伊丹十三記念館

b0052286_1821762.jpg
松山出身の多彩な芸術家である伊丹十三の記念館が松山にあります。奥様の宮本信子さんが、私財投じて建設された記念館が松山に出来て約一年になります。場所は松山から高知の方に走った重信川のほとりにあり、松山の中心より車で約10分です。

先週、松山在住の人間としては恥ずかしながら初めて行ってきました。

黒い四方型の建物で、中心に庭がある回廊式の記念館です。

正面の玄関を入ると受付と記念品売り場があり、右側が常設記念館、中庭を挟んだ奥が喫茶室、左側が収蔵庫となっています。

常設館にはいると色々なテーマに分かれて、色々な物が展示されていました。

1.池内岳彦(伊丹十三の本名)
 ここでは、幼児鋸路から中学校時代の写真や絵、日記などの展示があります。

2.音楽愛好家
 愛用のギターとバイオリン、レコードコレクションの一部など

3.商業デザイナー
 伊丹十三が装幀を行った色々な本。

4.俳優
 プロマイド、チャールトン・ヘストンと共演した「北京の55日」のパンフレット等

5.エッセイスト
 彼の書いた色々なエッセイ集やエッセイが掲載された雑誌など
 その内の「ヨーロッパ退屈日記」は記念品売り場で購入しました。

6.イラストレーター
 彼が描いた、本や雑誌のイラスト各種の展示

7.料理通
 彼が料理に使用した台所用品や食器の展示

8.乗り物マニア 
 愛車MG-TFとその車を描いたイラスト等
 最後の愛車のベントレーは別棟に展示されています。

9.テレビマン
 ドキュメンタリー番組に熱中していた頃の映像や、使用していたカメラ、テープレコーダー等

10.猫好き
 父親の万作譲りの猫好きだったようで、猫と一緒の写真が多数

11.精神分析啓蒙家
 一頃、精神分析に非常に興味を持っていたようです。

12.CM作家
 色々なテレビコマーシャルを手がけていたようです。愛媛では「一六タルトのコマーシャルが 有名

13.映画監督
 やはり一番は、映画監督でしょう。「お葬式」のセットの一部や撮影機材、色々な作品のオリジナル原稿などが沢山展示されていました。

 余り広くはないスペースですが、要領よくコンパクトに展示されており、伊丹十三の全速力で駆け抜けた多彩な一生がよく解りました。
b0052286_14142432.jpg

by katyan4 | 2008-10-21 18:34 | 松山の風景 | Comments(0)

だーださん来訪

 ハワイに転居されているだーださんが、一年ぶりに帰ってこられ、今日は松山のオタクのオタクを5軒も回られるとのこと。私の所は4軒目の訪問の予定でした。
 Umekichi邸、bio-n邸、Amie邸、私の所、RYO邸の順番です。
2時半頃には、Mitchieさんも来られておりましたので、私の所は私以外に6名のマニア(オタク)が集まったことになりました。
b0052286_21422034.jpg


 私の奥さんは避難のためにさっさとどこかに居なくなりましたので、遠慮無く大きな音を出すことが出来ました。

 だーださん好みの女性ボーカルのブルーレイディスクをかけ、映像で音を誤魔化す作戦が成功したように見えましたが、Umekichiさんの所では魅力的な音がする女性ボーカルのCDをかけましたところ、ひどい音が出てしまい、化けの皮がはがれたようです。
 
 「私のシステムはBSデジタル放送の音が一番良い音になるように調整しているので、癖のあるCDはひどい音になることがあるのですよ」と弁解しながら、「東京JAZZ2008」のライブ、上原ひろみ(P)と熊谷和徳(タップダンス)での「ラプソディ・イン・ブルー」を再生して締めとしました。
上原ひとみの素晴らしいテクニック。美しいピアノの音色と迫力の有るタップダンスの床の音は好評だったようでした。

 午後7時からは、OTさんも加わり、焼き肉屋で懇親会です。予算をケチりましたので、決して美味しい焼き肉ではありませんでしたが、そこは同好の士の集まりですから、楽しい懇親会になりました。
by katyan4 | 2008-10-13 21:46 | オタクのオタク訪問 | Comments(6)

モモンガさん来訪

 運動会の季節、今日は孫の運動会で今治まで行って来ました。可愛い幼稚園児達のあどけない笑顔を沢山見ることが出来、心が穏やかになりました。
b0052286_22362686.jpg



 帰ってきてしばらくすると、RYOさんから℡がありました。昨日久万高原のJAZZライブを一緒に聴きに行かれたモモンガさんが今日も松山滞在で、私の所へ訪問したいとのことでした。マニアもマニア訪問デイは明日のことだと思っていましたので、私の部屋は一週間前の作業やりかけのままで、足の踏み場もありません。あわてて足の踏み場がある程度まで片付けたところへ、お二人が来訪されました。
今日はOTさんの所へも訪問されたそうで、一安心(笑)。OTさんの所よりはいくらか綺麗になっていたようです。
 モモンガさんのリクエストで、主に弦の入ったクラッシックを主に聴いて頂きました。明日のマニア訪問用に少し中高音のレベルが+1dbほど挙げてあったので、クラシック音楽には少しハイ上がりの音だったかもしれません。
by katyan4 | 2008-10-12 22:38 | マニアのマニア訪問 | Comments(3)

 昨日は、仕事が終わってから自転車を漕いで、エスパス21日までこのリサイタルを聴きに行きました。駐車場が狭いので、車だと駐車できないかもしれないと思ったからですが、駐車場はがらがらでした。と言うことは、会場も約半分の入り。
 待つことしばし、お二人の演奏会が始まりました。古川さんは背が高い好男子、藤井さんは小柄な魅力的な女性で、良い雰囲気でした。
 バスクラリネットは見るのも音を聞くのも初めてでしたが、普通のクラリネットの約4倍くらいの長さが有るようで、つっかえ棒(?)が下の方に付いていて、それを床に着けて演奏するのです。
 初めは、バッハの無伴奏チェロ組曲第一番でしたが、チェロと同じ音域が出るようで、柔らかい低音の響きはとても良い物でした。途中でピアノ独奏が入ったりしましたが、サン=サーンスとプーランクのクラリネットソナタのバスクラリネットでの演奏でした。普通のクラリネットに持ち替えてのピアソラのタンゴもなかなか素晴らしい物でした。
 ピアノの藤井さんは、小柄な体からは想像付かないような力強い迫力のある演奏で、スタークのOde to Ode to joy 「Oh ! 喜びの歌」は初めて聴いたのですが、とても面白かったです。
b0052286_7133931.jpg

by katyan4 | 2008-10-09 07:13 | 音楽会 | Comments(2)

b0052286_653689.jpg


バスクラリネットとピアノのリサイタルです。

お二人の経歴は
b0052286_6551725.jpg


生のバスクラを聴いたことは有りませんし、エスパス21は音響も良いので、すてきな音色が聴けるのではないかと楽しみです。
by katyan4 | 2008-10-04 06:58 | 音楽会 | Comments(1)

 追加注文していた部品が届きましたので、改造を再開しました。出力トランスを半田付けして、基板は完成。早速ケースに組み込みました。
b0052286_21425418.jpg

+9Vとアースを半田付けし、次は最後の難関0.3mm間隔のICの足への半田付けです。
b0052286_21443543.jpg

ごらんのように、拡大鏡(3個)と照明とを準備しての作業でしたが、見事に失敗!!

足と足とに半田のブリッジか出来たりしながら、何回か半田付けにチャレンジしましたが、とうとうICの足が1本無くなってしまいました。
b0052286_21475834.jpg

このデジカメの接写写真のようによく見えれば良いのですが、拡大鏡を使ってもこれほどよく見えないのです。

ああ!!疲れた。

早く寝よう
by katyan4 | 2008-10-02 21:49 | 装置・アンプ | Comments(2)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31