「ほっ」と。キャンペーン

坂の上の雲ミュージアム

今日は松山市内を自転車で走ってきました。

坊ちゃん列車と坂の上の雲ミュージアム
b0052286_13151167.jpg


白いビルの間に見える黒っぽい建物が、4月28日開館予定の「坂の上の雲ミュージアム」です。司馬遼太郎の「坂の上の雲」から名前を取った、松山出身の秋山兄弟たちの歴史記念館なのです。

b0052286_13192320.jpg


建物は完成しています。展示品の展示に時間が掛かっているようです。

帰り道で見た,真赤な桜(梅?)と菜の花
b0052286_1320422.jpg


昨日撮影した松山城堀の内の桜、8部咲きでした。
b0052286_1328382.jpg

b0052286_13284915.jpg

by katyan4 | 2007-03-31 13:40 | 松山の風景 | Comments(0)

 今日はチェロの音色を堪能して来ました。会場がちょうど100席程度の響きのとても良い小ホールだったので、チェロの音が豊かで美しく聞こえました。音量も普段私の部屋で聞くチェロの音よりも大きいのではないかと思われるほどでした。
 バッハのこの曲は演奏家によって曲の感じが代わることが多いのですが、演奏はカザルスの演奏に近い正統的なもので、安心して楽しめました。
 私はこの組曲が大変好きで、カザルスのLPをはじめとして全部で10組くらいは持っています。誰の演奏を聴いても楽しめますが、やはりカザルスの演奏が一番好きです。今もカザルスの演奏(LP)で第4番を聞きながら書いています。

何回聞いても良いですね。

(演奏会風景Mitchieさん提供)
b0052286_1055178.jpg

b0052286_10552783.jpg

b0052286_1055365.jpg

by katyan4 | 2007-03-29 22:42 | 音楽会 | Comments(4)

南江戸公園

b0052286_21271435.jpg

江戸といいましても、東京の江戸ではありません。松山の南江戸町にある、下水浄化施設の上にある、珍しい公園なのです。松山から松山空港に通じる道路を挟んで、道路を陸橋で結んで作られています。

遊園地では、子供達が遊んでいました。
b0052286_21311623.jpg


結構広いグランドは人影はまばらでしたが、弁当を広げてお花見?をしておられる人が居ました。。
b0052286_2132533.jpg


陸橋から見た風景
b0052286_21324481.jpg


ゲートボール場とテニスコートにも人影はありませんでした。日曜日や早朝には賑わっているのでしょうか?
b0052286_2134494.jpg


ユニークなアイデアなので大臣表彰を受けたそうです。
b0052286_21345017.jpg


構内に一本だけある桜はほぼ満開でした。
b0052286_21354971.jpg

by katyan4 | 2007-03-28 21:35 | 松山の風景 | Comments(2)

楽友協会えひめ特別公演のお知らせ

今週の木曜日(3月29日)に松山では非常に珍しいバッハの無伴奏組曲全曲演奏会(第一回)があります。楽友協会えひめの特別公演で、会員は1000円(一般3500円)で聴くことが出来ます。ホールも小ホールなのでチェロの音色を十分楽しめると思います。

楽友協会えひめ 特別公演
2007年 3月29日(木) 19:00 乗松巌記念館 エスパス21
山本 裕康 チェロリサイタル
バッハ:無伴奏チェロ組曲全曲演奏会 第1回
(第1番ト長調 BWV1007、第4番変ホ長調 BWV1010、第6番ニ長調BWV1012 以上3曲)

b0052286_1944535.jpg


桐朋学園大学在学中に第56回日本音楽コンクールチェロ部門第1位入賞。 同大学を首席で卒業後、キジアーナ音楽院にて研鑽を積む。 1991年第1回日本室内楽コンクール優勝。 同年より東京都交響楽団首席チェロ奏者に就任。 その後、広島交響楽団ソロ・チェロ奏者を経て現在神奈川フィルハーモニー管弦楽団首席チェロ奏者。 ソリスト・室内楽奏者として、世界チェロコングレス、木曽福島音楽祭、宮崎国際音楽祭等の音楽祭への参加、オーストラリア、ニュージーランド、オーストリア、ドイツ、韓国、ロシア、フィンランド、ポルトガル、カナダ等、国内外で演奏活動行うなど活動は多岐にわたっている。 現在使用している楽器は1693年製のグランチ-ノを貸与されている。 今年と来年の2回にわたって、無伴奏作品の最高峰といっても過言でないバッハの無伴奏チェロ組曲全6曲を演奏いたします。 松山ではなかなか聴くことのできない“バッハの無伴奏”をぜひこの機会にお楽しみ下さい。
by katyan4 | 2007-03-26 19:44 | 音楽会 | Comments(1)

SACD5.1CHハイブリッド
b0052286_21134551.jpg
グレン・グールドの最新(2006年)SACD録音版です。グレン・グールドは、とっくに亡くなっているのになぜ?と思われるでしょうが、本当なのです。
ゴローさんに教えていただきました。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/2520431
実はこれは~グレン・グールド 1955年のパフォーマンスによる再創造~で、1955年録音を元に、コンピュータ・ソフト「Zenph(ゼンフ)」を使って自動演奏ピアノ(ヤマハ製ディスクラヴィア/9フィート・フルコンサート・グランド)での録音なのです。
 実際に1955年録音のCD聞き比べてみましたが、テンポ演奏時間はほとんど変わりません。周波数特性とダイナミックレンジは非常jに良くなっています。実際にグレン・フールドが演奏しているように」感じます。これでグレン・グールドのうなり声が入っていれば益々本物になるのですが、さすがに入っていませんでした。
by katyan4 | 2007-03-25 21:25 | 今日の一枚 | Comments(3)

今日は徳島に行く予定があったのですが、徳島は用事は午後1時から4時30分の間でしたので、松山ICでOTさんを拾い、新居浜ICでだーださんを拾って、坂出の丹波邸へと向かいました。坂出ICを通り過ぎてしまうといったトラブルもあったのですが、どうにか丹波邸に到着しました。
b0052286_14445886.jpg

YAMAHAのSF-とサトリのAMPとDACがこの様に置いてあります。SP台はクロさん製作のもののようです。
もうすでに大マニアRYOさんが待っていました。

サトリのプリとDAC、後方にサトリのパワーAMP
b0052286_14513355.jpg


YAMAHAのSF-1です。初めて見ました。
b0052286_14521992.jpg


部屋は多分12畳くらいで、天井はごらんの通り屋根組がみえますが、相当に高く作られていますので、低域の低在波が少ないようです。
b0052286_14534884.jpg


元だーだ邸の引き戸が音響パネルとして使われていました。
b0052286_14545657.jpg


音は一言で言うと  激しく迫ってくる音は鼓膜を刺激します。ダイナミックレンジが広くなったように感じるのは、サトリのAMPやDACの効果でしょうか。今まで聴いたことのない様な音がしていました。
 もう少し聴いていたかったのですが、残念ながら、時間が迫ったので、私一人だけ徳島へ出発しました。

 徳島の用事が終わりましたので、香川OFF会の会場へ向かいました。
屋島の入り口にある「一鶴」です。
b0052286_1522999.jpg


ここの名物は「骨付き鶏」秘伝のスパイスと味付けで評判のメニューだそうです。
b0052286_1533747.jpg


とり飯もなかなか美味しい味付けでした。
b0052286_155359.jpg


Kin-yaさんとcanteaさんも参加されて、楽しいOFF会になりました。
by katyan4 | 2007-03-22 15:07 | マニアのマニア訪問 | Comments(6)

今日の午前中にBs-hiで放送された、N響の第1586回定期演奏会を留守録しておきましたので、帰ってきてから早速見て(聴いて)みました。
プロコフィエフのピアノ協奏曲のピアノはとても難曲でものすごい技巧を要する曲なのですが、聞いてあまり面白くない曲だと思っていました。このピアニストは中国系のまだ若い女性で、体つきは細く、顔はフィギュアスケートの中野選手に似ています。
b0052286_21145361.jpg

彼女の細い手首と指が目にも留まらない速さで鍵盤一杯に動き回るの見るだけでも、スリリングなもので、今まであまり好きでなかったこの曲がいっぺんで好きになりました。
b0052286_21173032.jpg

by katyan4 | 2007-03-19 21:17 | 今日の一枚 | Comments(1)

お内裏様の追加

我が家を探してみると、まだまだお内裏様が居られました。

これも自作のお内裏様、これは下がり目ではありませんね。
b0052286_2114825.jpg


これも陶器のお内裏様
b0052286_2121641.jpg


床の間の掛け軸の中にも居られました。
b0052286_2125240.jpg


おまけ
17日に行った焼肉屋さんにも、陶器のお内裏様が
b0052286_2135234.jpg

by katyan4 | 2007-03-19 21:04 | 色々なこと | Comments(0)

35年前

 昨日、散歩をしていますと、35年前から数年間住んでいた借家の前を通りました。
b0052286_2259776.jpg

同じ形をした三軒の真ん中の家です。
 ここに住んでいた頃に長男と次男が誕生しましたので、思い出の多い家でも有ります。その頃と形は変わっていませんが、外装は白く塗りなおしてあるようです。
 ここに引っ越してきてすぐには、2階の六畳間をリスニングルームにして音を出したのですが、手前の家に怖いおばさんが住んでおられ、私の奥さんを呼びに来られました。「今、誰かわからないけど、お宅のステレオの音がやかましいという電話が掛かっているのですよ。ちょっと電話に出てみてください・・・・・・・・あれ!!電話が切れているわ。」 というわけで、すぐにリスニングルームを一階の怖いおばさんのお家の反対側にある四畳半に変更して、小さな音で楽しむ数年間が始まったわけです。
 その頃の装置といいますと、自作のTrプリアンプとTrパワーアンプで、3wayマルチアンプ方式でした。低音はナショナルの8P-Z1というMFBスピーカーで加速度MFBを掛けて低音を出していました。中音はフォスターE-103、高音はオンキョーのホーン型でしたが、しばらくして低音はASW方式に変更しました。まだ若かった洲の内テレビの社長さんに無理を言ってASW方式の箱を作っていただいたと記憶しています。
 その頃の印象的?な思い出でがあります。何しろ木造建築ですから、鼠が家の中を良く走り回っていました。小型の黒い鼠でした。あるとき鼠と私の奥さんがパッと出っくわしたとき、鼠がそばに有ったトースター(ポップアップ式)の中に飛び込んだように見えたのです。とっさのことで私の奥さんは、お盆をトースターの上においてふたをして、残酷にもトースターのSWを入れたのです。しばらくSWを入れたままにして、トースターの中をのぞいても何も見えません。さかさまにして振っても何も出てきません。トースターの中に鼠が飛び込んだように見えたのは、目の錯覚だろうと判断し、そのトースターを使って毎朝パンを焼いていましたが、一年位してSWがうまく入らなくなり、修理をしようと、トースターを分解してみますと、SWにはさまれたような状態で鼠のミイラが出てきました。
すぐに新しいトースターを買いに走ったことは言うまでもありません。
by katyan4 | 2007-03-18 23:17 | 松山の風景 | Comments(2)

今日は土曜日、良い天気でポカポカと暖かいので、ちょっと散歩してきました。
ソメイヨシノではないのでしょうが、道後公園のお堀端に早咲きの桜が咲いていました。
b0052286_1643353.jpg


道端にも咲いた桜がありました。
b0052286_16455258.jpg


おまけは、私の家の庭の彼岸桜のつぼみです。後数日で開花しそうです。
b0052286_16464692.jpg

by katyan4 | 2007-03-17 16:47 | 松山の風景 | Comments(3)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて