「ほっ」と。キャンペーン

 7月8日に行われる、松山RC75周年記念音楽会で演奏予定の、イリーナ・メジューエワさんが、今日卓話をしてくれました。
b0052286_21123420.jpg

 松山市出身のご主人と一緒に、今日の例会に参加していただきました。短いお話(上手な日本語で)の前後に、ドビュッシーやショパンの曲の演奏がありました。たおやかな美人の外見に似合わず、ピアノのタッチはとても力強い演奏で、7月8日の演奏会が楽しみです。
by katyan4 | 2012-05-29 21:18 | 音楽会 | Comments(0)

高知遠征

 昨日の5月27日の日曜日、RYOさんとエクスクルーシヴさんと私の3人の「オタク」が、高知の「オタク」訪問に行ってきました。
 朝7時30分に出発、新しく開通した三坂トンネルを通って、まずは四国カルストに寄りました。雲一つない上天気で、とても良い眺めでした。
b0052286_11131192.jpg

その後、大野ヶ原で美味しいチーズケーキとを食べた後、久礼大井町市場に寄り、昼食のカツオの「たたき定食」の食べました。さすが本場、美味しいカツオでした。
 
 最初の「オタク」訪問は、I さんのお宅です。DVDを観賞するために組み上げた装置とのこと。
まずはフロントに置かれたスピーカー群
b0052286_1126918.jpg

後方のスピーカー群
b0052286_11264149.jpg

アンプ群
b0052286_11271146.jpg

アルテック、EV等のユニットを組み合わせて使っておられます。パワーアンプはアムクロンK2。
いきなりDVD「トップガン」の冒頭部分の再生をまるで空母の上で聞いているような大音量で聞かせていただきました。110dbを超える猛烈な迫力に声も出ません。座っているソファーはボディソニックが組み込まれえいるように震え、耳だけでなく体全体で音を観賞しました。これだけの大音量でも、ひずみ感など絶無なのに脱帽です。
 
 
 2番目の「オタク」訪問は、Kさんおお宅です。
60畳以上あるような、広いスペースに、使っていないオーディオ機材がぎっしりと詰まっています。中古のオーディオショップといった感じです。
 すぐに音を出していただきました。
まずは現代JBLとして「Screen Array」
b0052286_11375775.jpg

Vintage JBL 1
b0052286_11384574.jpg

Vintage JBL 2
b0052286_11392792.jpg

エレクトロボイス
b0052286_11401382.jpg

Vntage アルテック
b0052286_1140561.jpg

パワーアンプは、やはりアムクロン
b0052286_1143597.jpg

 Kさんの装置の一番の特徴はスピーカーを左右一組ずつではなく2組以上、または低音部分だけ2組以上組み合わせて、音を出されていました。
 低音の音場が厚く広がった余裕のある音になっていましたが、音の低位に関しては問題があり、ボーカルなどでは歌手の口の直径が1m以上にも感じられることがありました。しかし、これだけ多数の機材を沢山集められ、音の完成を目指しているKさんの馬力と情熱に脱帽。


 オーディオの楽しみ方にも色々あるのだなというのが、高知遠征の感想でした。、
by katyan4 | 2012-05-28 12:03 | オタクのオタク訪問 | Comments(5)

LANG LANG LISZT now
b0052286_2292597.jpg

ロンドンのROUNDHOUSEでのライブ録音ですが、普通のクラシック音楽のコンサートらしくない、ポピュラー音楽風のライブ録音なのです。動きのある照明、スモッグなどの舞台演出とアナウンス。観客も大きな歓声と口笛を吹いたりしますし、沢山の観客がデジカメで自由にムービーを撮影しています。
 演奏の方も表現がややポピュラー音楽風ですが、LANG LANGの華麗なテクニックを楽しめます。
音声は2chステレオです。


LANG LANG Live in Vienna
b0052286_22205465.jpg

ウィーンの楽友協会ホールでのコンサートのものです。こちらの方は正当的なクラシック音楽の演奏会です。
ベートーベン、プロコフィエフ、ショパンなどのピアノ曲を演奏しています。
こちらの方は3D映像も収録されています。私の所はまだ3Dには対応しておりませんので、どのような効果があるのかわかりませんが、3D映像の必要性があるのでしょうか。
音声は5.1ch DTS HDで、ゆたかなサラウンド音声が楽しめました。
by katyan4 | 2012-05-26 22:30 | 今日の一枚 | Comments(0)

私の所属している、松山ロータリークラブ75周年記念演奏会として、浦川宣也(Vn)さんとイリーナ・メジューエワ(P)さんのリサイタルを行うことになりました。
b0052286_8335430.jpg


5枚ほどチケットがあります。先着順で”タダ”でお分けします。コメント欄に申し込んでください。
by katyan4 | 2012-05-25 08:36 | 音楽会 | Comments(21)

 昨夜は、松山市民会館中ホールで、室内楽の音楽会があり、聴いてきました。
b0052286_8225492.jpg

元バイエルン州立管弦楽団のチェロ奏者のフリードリヒ・クラインクネヒトさんと松山在住の3人の音楽家による、室内楽です。
 林さんは松山が誇る素晴らしいピアニスト。乗松さんは松山で熱心に音楽活動を行っておられるヴァイオリニスト。西村さんは私の友人の息子さんで、新進気鋭のヴァイオリニストです。
 どの曲もなかなかの好演で、楽しめました。中でもレーザーの2台のヴァイオリンのための3つの二重奏曲は初めて聞く曲でしたが、スリリングな演奏で楽しめました。
by katyan4 | 2012-05-24 08:25 | 音楽会 | Comments(0)

 この四月より、職場を変わり常勤の状態になったのと、自宅の改築が重なり、時間的また精神的な余裕が少なくなり、オーディオに時間がさけませんでした。
 だいぶ仕事にも慣れて、装置のチェックをしてみますと、最低音(JBl W15GTi)を駆動しているClassic Pro V4000と0.1ch(Fostex FW-800)を駆動しているClassic Pro CP-1400の片chから音が出ていませんでした。両方とも冷却ファンの音がやかましいので、ファンを止めて天板を取り除いて使用していましたので、冷却不足だったのかもしれません。
 Classic Pro V4000はとても大きなトランスの重量級のAMPで出力も600W/8オーム×2と大出力で、余裕のある低音が出ていましたので、とてもこの値段のものとは思われないAMPでした。
 冷却FAN の無い安いAMPを探しますと、BEHRINGER(ベリンガー)/A500があり125W/8オーム×2、ブリッジ接続で375Wの出力があり、値段も18500円と超廉価なものです。Fostex FW-800は能率は悪くないSPですから、出力は十分だと思います。これをブリッジ接続で使用します。
b0052286_10543710.jpg
b0052286_1055757.jpg


 最低音のJBL W15GTiは低能率高振幅のカーステレオ用のスピーカーでこれを小さな箱に入れ、大出力のAMPで駆動するスピーカーですので、100W程度のAMPですとすぐにプロテクトがかかるか、傷んでしまいますので、最低でも500WのAMPが必要なのです。
 色々検討して、Classic Pro CP-4200にしました。これはマルチchAMPで、200W/8Ω×4、ブリッジ接続で600w/8Ω×2の出力があります。カスタマーレビューにファンの音が静かであると書かれていたのも、これを選んだ理由の一つです。それに39800円ととても安いのです。
b0052286_1162784.jpg
b0052286_1164847.jpg


ファンの音も静かで、低音の余裕も有るようです。
このように安いPAアンプは、トランスは結構良いものが使われているのですが、電源の電解コンデンサーが小さいですね。
by katyan4 | 2012-05-23 11:09 | 装置・アンプ | Comments(0)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28