この連休に、妻に連れられて、ソウルへ行ってきました。
松山空港から1時間半しか掛かりませんから、東京へ行くのと同じくらいです。今は円が高くなっていますので、ソウルの免税店でブランド物を買うと安いのだそうです。と言うわけで観光と言えば19代の王様の位牌が祀ってある世界遺産に行ったくらいで、私にとっては退屈な3日間でした。
ソウルの中心部は車がものすごく多くて大変な混雑なのですが、周辺の道路は広くて良く整備され、日本の道路より広々とした感じでした。吃驚したのは、ソウルの周辺に20階建て以上もあるような高層住宅が100棟くら集まった住宅地が何十カ所も有るのです。1戸の広さも日本の平均より広そうです。鉄道は少ないようですので、車が多いのもうなずけます。

仁川国際空港もとても広く、滑走路も3本あり、ハブ空港としての機能が揃っているようでした。

仁川国際空港到着は夜
b0052286_20412453.jpg

ホテルから見えた、南山の上に立っている展望台件テレビ塔
b0052286_20422472.jpg

ソウル市内
b0052286_20425594.jpg


b0052286_20431046.jpg


b0052286_2044950.jpg

ロッテ免税店(火曜日の朝早くなので、お客さんは少ない)
b0052286_20453346.jpg

仁川国際空港のショッピングモール
b0052286_20463546.jpg

ピアノ・トリオの演奏も(結構上手)
b0052286_20472082.jpg

待合いロビー
b0052286_2047536.jpg

この飛行機に乗って帰ってきました。
b0052286_20483383.jpg

いよいよ出発です。
b0052286_20485555.jpg

飛行機の窓から見えたソウル近郊の高層住宅群
b0052286_20494565.jpg

飛行機の窓から見えた釜山近郊の高層住宅群
b0052286_20503714.jpg

一路松山空港へ
b0052286_2051217.jpg

by katyan4 | 2008-11-26 20:51 | 色々なこと | Comments(3)

 Kenrick Soundの電源タップKR-4TPをマルチアンプ方式のメインシステムで使ってみましたが、音質が変化したかどうか分かりませんでした。5個使用している電源タップの内の1個を変えてみたわけですから、当たり前と言えば当たり前ですね。
 そこで、コンデンサスピーカー(アクースタットM3)を使っているサブシステムで使用してみました。
b0052286_1110385.jpg


電源タップに接続した機器は、パイオニアのユニバーサルプレーヤーDV-S858AiとパイオニアのAVアンプVSA-LX70でアクスタットM3を駆動するという、シンプルな組み合わせです。
DV-S858AiとVSA-LX70とはあえてアナログ接続にしてみました。
b0052286_1114851.jpg


電源タップにデンゲンコードを接続した状態
b0052286_1115126.jpg

電源タップは大きさの割にずっしりと重たく感じる物なのですが、電源コード[KR-PW15]が太くて硬いコードを使っていますので出来るだけ曲げないようにしないと、電源タップが動いてしまいますので、置き方に注意が必要なようです。

この電源タップに接続し直して、女性ボーカルを聴いてみますと、第一印象として高音の抜けが良くなった感じがしました。色々なCDを聴いてみますとはっきりは言えませんが音の品位が良くなったようです。コンデンサースピーカーなのでそんなに迫力のある低音は元々出ないのですが、何か低音が延びているようにも感じました。
by katyan4 | 2008-11-23 11:23 | 装置・その他 | Comments(0)

奇妙なBlu-Ray DISK

アメリカのアマゾンを覗いていると、11月に沢山のクラッシック系のBlu-Ray DISKが発売になっていました。オペラの物がいくつか有ったのですが、アメリカ版なので、日本語の字幕が付いていません。オペラ以外に、AUDIOが7.1 DTS HD MAと表示された物がいくつか有りました。
 その内の4枚を選んで注文しておきました。
1.Uncommon BACH
2.Rachmaninov.Piano Concert 2&3
3.BACH : Ohchestral Suites No.1.2&3
上の3枚は今日届きました。

早速開封して、Panosonic DMR BW830で再生してみましたところ、DISKの表示がDVD-R DL AVCHD と表示されるではありませんか、DSIKを排出して盤面を観察するとDVD-Rの色素系の色です。パソコンのDVDドライブに挿入してみますと、間違いなくDVD-R DLと認識されました。
狐につままれた感じでDMR BW830で再生してみますと、音はDTSのマスターHD7.1CHサンプリングレート96kHzのまあまあの音なのですが、映像が付いていません

もう一枚発売が遅れてまだ届いていない
Wolfgang Amadeus Mozart: Piano Concerto No.25 / Piano Sonatas
これも同じようなDISKのようです。

ラベル面を見ると、ちゃんとBlu-Rayの表示がついています。でも明らかにBlu-Ray DISKではないわけですから、これって詐欺の一種ではないでしょうか。

もう一枚後10日くらいして届くと思うこのDISKは、ちゃんとした物のようですから、映像も付いているものと思われます。
The Opera Gala [Blu-ray] (2007)
同じ演奏のCDは発売されており、演奏も録音も素晴らしいので、このBlu-Ray DISKは期待がもてそうです。

ラベル
b0052286_2184717.jpg

記録面
b0052286_2185676.jpg


AmozonでこれらのDISKの批評欄を見てみますと、次のような批評がありました。

I'm so angry I bought this that I don't know where to begin.

Well first off, it is VERY DECEPTIVE advertising for this product to be marketed as a Blu-ray disc of a musical program. It is not. It is actually a DVD burned in the AVCHD format. The media it is on is a burned (not pressed) dual layer DVD-R that someone burned on a computer or low volume replicator.

It DOES play on my Panasonic DMP-BD30 player, but as an audio only DVD. That's right - DVD !!!! At boot-up, my player recognized the disc as a DVD.

The information screen on my player reveals that the video codec used is MPEG-2 (which is nothing but a blank screen) and the audio codec is DTS-HD MASTER. My Pioneer Elite receiver confirms that. It is indeed multi-channel HD audio, but nothing more. There is no video, no menu, no user-interface whatsoever. There is no way to interact with the disc at all except through the PLAY, PAUSE, STOP, CHAPTER+ & CHAPTER- buttons on the remote. The chapter skips are slow, clunky and inaccurate and always result in a second or two of selected chapter being clipped.

The packaging is a standard Blu-ray snap case with a printed cover and insert booklet. The insert and cover are almost unreadable since they chose such a stupid ornamental font for everything.

All of this is really unfortunate, because the musical content is actually good. It's just not practical to use because it is in such a proprietary format that cannot be enjoyed as an A/V experience.

I can't believe this was $21.95 at Amazon! A complete rip-off. Don't buy it! :-(


結局、Blu-RayフォーマットでDVD-R DLに焼かれた「7.1 DTS-HD Master Audio Disc」なのですね。
by katyan4 | 2008-11-22 20:41 | 今日の一枚 | Comments(0)

上原ひろみライブを聴く

上原ひろみライブ

b0052286_1913792.jpg

(写真は上原ひろみのブログより)


 昨夜は、松山市総合コミュニティセンターで上原ひろみのライブがありました。チケットを買ったのが遅かったので、ホールの後ろの方(最後列から6列目)で、ひろみチャンの顔はハッキリ見えませんでしたが、音量的(私の耳には)には丁度良い席でした。

 座席を全部出すと1000人収容のホールなのですが、一番前のブロックの左右の端は座席を出していませんでしたので、座席が900で観客は約800人くらいは入っていたようです。Michieさんの話によると、JAZZのライブでこんなに沢山の観客が入るのは、松山では希有のことだそうです。半分は若い女性のでしたが後は様々な年齢層の観客でした。

 演奏はツアー2日目だからなのでしょうか、前半は少し息が合わない感じの所もありましたが、後半は絶好調!! ひろみチャンのゴム鞠が弾むようなパフォーマンスのピアノ演奏に感激しました。

 激しい演奏も素晴らしかったのですが、アンコールで独奏した静かな曲(名前は不明)は細やかなタッチの感情豊かな素晴らしい演奏でした。

 アンコールの最後では、観客が総立ちで最高に盛り上がりましたが、私は年のせいなのか、立ち上がってそれに加われませんでした。後から考えるとそれに参加出来なかったのが残念です。
by katyan4 | 2008-11-19 12:39 | 音楽会 | Comments(2)

 私は従来、電線や電源タップには無頓着で、スピーカーコードはホームセンターから買ってきた、電源コードを使ったり、電源タップも980円売っているのを使ったりしていました。物置オーディオルームに来たお客さん達のあきれた顔を見るのも悪くないのですが、あまりにもひどいと自覚して、電源タップにはオーディオテクニカ製やTASCAM製のノイズ対策が取ってある物を使っています。これで、ノイズは殆ど耳に付きませんし、音にも余り不満はないのですが、電源タップや電源コードに良い物を使ったら少しは音が良くなるのではないかとは思っていました。
 この間、ヤオフクを見ていましたら、格好の良い電源ボックス[KR-4TP}がKENRICK SOUNDから出品されていました。価格も29800円と余り高くありません。

 早速注文して今日届きました。
b0052286_204583.jpg

b0052286_20452880.jpg

6mm厚のアルミダイキャスト製のずっしり堅牢なボックスに無色透明なコンセントが金メッキのビスでしっかりと止めてあります。組み立て用のビスも全て金メッキ製です。

金メッキ製のスパイクと受け皿も付属しています。金メッキのビスとスパイクが音質に影響するかどうかは疑問のあるところなのですが、見た目は豪華で綺麗ですから、悪いことではないと思います。
b0052286_20501421.jpg

始めは、スパイクを下に向けて設置しようと思いましたが、スパイクを両面接着テープでボックスの底面に固定しないかぎり、不可能でした。両面接着テープを使うことには抵抗がありましたので、スパイクを上向きにして使うことにしました。スパイクを使う原理から考えると上向きでも下向きでも同じのはずです。
b0052286_20524227.jpg

このスパイクは高さを調節できるように考えて出来ていますので、4本のスパイクを使ってもガタがないように設置可能です。
b0052286_20543384.jpg


電源コード「KR-PW15」も有ります。コードの太さは約1.7cmもあり、いかにも大電流が流せそうな物です。定価は19800円なのですが、電源ボックスと同時に購入して簡単なコメントと画像を送るのが条件で9800円で購入できます。
b0052286_2059593.jpg


電源ボックスと電源コードを接続するとこの様になります。
b0052286_211863.jpg


とりあえず、マルチアンプで使用している中低音、中音、中高音、高音用のパワーアンプをこれに接続して音を確かめてみようと思っています。
by katyan4 | 2008-11-17 21:06 | 装置・その他 | Comments(1)

テープ類の整理

 少し前のニュースに、ビクターがVHSテープデッキの発売を中止したとのニュースが出ていました。そういえば、この何年か、テープ類に録音したり録画したりしたことはありません。D-VHSテープにデジタルハイビジョンを録画したのが最後になると思います。
 オープンテープデッキやカセットデッキで録音したことはもう20年位していないと思います。
今日、スピーカーの後ろにある書庫兼物置に入って見てみますと、10インチのテープが約40本、7インチのテープが約250本、カセットテープが約100本、ビデオカセットが300本ほども有るではないですか。この10年間殆ど再生した事がない物ばかりです。
 これから、死ぬまでまず再生することは無いと思い、整理することにしました。

10インチのオープンテープは、ヤオフクを見てみますと、まだ落札する人がいるようですから、オークションに出す予定ですが、それ以外は捨てるしかないようです。古い物は45年前の物もありますが、古くなると価値が出る物では有りませんので、仕方がありません。

10インチのオープンテープを引っ張り出して、昔録音したFM放送の物を再生してみましたが、とても美しい音で再生できました。
b0052286_16313558.jpg

静かに、10インチのテープが回っているのを見ながら、音楽を聴くのは良い物ですね。
勿体ない気もしますが・・・・・・・・
b0052286_1631434.jpg

10インチテープの一部
b0052286_1632081.jpg

by katyan4 | 2008-11-09 16:35 | 色々なこと | Comments(3)

昨夜は、大音量のライブを聴いてきました。
小山とトリオを組む、スガダイロー(P)と川村竜(b)がとても良く、とても楽しめました。

スガダイロー

b0052286_20585757.jpg

なかなか素晴らしいテクニックで、グレッチの余り良くないアプライトピアノが良い音を出していました。椅子から転げ落ちるのではないかと思われるパフォーマンスも見ていて楽しいものでした。






小山彰太
b0052286_2123119.jpg
小山彰太のドラムは相変わらずダイナミックな演奏。今回は4m程離れて聴いたのですが、耳の中の耳くそが暴れまくり、鼓膜の振動が痛みを感じるほどで、満足満足



川村竜のベースも約2mの距離で聴いたのですが、力強い演奏で、ベースの弦の振動を体に感じる事が出来ました。




オーディオで、これほどの大音量を出しますと、30分程でくたくたに疲れる事が多いのですが、生の音は疲れないのが不思議ですね。
by katyan4 | 2008-11-08 21:08 | 音楽会 | Comments(2)

Mitchie さんから、メールが来ていました。

上原ライブより1週間前になりますが、7日(金)に板橋トリオのドラマー小山彰太が

若手俊英ピアニストとべーシストを連れてグレッチでやるようです。

前回の登敬三とのデュオほどは、ハードなものにはならないと思います。お時間が
あればどうぞ。(例によって予約は無用と思います。:笑)


b0052286_1644555.jpg


 私のリスニングルームより狭いグレッチで、力一杯叩くドラムの音を楽しみたい人は、是非一度聴きに行かれることをお勧めします。
 しばらくの間は自分のシステムでドラムスの音を聞く気がしなくなることは間違い有りません。
by katyan4 | 2008-11-06 16:47 | 音楽会 | Comments(2)

b0052286_9362152.gif

上原ひろみ 2008年日本ツアー
11月16日から12月28日の間、日本各地で12回のコンサートが開かれるようです。
11月18日には、なんと松山の総合コミュニティーホールで開かれるのだそうです。

今日、早速チケットを買いに行きましたが、残席は170あまりで、後ろの方の席しか残っていませんでした。PAの音を聞くのですから、少し後ろの方が耳が痛まないと思いますが、もう少し前がほしかったのですが。
by katyan4 | 2008-11-02 22:12 | Comments(2)

T邸 再々再訪問

 Tさんから、6wayが完成したのとメールが入っていましたので、お休みの今日、訪問してきました。

システムの全景です。
b0052286_21505217.jpg


ホーンスピーカーの配置は
b0052286_2151376.jpg

上から中低音、中音、中高音、高音の配列です。
下に行くほど少しずつ内側に配置されているように見えますが、中央の視聴位置から見ると、インランの配列になっています。ネットに隠されていますが、パイオニアのリボンTWが付け加えられており、正確には6+1wayになります。
相変わらず、ざっとした私の所とは異なり、手抜きはありません。ホーンの上下の角度も、視聴位置に合わせて微妙に下の角度が付いています。

パワーアンプのYAMAHArの同型が6個、整然と置かれています。
b0052286_21523489.jpg


各ユニットの受け持ち周波数は、この様になっています。
b0052286_21532965.jpg


音は前回にましてバランスのとれた音になっています。中音と中高音はRADIANのユニットなので、中~高音はRADIANらしい素直で歪みの少ない音、低音もホーンなので弾むような低音が出ていました。

Tさん曰く、音もまとまったので、これで終わりにしたいとのことでした。

マニアの習性として、多分これで終わりにはならないと思います。

次の改良を楽しみにして、辞去してきました。
by katyan4 | 2008-11-02 22:01 | オタクのオタク訪問 | Comments(0)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて