23:08 | 色々なこと | Comments(1)

田口製作所のホーンにRADIAN745を取り付けて視聴位置で計測してみました。
右チャンネルです。
b0052286_21205977.jpg

左チャンネルです。
b0052286_21212952.jpg

今まで使っていたホーン820の5-6kHzの盛り上がりは無く、高域に向かってなだらかに加工しています。
リボン型のスーパーTWを8kHzのクロスで接続してみました。

左チャンネルです。
b0052286_21245276.jpg

右チャンネルです。
b0052286_21252367.jpg


全域の特性です。
左チャンネル
b0052286_21255321.jpg

右チャンネル
b0052286_21261267.jpg


デジチャンでの5kHzあたりのイコライジングはしておりません。
この音の印象として、今までより高域の柔らかさが増していますが、衝撃音は今までよりハッキリと聞こえ感じで、音質は改善されたようです。
しばらくこれで聴いてみて音を確かめた後に、ドライバーをJBL435Beに変更してして、どちらが良いか判断することにします。
by katyan4 | 2005-02-22 21:31 | 装置・スピーカー | Comments(0)

谷口製作所のホーン

谷口製作所のNS814ホーンを手に入れました。谷口製作所のホームページを探してもこのホーンは出ていません。これとほぼ同じ形をしたホーンが一時ソニーから2インチ口径のドライバー用として発売されていましたが、これを1.5インチ用に縮小した物のようです。
このホーンは前の記事にあるtoyo-iさんが使われていて、その音に感心したので、田口製作所から直接送ってもらいました。

正面から見ると
b0052286_232215.jpg

側面から見ると
b0052286_2324122.jpg
ホーンのフレアは180度以上あり、非常に短いホーンです。ホーンのフレア部は肉厚のFPRなので、デッドニンブの必要は無いようです。

b0052286_2325835.jpg

ドライバーの取り付けねじの部分の精度は余り良くありません。
JBL435Beを取り付けるためにはヤスリで孔を修正する必要がありました。また、RADIAn745も取り付けて見たいので、そのための孔も別に開けました。
材質はFRPなので、加工は簡単ですが、白い粉が多量に出るので、掃除機をそばに置いての作業になりました。

JBL435Beをこのホーンに取り付けたときの特性です。約50cm
b0052286_233157.jpg

RADIAN745を取り付けたときの特性です。同じく50cm
b0052286_2333425.jpg


どちらも800Hzから10000Hzまでは非常によい特性です。800Hz以下の特性もとてもなだらかに低下しており、ホーンロードが十分かかっているようです。。
10000Hz以上はRADIANの方が伸びていますが、暴れがあります。
by katyan4 | 2005-02-21 22:58 | 装置・スピーカー | Comments(0)

広島のOFF会

寒そうなOTさんとRYOさん(伯方島にて)
b0052286_22415986.jpg
今日は、OTさんとRYOさんと一緒に、しまなみ街道経由で広島まで遠征しました。エラックを音響パネルで包囲したクロさんと、古い日本家屋でクレモナをシャープの1ビットデジタルアンプで鳴らしているU-tetsuさんを訪ねました。
詳細は More をクリックしてください。

More
by katyan4 | 2005-02-20 22:46 | マニアのマニア訪問 | Comments(2)

DTS SPRROUND9

DEMONSTRAITION DVD
b0052286_21443721.jpg
3月号のAV REVIEWの付録に付いていた物です。定価1300円でいつもの値段が1000円ですから、300円でこのディスクが手にはいることになります。評判ですぐ売り切れるのではないかとの噂でしたので、急いで買いに行きましたが、10数冊も積んであったので一安心、他の本も物色した後に買いました。
内容は最近発売された音響効果の優れたDTS音声の映画のさわりが主です。HERO,ROAD OF THE KING,MASTER OF COMMANDER,I LOBOT,KILL BILL等です。
他にも、静止画+音楽、ラジオドラマ'RUN'等、サラウンド効果一杯の音が充満した一枚でした。
by katyan4 | 2005-02-19 21:53 | 今日の一枚 | Comments(0)

私が、スピーカー測定に使用してる、パソコンソフト'Myspeaker'には、周波数特性測定用の信号が5種類用意されています。
ホワイトノイズ、ピンクノイズ、クロマティック、パルス、スィープの五種類です。

同じ条件で測定してどのような差があるのか見てみましょう。
まず、ホワイトノイズです。
b0052286_2064770.jpg


ピンクノイズです。
b0052286_207839.jpg


クロマティックです。
b0052286_2073793.jpg


パルスです。
b0052286_20804.jpg


スウィープです。
b0052286_2082031.jpg


クロマティックとパルスは他の物に比べ差がありますが、ホワイトノイズ、ピンクノイズ、スウィープはほとんど差がありません。

今度はスペアナ風の特性を見てみます。
ホワイトノイズです。
b0052286_20101731.jpg


ピンクノイズです。
b0052286_20103453.jpg


スウィープです。
b0052286_20105836.jpg


ますます差が無くなりました。
by katyan4 | 2005-02-18 20:12 | 装置・特性と調整法 | Comments(2)

バイキング

DVD-Video
b0052286_2371850.jpg
私が子供の頃に見た映画です。最後の砦の屋上での決闘を見て、洋画のチャンバラは日本の時代劇のチャンバラとは大部違うなと思った記憶があります。
出演は有名なカーク・ダグラス、といっても最近の人にはマイケル・ダグラスのお父さんといわないと解らないかもしれませんね。トニー・カーチスとジャネット・リーも50歳以上の人でないと知らないかもしれませんが、その時代では有名な俳優さん達が、北欧の海賊バイキングやイングランドのお姫様の役で、恋い有り、活劇有りので、とても面白い映画でした。
音声はモノラルですが、映像は比較的綺麗でした。
ジャネット・リーのオッパイの形が素晴らしい。その時代にもコルセットやブラジャーが有ったのでしょうか?
by katyan4 | 2005-02-17 23:18 | 今日の一枚 | Comments(0)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて