LVP-HC5000のノイズ?

価格コムのLVP-HC5000のクチコミでノイズの問題が取り上げられていました。
私のところではほとんど気がつかないのですが、デジタルおたくさんの問題にされている場面をデジカメで撮影してみました。
b0052286_22465297.jpg

確かに中央部分にうっすらと白っぽいうっすらとした線のようなものが見えるような気もしますが、一瞬でほとんど気にならない程度です。

同じ場面をシャープの45インチフルHD液晶テレビで見てみましたが、一瞬ですが、うっすらとした横線が多数見えました。
どちらでも、私にとっては全然気にならないレベルです。
 
by katyan4 | 2006-11-28 22:52 | 装置・ビジュアル | Comments(0)

 三菱のプロジェクターが入ったので、お役目ごめんとなったSONYのプロジェクターVPL-VW11HTが無事にWさんのところに居場所を見つけたようです。
 今日、Wさんから綺麗にセッティングされた写真をいただきましたので、ご紹介します。

テーブルの下にぴったりとセッティングされたSONYのプロジェクターVPL-VW11HT。
後ろに見えるオーディオラックに整然と置いてある機器は壮観です。
b0052286_20334292.jpg

b0052286_20335257.jpg


スピーカーはアルテックA-7です。とても丁寧に使用されているのでしょう、とても綺麗です。

b0052286_2034998.jpg

b0052286_20342045.jpg

by katyan4 | 2006-11-28 20:34 | マニアのマニア訪問 | Comments(4)

白滝の紅葉

 昨日の日曜日、小雨ではあったのですが、紅葉の名所といわれている、大洲の白滝に行ってきました。白滝は比較的近くにあり、滝と紅葉で有名なのですが、行ったのはこれが初めてです。るり姫伝説があるところで、るり姫というお姫様が、長宗我部の侵略に会って滝から身を投げたところだそうです。11月の23日はるり姫祭りがあり、モデルさんを呼んで撮影会などもあってにぎあうそうですが、昨日はそれが終わっており、小雨の影響もあって人はちらほらでした。
b0052286_19552761.jpg

玉姫祭りのぼりはまだ残っていました。
b0052286_1956218.jpg


紅葉の写真を見たい人は クリック
by katyan4 | 2006-11-27 19:55 | 松山の風景 | Comments(2)

 私のオーディオラックの後ろの配線はひどいものです。AVアンプに接続している機器が19も有るのですから、ひどいものです。配線の目で見ただけではどのように結線されているのか解りません。手で触りながらたどっていかなくてはいけないのです。
b0052286_19384748.jpg

コードにお金を掛けられない訳がお分かりになると思います、一本何万円もするコードを使うと破産してしまう可能性があります。
 純粋にオーディオだけで音を楽しむのであれば、こんな状態にはならないと思いますが、映像関係、デジタル関係,アンテナ線、電話線、サラウンド用のスピーカーコード等が余分にがありますので、こんなに混乱のきわみ状態になってしまうのです。

 せめて、電源コードだけは整理しようと思い、TASCAMのPOWER DISTRIBUTOR(簡単に言えばノイズフィルターの入った電源タップ)を2個購入しました。一個で16の電源コードがさせます。これに、アナログ機器とデジタル機器を分けて電源を取ろうと思ったわけです。
b0052286_1944155.jpg


整理後?です。見たところ全然整理されていないように見えるのが悲しい。
b0052286_19451213.jpg


音は良くなったかどうか解りません。
もともとこんないひどい状態でも、ノイズは全然出ていなかったわけですから、変わらないのかもしれません。
by katyan4 | 2006-11-26 19:51 | 装置・その他 | Comments(3)

LVP-HC5000使用感

 三菱のプロジェクタLVP-HC5000を使い始めて1週間になりますので、使用感や調節方法などを述べてみます。

繊細感、解像力
 さすがフルハイビジョン、全然不満を感じません。

明るさとコントラスト
 当たり前のことですが、”ランプ明るさをハイ”にしても、明るい部屋では十分な明るさとコントラストは得られません。部屋を暗く(リモコンの文字が見えにくい程度)にすれば、”ランプ明るさ低”でもほとんどのソースでは、十分なコントラストが得られます。

色彩
 初期設定で、十分鮮やかで綺麗な色で、色合いなどをいじる必要を感じませんでした。

騒音
 ほとんど聞こえません。パワーを切った後、数分間のクーリングの時だけファンの音が高くなります。

取り付けと調整
 専用の天吊金具はSONYのものに比べてしっかりしており、取り付け位置、角度は厳密に調整可能です。一度取り付け固定すると、少々の振動(地震)では狂わないようにしっかり固定できます。また、レンズシフト、ズーム、ピントがリモコンで可能ですので、簡単、迅速に設置の調整が出来ました。

というわけで、投資に十分見合うだけの価値はあります。パナソニックやエプソンの同等品と見比べたことはないのですが、十分満足できるものだと思います。

今日は、ビジュアル系の大先輩である、SさんとWさんに訪問していただきました。
Wさんは約10日前にSONYのプロジェクターVPL-VW11HTの画像を見られたばかりですし、SさんもSONYのプロジェクターを持っておられるので、画像の違いが良くわかられたようで、その違いに吃驚されていました。多分Sさんのところは年内に新しいプロジェクターが入るのではないかと思っています。

LVP-HC5000とPC接続について
 仕様を見ると、コンピューター入力時の最大入力解像度は1280×1024となっています。
ということは、コンピューターからはハイビジョンの解像度である1920×1080の解像度が得られないことになります。
 そこで色々試してみました。コンピュータ入力はミニS SUB15ピンなので、PCのグラフィックカードのミニD SUB15ピン接続でR,B,G,H、V5本全部接続してみますと、確かに1920×1080の解像度にはなりません。幸いにも私の使っているビデオカードにはD SUBとDVHD以外にRGBとSの出力が可能ですので、プロジェクターの方はD SUBに入力のままで、PCのRGB出力を接続してみました。
b0052286_20253429.jpg

見事に1920×1080の解像度で出力出来ました。
b0052286_2026253.jpg


このようにちゃんと1920×1080の解像度で出力可能なのですが、一つだけ問題があります。DVD-VideoのPCでの再生は、著作権の問題でRGB出力では再生できないようです。
by katyan4 | 2006-11-23 20:31 | 装置・ビジュアル | Comments(0)

 昨日、宇和島の音楽祭に行くこととは別に、もう一つ目的がありました。それは、井上先生の御宅を訪問することでした。井上先生は宇和島オーディオクラブの元会長で、今年で78歳になられます。一昨年大手術をされて、大分体が弱られているのではないかと心配したので、お見舞い方々訪問したわけです。玄関に出てこられた顔は血色も良く思ったよりお元気そうで安心しました。少し足が弱られているようでしたが、オーディオの熱は全然冷めておられないようでした。
 toyo-tさんは始めての訪問でしたので、オーディオルームを短時間でしたが襲撃してきました。
b0052286_22225075.jpg

一番左が井上先生です。

50インチのプラズマディスプレイを真ん中に超弩級のシステムが並んでいます。
b0052286_22252139.jpg


最近購入されたという、20万円の電源コードが目に付きました。
b0052286_2232663.jpg


前に机の上には、最新のDVD-Videoが沢山置いてありました。オーディオ熱はますます盛んなようです。私も見習って頑張らなくてはいけませんね。

帰りの車の中での、toyo-tさんの感想は、「低音の量感と伸びは完全に家のシステムが負けています。高音の音質もとても良かったです」

はい、私達(私とMitchieさん)もいつも刺激を受けて帰るのですよ。
by katyan4 | 2006-11-20 22:31 | マニアのマニア訪問 | Comments(1)

 今日は宇和島まで約1時間半のドライブで、宇和島イギリス音楽祭に行ってきました。Mitchieさん夫妻、toyo-tさんと一緒です。イギリス音楽祭といっても出演者は全部日本人、曲目にもイギリスのものはありませんので、不思議な名前の音楽祭です。
平野公嵩(サックス)アキコグレース(ピアノ)早川哲也(ベース)のトリオの演奏はとても美しい音色と優雅な演奏で、とても楽しめました。難を言えば、会場が広すぎたことで、音の迫力があまりなかったことと、空席が目立ちさびしかったことでしょうか。

演奏の後のサイン会の様子
b0052286_22533924.jpg


宇和島の牛鬼の前での記念撮影
左から
平野さん、アキコさん、早川さん
b0052286_22535037.jpg


三人の演奏家交えた打ち上げ会に無理を言って参加しました。
b0052286_22535972.jpg


以下の写真は、Mitchieさん提供です。
b0052286_726347.jpg

b0052286_7261416.jpg

b0052286_7262420.jpg
b0052286_7263251.jpg

by katyan4 | 2006-11-19 22:54 | 音楽会 | Comments(3)

 プロジェクターLVP-HC5000の天吊アダプターが届いたので、早速天吊作業を行いました。
SONYのプロジェクターを外した後です。SONYの天吊アダプターを取り付けていた、ボルトが残っています。
b0052286_231855.jpg

私のリスニングルームは少し天井を高く作っていますので、天吊アダプターを直接取り付けたのでは、レンズシフトの能力を超してしまいますので、写真のような木枠を作って約22cm低く取り付けることにしました。取り付けてある金具は天井用取付金具ベースです。
b0052286_23211464.jpg

プロジェクターに天井用取付アダプター を装着して、天井用取り付け金具ベースに取り付け、水平、左右、傾きを、プロジェクターでスケールを写しながら調節すれば、取り付け終了です。
b0052286_23251930.jpg

 ちゃんと画像を120インチに調整した画像ですが、十分明るく、ランプ低モードで十分なようです。今までのプロジェクターに比べ、黒が十分沈みますので、暗くてコントラストが低いと感じていたスターチャンネルハイビジョン放送も、十分コントラストのある映像で、暗さを感じなくなりました。
 SD放送やDVD-Videoもとても繊細で美しく見え、それだけ見ていると、HD-DVDやブルーレイディスクが必要ないのではないかと思われるほどです。しかし、ハイビジョン放送を見ると、やはりより美しく見えますので、それだけの価値はあるようです。来年は第二世代のブルーレイレコーダーを買い込むことになるのでしょう。人間の欲望は限りないもののようです。
by katyan4 | 2006-11-18 23:40 | 装置・ビジュアル | Comments(0)

 約2ヶ月前に、予約注文していた、MITSUBISHI LVP-HC5000フルハイビジョン液晶プロジェクターが今夜届きました。一緒に注文していた、天吊アダプターが揃わなかったので、とりあえず、前においてあるDENONのDVD-プレーヤーの上に仮置きして、写してみました。
b0052286_22132323.jpg

 BSハイビジョンの像は5年使ったSONYのプロジェクターとは比べ物にならないくらい明るく、鮮明でハイコントラストに見えます。距離が近いので100インチくらいにしかなりませんので、天吊にして、120インチになると少し暗くなる可能性は有ります。
 騒音もとても低く排気口に耳を近づけると聞こえる程度です。

 明日には天吊アダプターが揃うので、ちゃんとセッティングをして、色々なソースで見てみようと思っています。
by katyan4 | 2006-11-17 22:15 | 装置・ビジュアル | Comments(7)

TI、300W出力を実現したオーディオ用デジタルアンプIC
b0052286_2249234.gif


指先より小さなICで、出力300W、価格は5.25ドルというものです。これを使ってデジタル入力でゲイン可変のマルチアンプが安く出来ないかな。

低発熱でコンパクトなものが出来そうな気がします。
by katyan4 | 2006-11-14 22:55 | デジタル化 | Comments(3)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて