楽しいOFF会

 今日は、午後7時から松山市駅前の「堀端」で当地方のオーディオマニアが7名も集まって、楽しいOFF会が開かれました。仕事の都合で参加できなかった人も有ったようですが、次に機会を楽しみにしてください。
 参加した人は、言い出しぺのYukinyさん、幹事役のUmekichiさん、bnio-nさん、Kさん初参加のAMIEさんとキハチさん、それに私の7名です。
 初めて会ったった人も、ネットでその存在を知っていますので、顔とスピーカーがすぐに連想できるのは不思議です。というわけで、初対面でも、旧知の間柄のように話題が盛り上がります。一番に話題になったのはオーディオと家庭の平和は両立するかどうかという、切実な話題でした。皆さん色々と苦労されているようです。
 食べ物も値段の割にどっさりと出てくるといったお店で、食べ飲みしゃべりで、あっと言う間に2時間半がたちました。話が盛り上がりすぎて、写真を撮るのも忘れていました。
by katyan4 | 2007-07-31 23:19 | マニアのマニア訪問 | Comments(4)

toyo-tさんの音の変化

 昨日、大洲のコンサートに出かける前の短時間、toyo-tさんの所にお寄りして、音を聞かせて頂きました。
b0052286_1375610.jpg

前回からの変化は
1.プリアンプの増設
 金田式のプリアンプを自作されていました。
2.PC-Audio
 ノートパソコンにLANで接続する音源ユニットで音を出しておられました。

音は、今までの音はとても素直なよい音ではあったのですが、純粋すぎて色気がないと言った感じでした。プリアンプの効果なのか、音にツヤが出て、より魅力的な音に変貌していました。TWの交換や増設は全然必要が無くなったようです。
by katyan4 | 2007-07-30 13:13 | マニアのマニア訪問 | Comments(0)

今日は、Mitchieさん夫妻,toyo-tさん、RYOさんと私の5人で、大洲市民会館のコンサートを聴いてきました。大洲も高速道路が開通してから近くなりました。高速のインターに入ってから30分少しで着いてしまいますので、コンサートに行くのにも余り苦にならなくなりました。
b0052286_134011.jpg

 ホールはだいぶ古いもので、音響効果は余り良くないとの噂でしたが、舞台の後ろほぼ全面に反射板が取り付けられており、良い効果が出ていました。
 小川さんも田部さんもなかなか魅力的な容貌の持ち主で、真剣に演奏されている顔、演奏が終わったときの笑顔など、とても魅力的でした。
 演奏もさすが日本一流のピアニストのヂュオなので、聴き応えが有るものでした。ホルストの惑星の演奏はダイナミックレンジの広い迫力十分の音で、まるでオーケストラを聴いているような錯覚を覚えました。サンサーンスの動物の謝肉祭のなかの水族館では、水の細かいさざ波や小さな魚が優雅に泳いでいるのが目の前に浮かんでくるような、精妙で美しい音を聞かせてくれました。
 これで入場料が1000円とは安すぎます。
by katyan4 | 2007-07-29 23:15 | 音楽会 | Comments(3)

マニアお二人来訪

b0052286_20573127.jpg
b0052286_20574277.jpg
今日の午後、新居浜のMichelさんと香川の’教授’さんが、私のルームを訪問されました。朝から松山のオーディオマニアノイエを4軒回られるそうで、私のところは3軒目になるようでした。仕事が1時15分まで掛かったので、家に帰ったのが約束の1時30分の一分前でしたが、少し遅れてこられたので、エアコンで部屋は少し涼しく、アンプは少し暖まる時間がありました。
MichelさんはJBLD55000エベレスト(初代)という大型SPを使われており、教授さんはB&Wノーチラス801のスピーカにすべてハイエンドの機材を使われており、お二人とも相当のマニア(オタク)とお見受けしました。
 部屋に入るなり、80cmの迫力のある音をとのご希望です。余り80cmウーファーを売りにしたくないのですが、仕方がありません。恒例の地震付き映像をボリュームを上げて鑑賞しました。今日は調子よく、しっかり床が揺れていたようです。
 Michelさんは、だーださんに負けない大音量派のようで、デジチャンのレベルメーターが黄色に点灯したのは、初めての経験でした。
 おそるべきはエベレストですね。
by katyan4 | 2007-07-28 21:03 | マニアのマニア訪問 | Comments(9)

INTEGRA DTC-9.8 続報

 今月の初旬にDTC-9.8を予約して、20日発売とのことで、首を長くして待っていましたところ、21日に販売店からメールが来て、販売店に届いた数が非常に少なく、私の方に回すことが出来ないとのことでした。
 今日、ONKYOから直接メールが来ていました。販売予想を読み違えていて、初回ロットの生産台数が、たった30台だったそうです。これでは販売店に1台ずつしか回せなかったでしょうね。
 次のロットは台数を増やし前倒しで生産するそうですが、それでも8月末になるそうです。
コストパフォーマンスの良いAVプリアンプを待ち望んでた人が多かったのでしょう。DENONの高額なAVプリで有れば、初回の生産台数は30台でも良いかもしれませんね。
by katyan4 | 2007-07-26 09:28 | 装置・アンプ | Comments(5)

小川典子&田部京子のデュオ・コンサートが今度の29日(日曜日)に大洲であります。
b0052286_13593534.jpg

b0052286_13594672.jpg

この二人の演奏が1500円(前売りなら1000円)で聞けるなんて、安い!!
曲目も魅力的な編成です。
聴きに行かれたい方は、コメントで申し込んでください。Mitchieさんがまとめてチケットを手配していただけるそうです。
by katyan4 | 2007-07-24 14:02 | 音楽会 | Comments(6)

 このところ、使っていないオーディオ機器が増えてきて、一つの部屋を占領(少しオーバー?)するような状況になってきましたので、この連休に荷造りして送り出せるようにと、10個ほど出品しました。使わなくなったパナソニックのデジタルAVコントロールアンプ、余り使わないシャープのデジタルプリメインアンプ、買い込みすぎたソニーのデジタルプリメインアンプ。ずっと使っていないED-βの動くかどうか解らないビデオデッキをを2台、動かないナカミチのカセットデッキ、その他です。
 ジャンクのものでもちゃんと買ってくれる人がいるのは少し驚きです。
昨日はその荷造りで汗をかきました。おかげで今日は首が痛くなり回らなくなってしまいました。
 でも、部屋はまだ片づいていません、後15個くらいは出さないと片づかない様です。
by katyan4 | 2007-07-16 21:49 | 色々なこと | Comments(3)

 色々忙しくて、アルテック291-16Kを使用した調整をする時間がなかったのですが、ようやく調節してみました。アルテックを1kHzから4kHzで使用しました。

左CH
b0052286_21223832.jpg


右CH
b0052286_21225426.jpg


両CH
b0052286_21231082.jpg


アルテック291-16Kの受け持ち帯域は結構でこぼこが大きな特性になっていますが、音は以前よりおとなしい感じになっており、いやな音は余りしないように感じます。
いやな音に聞こえるのは私の耳のせいかもしれませんので、過去の経験ではしばらくすると自然に良くなることもあり、今回もそうかもしれませんので、当てにはなりませんが。
by katyan4 | 2007-07-14 21:25 | 装置・スピーカー | Comments(0)

 最近ようやく、OHKYO、パイオニア、デノンなどから、「ドルビーデジタルプラス」「ドルビーTrueHD」「DTS-HDハイレゾリューションオーディオ」「DTS-HDマスターオーディオ」などのビットストリーム入力に対応。各フォーマットのデコーダーを搭載したものが、発売や発売予告され始めました。Blie-RayやHD Disikが発売されて6ヶ月以上たってようやく発売され始めたということは、技術的な問題点が沢山有ったのでしょう、
 しかし、そのようなデコーダーを搭載したAVコントロールアンプを買えば、すぐに色々なデコード音声が入ったDiskの音がアナログ変換無しで楽しめるのかと思っていましたら、そうではないようです。再生するプレーヤの方にもそのデコード信号ビットストリームのを送り出す機能がないといけないのだそうです。かろうじてドルビーTrueHDはSONYのゲーム機のPS3とパイオニアのBDP-LX70だけで、それ以外のデコード信号をピットストリームで出すプレーヤーは皆無のようです。
 色々発売予定のAVコントロールアンプの中でこれに食指が動いています。
b0052286_2264660.jpg

ONKYO の integra DTC-9.8です。パワーアンプの入っていない、AVコントロール・プリアンプです。DENONにも同じようなプリ・アンプが発売されるようですが、値段が3倍以上も高いのです。
 一つ心配なことは、今は発売されなくなった、DVD-Audioのピットストリーム信号を再生できるかどうか解らないことです。SACDに関しては、PS3では可能なようなのですが。
by katyan4 | 2007-07-12 22:12 | 装置・アンプ | Comments(2)

 PCオーディオ用のPCを制作するのにあたって、あまりCPUのパワーは必要ないと思って、AMD Anthron64 3800+ 45w を選択したのですが、i-Tuneを使用して、LAN経由で再生してみますと、時々音がとぎれます。再生中に他のソフトを立ち上げたり、マウスを動かすと音がとぎれるのです。何もしなくても音がとぎれることもたまにあります。
 Windows タスクマネージャーを立ち上げて、パフォ-マンスでCPU使用率を観察してみますと、音がとぎれるときには、使用率が100%なっているではありませんか、以前に使用していたCPUも3800+でしたが、デュアルコアでしたので、一方のコアが100%なっても、もう一つに余裕があったために音がとぎれなかったようです。
RME Firefaceが原因かとも思い、USBの音源ユニットに変更してもやはり同じでしたので、CPUの能力の余裕のないのが原因なのでしょう。
b0052286_1453331.jpg

というわけで、Anthron 64×2 Dual Core 5200+ 64W に交換しました。
すっかり安定した動作になりましたので、音も良くなった感じ(オーディオマニアにありがちな、錯覚?)がします。
 CPUの温度を観察してみますと、30度台で安定しています。マザーボードの温度より低いのです。というわけで、ケースファンの回転を止めて、電源ファンのみで使用しています。騒音は視聴位置ではほとんど聞こえなくなりました。
by katyan4 | 2007-07-08 14:07 | PCオーディオ | Comments(9)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて