b0052286_22463350.jpg

今日は、小林研一郎とオランダ・アーネム・フィルハーモニー管弦楽団の演奏会に行ってきました。愛媛県県民文化会館の2階席の一番前の席で聞きました。この管弦楽団は今まで名前も知らなかったのですが、オランダではコンセルトフェーボーの次に来るくらいの実力を持っているそうです。曲目はベルリオーズの序曲「宗教裁判」「幻想交響曲」と千住真理子さんのバイオリンでメンデルゾーンの協奏曲でした。2階席は音のまとまりは良いのですが、いかんせん舞台より遠いので、千住真理子さんのバイオリンには気の毒でした。でも幻想交響曲は圧巻でした。ティンパニーや大太鼓のあのダイナミックレンジの広さには驚きました。弦楽器もとても美しい音色で、良いアンサンブルのオーケストラでした。色々演出もあり、第三楽章のオーボエとクラリネットの掛け合いのところではクラリネットが3階の後ろの方で演奏していました。第4楽章ではティンパニーを4人で演奏していましたし、最終楽章では一つの大太鼓を二人で叩いていました。最後は観客全員が立ち上がって拍手。これには少し訳がありまして、アンコールの最後に小林さんが「このオーケストラの人たちは日本語が通じません。幻想交響曲の一番最後の1分をを演奏しますので、終わりましたら皆さん立ち上がって感動を表現してください」
 でも、本当にスタンディングオペレーションをしても良いくらいのすごい演奏でした。
女性の多いオーケストラなので、弦楽器の6割以上が女性。しかし、なにしろオランダ人、小林研一郎よりはるかに背の高い人ばかりなので、弦の音もしっかりした大きな音が出ますので、女性の多さはハンディにはなっていないようでした。
by katyan4 | 2007-02-27 23:04 | 音楽会 | Comments(2)

WORLD TRADE CENTER

Blu-Ray Disk
b0052286_21452373.jpg

2001年9月11日の、世界貿易センタービルのテロ事件を題材にした映画のBlu-Ray Diskです。瓦礫の中に閉じ込められた警官の苦闘と家族愛を描いた物語で、セットで作った画面とは思われないような迫力で撮影さています。瓦礫の中のほとんど真っ暗な場面もHD画像ならではの現実感のある画像で撮れています。音声はドルビーデジタル5.1CHで、スケールの大きな音なのですが、人の声のレベルが比較的大きいので、それをやかましくない程度にしますと、効果音の迫力が少なくなるようです。
ストーリーは地味なのですが、感動的な映画だと思います。アメリカの人が見るともっと感激するのでしょうね。
by katyan4 | 2007-02-24 21:54 | 今日の一枚 | Comments(0)

楽友協会えひめ シ-ズン2007/08 公演内容決定
楽友協会愛媛の2007/2008公演予定です。
 2007年5月30日(水)
  内外トップオーケストラの首席奏者によるスーパーアンサンブル
 2007年9月25日(火)
  ティボール・コヴィッチ ヴァイオリンリサイタル
 2007年12月3日
  佐藤 美香 ピアノリサイタル
 2008年2月14日
  岡崎 他加子 ソプラノリサイタル
詳しい内容と、入会要領は楽友協会えひめのブログをどうぞ。
by katyan4 | 2007-02-24 21:39 | 音楽会 | Comments(0)

 楽友協会愛媛の第4回例会のコンサートです。

b0052286_22354141.jpg

(写真はMitchieさん提供)

演奏曲目は
モーツアルト:ヴァイオリン・ソナタ 変ロ長調 K454
ストラビンスキー:イタリア組曲
ブラームス:バイリンソナタ第1番 ト長調 op.78 「雨の歌」
ピアソラ:グランタンゴ

モーツアルトは少し音が荒く感じましたが、ストランビンスキーを聴いて、ヴァイオリンがこんなにダイナミックレンジの広い激しい音が出ることを始めて知りました。すごい演奏でした。
ブラームスになると一転、美しい旋律と美しいヴァイオリンの音色に聞きほれました。ピアソラは普段聞くタンゴとはまた違ったものでしたが、また違った面白しろさがあり、楽しく聴けました。
 やはり、生のヴァイオリンは良いですね、なかなかオーディオシステムではこのような音を出すのは難しいです。帰ってきて、自分のシステムで聞いて見ましたが、音色も迫力も違いました。
by katyan4 | 2007-02-23 22:46 | 音楽会 | Comments(4)

運命

 運命といえば、有名なベートーベンの交響曲第5番。
今日は何気なしに、ハードディスクの中に入っている」この曲を探してみました。
Scherchen
David Zinman
Edlinger
Eugene Ormandy
Otmar Suitner
Wilhelm Furtwangler
ヘルベルト ブロムシュテット
Bohm
Lorin Maazel
Bruno Walter
Seiji Ozawa

全部で11種類有りました。
 これ以外にも、レコード、DVD-Audio.DVD-Video,ビデオテープ、アナログテープなどでも持っていますので、いったい何種類あるのでしょう。
 はじめの部分(ダ、ダ、ダ、ダー)だけ聞き比べてみました。レコードを一番始めて買ったOrmandyと一番聞き込んだWarterの演奏が耳になじんで聞こえました。一番初めの印象は年をとっても残っている物ですね。

これは最近手に入れた、古いフルトベングラーのレコードです。
b0052286_2151107.jpg

古いモノラル録音のもので、カビと傷が沢山付いていましたが、綺麗にクリーニングして、レーザーターンテーブルで聴くと少し雑音が有るのですが、ちゃんと鑑賞可能でした。
by katyan4 | 2007-02-21 21:44 | PCオーディオ | Comments(0)

 前回は大型リボン型AURUM G1(長さ150mm)を使ったのです。それを横に置いた物ですからやはり横方向の指向性が余りよくないのが特性を計測すると良く解りました。耳には聞こえないのですが、精神衛生上気に入りませんので、それより小型のG3Si(長さ100mm)を使ってみました。
b0052286_23115651.jpg


クロスの周波数、クロスカーブ、低域のEQなどを変更して、出来るだけフラットな特性になるようにしてみました。

左CH
b0052286_23131499.jpg

右CH
b0052286_23133193.jpg


結構フラットな特性になったように思います(特に左CHは)。この特性で音楽を聴くと少し高音は固めですが、スケールの大きな伸びやかな音に聞こえます。色々なソースを聴きながら、0.数dbの単位でレベルを調節してみようと思います。
by katyan4 | 2007-02-19 23:16 | 装置・スピーカー | Comments(0)

前回、スーパーTWを20kHz、48db/oct、ロウカットで接続してみたのですが、私の高域難聴の耳ではその効果がわかりませんでしたので、14kHz、24db/oct,L-Rカーブでクロスしてみました。この設定ですと、スーパーTWの前に耳を持ってゆくと、何か音がしている雰囲気を感じます。

左CH
b0052286_9555319.jpg


右CH
b0052286_956172.jpg


20kHzでは相当に低下していますが、どうせ聞こえないところなので、気にしなくて良いようにも思いますが、精神衛生上はもう少し良い特性にしたい気もします。
by katyan4 | 2007-02-18 09:55 | 装置・スピーカー | Comments(0)

16ブロック

Blu-Ray Disk
b0052286_22522771.jpg

購入した6枚目のBlu-RayのDiskです。うらぶれたアル中の初老の刑事をブルース・ウィリスが演じていますが、始めはブルース・ウィリスとは解らなかったくらいくたびれて見えました。ストーリーは留置場にいる証人を16ブロック離れた裁判所まで護送する間に、同僚の悪徳刑事達に襲われるといった話で、クリント・イーストウッドが主演した「ガン・トレック」に良く似ています。護送する距離はラスベガスからフェニックス迄ほどは遠くないのですが、それ以上の危険に襲われるといったお話です。ストーリーの展開のスピードも速く、最後まで息をつかせません。ハイビジョンの細かい映像が、ニューヨークの人ごみとゴミゴミした感じを良く出していますが、美しい風景や美女が出るわけでもありません。どうしてもハイビジョン画面で見なくてはいけない必然性はないのですが、やはりハイビジョンは良いですね。
by katyan4 | 2007-02-16 23:04 | 今日の一枚 | Comments(0)

ホワイトアウト

DVD-Video
b0052286_22481723.jpg

 以前に買って、一度は見た映画なのですが、今日もう一度見てみました。日本のアドヴェンチャー映画としては、傑作だと思います。ストーリーの展開も息を継がせませんし、ストーリーの結末も面白い、雪や吹雪の場面も迫力十分です。アメリカ製の南極物語にも負けていません。
原作以上の面白さだと思ったところ、原作脚本共に真保裕一になっていましたので、納得。
松嶋菜々子さん、美人ですね。
by katyan4 | 2007-02-13 22:57 | 今日の一枚 | Comments(0)

 この前、YukinyさんにMUSIC BIRDはどうですかとの質問がありましたので、よく考えて見ますとこの半年ほどは聴いたことがないことに気がつきました。全チャンネルの契約をしていたので、毎月2000円程度の出費になっているわけです。この際キャンセルしようかとも考えましたが、毎週土曜日にある「EURO LIVE SELECTION]や日曜日にある{BBCConcert]等なかなか良いライブ放送があるので、THE CLASSIC(7CH)だけの契約に変更しました。
もう一度ライブ放送の録音をしてみようと思い、このような接続にしました。
b0052286_14255577.jpg

MUSIC BIRDのチューナーのアナログ音声はあまりよくありません、デジタル出力であれば、まあまあ満足の出来る音質になります。以前にはデジタル出力より録音してみたのですが(PCでの録音やTASCAM DV-RA1000)、高音がエンファンスしてあるため、ハイ上がりの音になってうまく行きませんでした。
 今度は、チューナ^のデジタル出力をベンチマークのDAC-1でアナログ変換を一度行い、TASCAM DV-RA1000で録音してみようと思います。DAC-1のアナログ音声であれば、しっっかりした音になりますので。
by katyan4 | 2007-02-12 14:32 | 色々なこと | Comments(0)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて