<   2005年 03月 ( 34 )   > この月の画像一覧

中低音、中高音、超高音の3チャンネルのパワーアンプをフルデジタル化して、音質の向上はめざましい物があったでですが、また欲が出てきました。
前回は低音にフルデジタルアンプ(SA-XR50)を使ったところ何か力のない低音だったので、ここの部分は従来のアナログアンプを使用しました。よく考えてみると、このデジタルアンプは6Ωで定格出力が70Wしか有りません。現在私の使っているウーファー(JBLW15GTi)はインピーダンスが6Ωのダブルボイスコイルを直列で使っていますので、12Ωと言うことになります。としますと、アンプの出力は約半分の35Wしか出ない訳です。このダブルボイスコイルを並列に使用しますと3Ωになり、出力が増えるはずですが、このアンプの推奨するスピーカーのインピーダンスは6Ωから16Ωとなっていますので、アンプに無理がかかりそうです。
 このアンプの上位機種のSA-XR70の説明を見てみますと、出力は同じなのですが、バイアンプ接続が出来ると書いてありました。ウーファーの二つのボイスコイルをバイアンプ接続にすれば、二つのパワーユニットでそれぞれ6Ωのボイスコイルを駆動する訳ですから、140Wの出力が得られるはずです。
 早速SA-XR70を手に入れました。
SP端子はBチャンネルもちゃんとした物になっています。
b0052286_2035514.jpg


電源周りはあまり変化がないようですが、SP端子付近は変化があり、Bチャンネルの端子にはリレーが付いているようです。
b0052286_2054795.jpg


今度の休みにでもウーファーを取り外して、接続コードをつなぎ代える作業が待っています。また腕が痛くならなければよいですが。
by katyan4 | 2005-03-31 20:09 | デジタル化 | Comments(0)

昨夜、Aiden の社長さんから急にお電話があり、マイルームを訪問されました。
Aiden さんがいつも手がけられているシアタールームと私のルームの落差にびっくりされたようですが、それは好きな物同士、話が弾みました。
 私の現在使用しているパワーアンプの安さにびっくり、スピーカーケーブルが電線なのにまたびっくり、80cmウーファーにもびっくりされていました。レーザーターンテーブルの音も初めて聞かれたそうです。
 このような安い機械でシステムを組んだのでは商売にはならないでしようね。
  
 丁度、サッカーの試合を見ようと思っていたところだったのですが、このよう訳で前半は見えませんでしたが、後半のオウンゴールのシーンは見えました。勝てて良かったですね。
by katyan4 | 2005-03-31 10:57 | マニアのマニア訪問 | Comments(0)

 今日、yukinyさんから、ホームページ「ジムランの音楽室」を3月いっぱいで閉鎖するとのお便りをいただいた。yukinyさんの人柄を表したようなすてきなホームページで、うまく運営されている掲示板などに訪れるのが楽しみだったのですが、残念です。
 この前にはOTさんが、彼のホームページ「機械獣の部屋」を閉鎖されたばかりなので、寂しいかぎりです。
 お二人とも、まだお若く、仕事がこれからますます忙しくなる時期なので、しかたがありませんが、いくら仕事が忙しくても、趣味のオーディオを続けることは可能だと思います。これからも楽しいおつきあいをさせて頂きたいものです。
by katyan4 | 2005-03-30 14:48 | 色々なこと | Comments(2)

SACD 5.1
b0052286_23501910.jpg
森悠子さんを音楽監督に持つ長岡京室内アンサンブルの演奏。ベルト、武満徹、ピアソラ、バーバー、ギャヌー等の室内楽曲を集めた一枚です。
とぎすまされたような見事なアンサンブルの演奏で、録音もやや硬い感じがあるものの、とても優秀です。弱奏に続く無音の時の静寂感が素晴らしい。
リアルタイムアナライザーを見てみると、耳に聞こえない20-30Hzの暗騒音が相当高いレベルで入っています。この暗騒音が静寂感を返って高めているような感じです。
b0052286_2359124.jpg

by katyan4 | 2005-03-28 23:59 | 今日の一枚 | Comments(0)

今まで知らなかったのですが、松山にもこんな立派なホームシアターのショウルームがありました。
 昨日の愛媛新聞の広告に載っていましたので、早速いつものメンバー、OTさん、RYOさんと行ってきました。ジャスコの筋向かいにある建物の2階にあります。
b0052286_1847045.jpg

入ってすぐにはSIM2のDPLプロジェクターとリンのスピーカーシステムのセットが置いてありました。

b0052286_19244786.jpg


続きはここをクリック
by katyan4 | 2005-03-27 19:19 | 色々なこと | Comments(0)

テクニクス SU-A4

アクースタット3Mのコンビを組む機材として、テクニクスのプリアンプ SU-A4を手に入れました。古さからも、デザインもシンプルで、黒い薄型と来れば、丁度似合いの物かもしれません。
b0052286_22244586.jpg

CD登場以前の物などでしょうか、入力にはCD入力の表示はなく、AUX入力しか有りません。Phono入力は2系統有り一つはMC型可能となっています。トーンコントロールもこっていて、低音のコントロールには普通のバスコントロール以外にウルトラバスコントロールが付いています。
 サブパネルが外れかけている以外、ボリュームのガリもなく、良い音で、アクースタットの音に少し迫力が出たようです。
b0052286_22301770.jpg

今のところ、パワーアンプはClassic Proを使っていますが、フライングモールも余っていますので、つなぎ変えて聞き比べてみる予定です。
by katyan4 | 2005-03-26 22:31 | 装置・アンプ | Comments(4)

アクースタットの高域調整はどうなっているのかと思って、ネットで探してみましたところ、見つかりました。全域用と高域用と、別々の昇圧トランスを使用した、巧妙な構造です。
b0052286_934093.gif

これで見ますと、Cが2個(3個)入っただけですから、位相特製の乱れの原因とは考えられません。
by katyan4 | 2005-03-25 09:36 | 装置・スピーカー | Comments(2)

コンデンサー型スピーカーは単一の振動板(振動膜)を持ち、静電気の作用で、全面均一な動作をするはずですので、その位相特性は優れているのではないかと思われます。
50cmで測定した、位相特性と歪み特性です。
b0052286_23131054.jpg

驚いたことに、位相特性は余り良くありません。高域補正が効いているのは7-8kHz以上ですのでその影響とも思えません。固定電極は隙間が多く作ってありますから(網状)、静電気の作用が振動膜に均一にかからないからかもしれませんが、ハッキリした理由は不明です。

累積スペクトラムの特性です。
b0052286_23184289.jpg

音の減衰特性?無響室での特性ではありませんので、参考です。
低域以外は良い特性に見えます。
by katyan4 | 2005-03-24 23:20 | 装置・スピーカー | Comments(0)

アクースタット3Mの周波数特性などを測定してみました。
後ろを見ると高域の調整用のアッテネーターが有ります。
まずそのアッテネーターを一杯上げた状態です。SPより約1mで測定しました。
b0052286_23144852.jpg


アッテネーターが中央(12時)の位置での測定です。
b0052286_2314561.jpg


アッテネーターを一杯に絞った位置での特性です。
b0052286_23152442.jpg


アッテネーターを1時の位置にして、視聴位置での測定です。
b0052286_23161013.jpg

このアッテネーターの位置が一番バランスが良いようです。

先週のアクースタット3Mを囲むOFF会の時は、アッテネーターが一杯上げてありましたので、皆さん相当のハイ上がりの音を聞かれたわけです。
この位置で聴くと、大部バランスの良い落ち着いた音になりますが、コンデンサー型特有の漂うような高音は変わりません。

歪み特性も計ってみました。
b0052286_23193833.jpg

 (ノイズと歪みは40db上昇させて表示してあります。)
低域の歪みはやはり多いのですが、中高音の歪みは優秀です。
by katyan4 | 2005-03-23 23:22 | 装置・スピーカー | Comments(0)

コンデンサースピーカー・アクースタット3Mをもっと大出力のアンプで鳴らしてみました。
b0052286_22104020.jpg

アンプのデジタル化で余った、classic pro CP-1400は560W/8Ω×2の大出力AMPですので、これをアナログ接続でつないでみました。
ボリュームを上げて、ジャズ系の曲を思い切り大音量で鳴らしてみましたが、ベースやドラムの音では破綻しません。歯切れの良い音で、爽快感のある音です。それより低い音(コントラバスマリンバなど)では少し不安定な音になります。弦楽器などでは少し荒い音?と感じることもありますが、これも綺麗な音で再生できます。
 しかし、この部屋は防音をしていませんので、大音量は出せませんし、大音量なら、メインシステムの方がもっと良い音ですので。元のSA-XR50につなぎ変えました。これで聴くFM放送もとても良い音で再生できます。このアンプのコストパフォーマンスは最高によいですね。

 実は、このスピーカーは従兄弟の新築祝いにする予定でしたが、余り音が良くてもったいないと思ったのと、新築祝いに中古の物も不適当なのと、従兄弟もあまりの大きさに乗り気でなかったため、この部屋に置いておくことにしました。その様なわけで、ホームセンターに行きAMPの置き台を買ってきました。
b0052286_22105418.jpg

by katyan4 | 2005-03-22 22:12 | 装置・スピーカー | Comments(14)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて