「ほっ」と。キャンペーン

Line Arrayについて

 TWを4個縦に配列して測定してみて、興味がわき、いわゆるLine Array方式のスピーカーについて調べてみました。

Line Arrayは主にPAに使われている場合が多く、巨大なスピーカーを縦に何個も積み重ねているのがこれに当たります。左右の指向性は平坦ですが、上下の指向性が強くなり、ビーム状の指向性となり、遠くまで音が届くといわれています。


JBLのCBTシリーズは主にホール用のスピーカーです。
CBT 200LA-1は、縦に32個の2インチスピーカーを並べています。
b0052286_1558144.jpg


最近、テレビでフィギュアスケートを見ているとリンクの天井に何個もカーブのかかったLine Arrayスピーカーが取り付けてあるのが見えます。カーブを掛けることによって、同じ周波数特性の音を広い範囲に届けることが目的のようで、直線配列のものとは考え方が違うようです。私のシステムで聴くと、低音は雄大に高音は輝かしい音で聞こえます。スピーカーの性能が良いのか、氷の反射で良い音になるのでしょうか。
b0052286_1624523.jpg


家庭用に使えるものはないかと探してみると
Audio Artistry CBT36K Line Array Speakerが有りました。
b0052286_1635010.jpg


18個の Dayton Audio 製 3-1/2インチ アルミニウム・コーンドライバーと 72個の 3/4インチアルミニウム・ドーム・TWが使われています。高さ5フィートで写真のように湾曲したボックスです。
 ただ湾曲して配置してあるだでなく、上に行くほど出力を絞って上下方向の音圧と周波数特性の差を少なくしてあるようです。
 
キットで提供されており、値段もペアで2000ドル以下と、最近のハイエンドの機器と比べてはるかに安いのです。
 詳細な製作マニュアルも有り、これを読めば、だれでも製作出来そうです。
 
 このキットを取り扱っているParts Expressのホームページを見てみると、自作マニアが喜びそうな沢山のキット商品が掲載されています。アメリカにもハイエンドのマニアだけでなく、キットで割安にオーディオを楽しむ人が沢山いるのですね。
 しかし、その商品の生産地を見るとほとんどChinaまたは台湾で、日本製はあまり有りませんので、一抹の寂しさを感じます。
by katyan4 | 2012-11-26 16:14 | 装置・スピーカー | Comments(0)

隠し味の ELAC CL4 Pi-Plus リング・リボンTW
b0052286_18283417.jpg


 Wavecor TW030WA02 シルクドーム ツィーターを2500Hz以上を受け持たせますと、周波数特性は20000Hzまで伸びており、スーパーTWは必要ないように見えます。ことに高域難聴の私には特に必要ないように思われます。
 4個縦に並べた音は、パルス的な音は十分に迫力があり、ホーンドライバーと比べても勝るとも劣らない音が出ているようです、ただとてもスムースな音で、何か物足りない感じが付きまといますので、以前に購入していた、ELACのリング・リボンを追加してみました。以前ホーンのドライバーと組み合わせたときには特性と能率があまりにも異なっていたためか、うまくマッチしなかったのですが、今回の組み合わせはなかなか良さそうです。
 オーケストラの弦の音が、きつくなく柔らかく聞こえだしたようです。

TW030WA02 4連装 50cmの周波数特性
b0052286_16483967.jpg

50cmでは高域で干渉があり、ディップができます。

TW030WA02 4連装 100cmの周波数特性
b0052286_16493654.jpg

周波数特性はフラットで優秀です。

視聴位置での周波数特性
b0052286_16515577.jpg

視聴位置でも周波数特性は優秀です。。

ElAC リング・リボンの約10cm特性です。
b0052286_1653981.jpg



リング・リボンを加えた本日の6wayの特性

b0052286_1654371.jpg



b0052286_16551137.jpg


両CH
b0052286_16553576.jpg

by katyan4 | 2012-11-23 09:38 | 装置・スピーカー | Comments(0)

取り付け完了
b0052286_23303172.jpg


音は・・・・・ 使えそうです。。
by katyan4 | 2012-11-20 23:31 | 装置・スピーカー | Comments(2)

90TBのストレージ

私のPCのマイコンピューターを開くと、90TBのハードディスク・ドライブが接続されています。
b0052286_9103842.jpg


月に500円、年に5000円以下で、容量無制限のクラウドサービスが受けられるのです。

Pogoplugというクラウドサービスで、初めはPogoplugデバイスを自宅のネットワークに接続すれば、どこからでもそれに接続して、必要なファイルを読みだすことができるサービスでしたが、段々と選択肢が増え、最近では月500円で容量無制限のクラウドサービスを提供しはじめたのです。

さっそく申し込んで、リッピングしたCDのファイルをこれにバックアップすることにしました。しかし、バックアップの転送速度があまり早くなく一晩(12時間で)8GB程度のスピードでした。全部バックアップするのに100日くらいかかる計算になります。

とほほほ・・・・
by katyan4 | 2012-11-20 09:19 | PCオーディオ | Comments(0)

 昨日、ホームセンタに行き、MDF合板をカットしてもらい、今日の日曜日は工作です。

何故か穴が4個
b0052286_16365570.jpg


黒に塗装して、乾燥しています。今日は良い天気でした。
b0052286_16372570.jpg


このような感じになりました。」
b0052286_16375123.jpg


 これで良い感じであれば、後2ペア注文して左右4個ずつにしてみようと思います。2500Hz以上を受け持たせられるかもしれません。
by katyan4 | 2012-11-18 16:39 | 装置・スピーカー | Comments(3)

 SSC-Xを調整中に、スキャンスピークのTWをお釈迦にしてしまいましたので、痛んでも惜しくない程度の安いが性能の良いTWを探していましたら、SSC-Xを購入した、横浜ベイスサイドネットでよさそうなものを見つけました。30mm口径のソフトドームで、ネオジウムマグネット、能率は94dbもあります。中国製のようですが、エンジニアはデンマークのメーカーで修業をしたそうです。9750円なので安いと思い2個注文しました。到着して段ボールをあけると、4個入っていました。どうもペアの値段だったようです。

b0052286_23263086.jpg

立派な放熱フィンまで付いていますので、大入力にも強そうです。

4個のTWどう使いましょうか。

とりあえず1個ずつ使って音を出してみました。刺激のない結構良い音がしますので、しばらく使ってみることにしました。

仕様書1
b0052286_23315361.jpg


仕様書2
b0052286_23315614.jpg

by katyan4 | 2012-11-17 23:32 | 装置・スピーカー | Comments(0)

1.SSC-Xを使用してディレイが掛けられるか?
 可能ではあるが、SSC-Xには入力設定が2CHしかないので、6~8chのディレイをかけるには、3-4組のソフト+オーディオインターフェース+PCが必要になるので実用的ではない。

2.AV-AMPでライン入力信号にディレイをかける機種は無いのか。
 見渡したところそのような機種はないようですし、若しも有ったとしても、室内のスピーカー間の調節用なので、10m以内のディレイしかかけられない。

3.ベーリンガーのDCX-2496を使用した場合。
 入力が3CH有るので、2-3台あれば6-9chの信号にディレイをかけることが可能。
 ディレイは最大200m(555.55ms)以上可能である。
SSC-Xのディレイは96kHzで320ms,192kHzでは160msだそうなので、十分余裕があります。
 以上により、SSC-XのSSC-Xで処理したフロント信号のディレイに、サラウンド信号のディレイを合わせることが可能と思われます

また、画像と音声のすれ(リッピングずれ)は検知限は125ms,許容限は185msだそうなので(N氏に教えていただきました)、FareFaceのサンプリング周波数を192kHzにすれば、映像に対する音声の遅れも許容範囲に収まると思われます。。

以上の考察から、DCX-2496を使用するのが一番良いようです。
by katyan4 | 2012-11-14 17:52 | PCオーディオ | Comments(0)

 ハーマンホテツ心斎橋の本館のブースの内容です。

太陽インターナショナル
dcs、ジェフローランド、アヴァロンの組み合わせで音出し、素晴らしい音でした。
b0052286_1953271.jpg

b0052286_19553929.jpg


本館を後にして、巡回バスに乗ってバートンホテル南船場に向かいました。

デンオン
Daliのスピーカーの展示
b0052286_19545864.jpg


パイオニア

プロジェクター、AVアンプ、TADのスピーカーが置いてありましたが、音は出ていませんでした。
b0052286_1952491.jpg


ソニー&ビクター
予約制だそうで、入場不可
b0052286_19565064.jpg


ヤマハ
ユニバーサルプレーヤーにネットオーディオの機能を盛り込んだプレーヤーの説明
b0052286_19571956.jpg


完実電器
b0052286_19593162.jpg
b0052286_19592183.jpg

スタックスの懐かしいコンデンサー型イヤースピーカー
b0052286_2001927.jpg


エソテリック
巨大なアヴァンギャルドスピーカー、雄大な音、音像巨大
b0052286_2015170.jpg


バラッド
b0052286_2031247.jpg


コンバックコーポレーショ
線材には興味がないのでパス
b0052286_2043223.jpg


スペック
b0052286_2053072.jpg


協同電子エンジニアリング
b0052286_206312.jpg
b0052286_206273.jpg


ネットワークジャパン
リボン型のスピーカー オーラム・クアドラ
b0052286_2091698.jpg


高島電機サービス
b0052286_2085113.jpg


ヒノ・エンタープライズ
低い音は下のほうから、高いほうは高いところから聞こえる
b0052286_2011426.jpg


A&M
分厚いターンテーブルでレコード再生
b0052286_20122222.jpg


エーワイ電子&キャッスル電子工業
フルバランスシステム
b0052286_20143213.jpg
b0052286_20143397.jpg


駆け足で各ブースを廻りましたので、じっくりとは音を聞けませんでしたが、最近の傾向は解ました。
飛びっきり高価なものは良い音がしていましたが、中にはなぜこんなに高いのか?と思われるものも有りました。

夕方、ボンバルディアで松山に帰りました。
by katyan4 | 2012-11-11 20:25 | 色々なこと | Comments(2)

9日の夕方より大阪に行きましたので、大阪ハイエンドオーディオショウに行ってきました。

9日の夕方大阪に到着し急いで、傳伸幸氏講師の「最新オーディオコンポを聞く」の会場に飛び込みましたが、すでに超満員で座ると事がありません。セッティングに時間がかかり、約15分遅れてようやく開始となりました。
 最初は、ソナスファーベルのペアで36万円のハイエンドとしては安いスピーカーをデンオンのプリメインアンプで鳴らしてくれました。製造が中国なので安いのだそうですが、なかなか良い音で鳴っていました。
b0052286_2042059.jpg

次いで、JBLのエベレスト6700というペアで600万円のもの、その値段に見合ったハイエンドアンプで音を出しましたが、期待に外れた高音の堅い音でした。足の痛さに耐えかねて早々に会場を後にしました。
b0052286_2071867.jpg


その夜は学会に一緒に行った女性4人と”しゃぶしゃぶ”をお腹いっぱい食べて、翌日に備えました。

10日の朝はホテルのチェックアウトが10時なのに、オーディオショウの開会時間が10時30分なので、日本橋のホテルから心斎橋まで歩いて行きました。大阪の日本橋、難波のあたりを歩くのは10数年振りでしたので、始めて歩く大きな地下商店街にびっくりしました。
会場はハートンホテル心斎橋 本館と別館。それと少し離れたところにあるハートンホテル南船場です。
b0052286_820920.jpg



ホテルの部屋に各メーカーがブースを作って、ハイエンドの危機を陳列して音を出していました。

ゴールドムンド
端正なデザインの機器で小さなSPを小さな音で鳴らしていました。

b0052286_20191026.jpg


トライオード
真空管アンプでスペンドールのSPを鳴らしていました。
b0052286_20315124.jpg


ハイ・ファイ・ジャパン
小さなスピーカーなのですが、PCのUSB端子に接続したアダプターを使って、ワイヤレスでPCから音を再生していましたl。小さな箱からは考えられない豊かな低音が出ていました。
b0052286_20273310.jpg

b0052286_2028536.jpg


続く
by katyan4 | 2012-11-10 20:32 | 色々なこと | Comments(6)

SSC-Xの音の遅延について

SSC-Xを使うと、音が遅延するそうなのですが、どれほど遅延するのか説明書には記載されておりません。一昨日の夜、BSの音をRMEの入力に接続し映像を見ながら音を聞いて見ました。ちょっと見たのでは分からないのですが、注意して視聴すると、音がわずかに遅れているのがわかります。それで、AVアンプの設定をサラウンドに切り換えますと、フロントの音が一瞬遅れて聞こえ、音楽鑑賞は全然出来ません。これではやはりSSC-Xを私のシステムに組み込むことは無理かと諦めかけていました。

今日、学会の会場 で良いことを思いつきました。(真面目に聞いていない証拠ですね)
使わなくなるデジチャンDCX-2496のDelayを使ったらどうだろうと、思いついたのです。フロント以外のセンター、サブウーファー、フロントハイ、サイド、サイドバックの8chですから、DCX-2496 2台でお釣りがきます。
SSC-Xの音の遅延は、聞いた感じでは0.5秒以下です。DCX-2496のDelayは200m(0.56秒)迄可能。
どうにかなるかも知れませんね。

しかし、映像を遅延させる方法を思い付きません。何か良い方法は無いでしょうか。

福井市のホテルにて
by katyan4 | 2012-11-08 21:08 | PCオーディオ | Comments(0)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28