レ・ミゼラブル

ブルー・レイ・ディスク
b0052286_1081665.jpg


ヴィクトル・ユゴーの原作は子供の時から何回も読んだ愛読書ですし、ジャン・ギャバンとジャン・ポール・ベルモント主演のDVDは持っていますので、6月21日発売のブルー・レイ・ディスクを購入し、さっそく観賞しました。

 持っている2枚のDVDと異なり、1985年より世界各地で上演されたミュージカル”レミ、レミゼ”の映画化のようです。
 
 長大な原作をダイジェストしたものではありますが、ジャン・バルジャンの苦悩、ジャベールの頑固さ、ファンティーヌの悲惨さ、テナルディエ夫妻の小悪党ぶり、その子供とは思えないエポリーヌとカプローシュの純愛と明るさ、原作の挿絵そっくりのリトル・コゼット。悲惨な結果に終わった暴動の若者たちの情熱、何回読んでも見ても涙が止まらなくなるエピローグと、原作の本質を上手にまとめ上げています。

 映像も鮮明で音声も迫力満点、大砲の音もまずまずの迫力で聴こえました。
by katyan4 | 2013-06-23 10:35 | 今日の一枚 | Comments(4)

 EXCLUSIVE P3 を購入して10日以上になりますが、その前に1万円以下で手に入れたPL-30に比べて音が良くなった感じがありません。どうもアームの調整がちゃんと出来ていないのが原因と考え、調整用の機材を手配しました。
 アームの水平、オーバーハング(12.5~15.0mm)はちゃんと合わせました。
このアームはダイナミックバランス型ですので、アームの水平バランスを取った後にスプリングを調節して針圧を加える仕組みになっています。30年以上も経ったものなので、スプリングが経年変化で弱ってきて、設定より軽い針圧になっている可能性があると考えたわけです。

 針圧設定を1.75gに設定します。
b0052286_2235777.jpg


購入したデジタル式針圧計で測定すると
b0052286_22361999.jpg

1.75gと表示され、針圧は正常にかかっていることが解りました。

このアームはオイルダンプ式になっています。オイル貯留部を開けて見てみますと。
b0052286_22385935.jpg

オイルは入ってなく空になっていました。自然に蒸発することはないので、輸送前に抜いてしまっていたのでしょうか。

アーム用のシリコンオイルはまだ、パイオニアから購入可能でした。
b0052286_22404331.jpg


水あめのような粘度のオイルなので、爪楊枝の先に付けて少しずつオイルカップに入れていきました。
b0052286_2243180.jpg


 最後に、インサイドフォースキャンセラーを1.25gに合わせ(シュアーV-15Ⅴのスタビライザーを使用していますので、1,75-0.5=1,25g)、アームの調整は終了です。

さー、これで音が良くなったでしょうか。
by katyan4 | 2013-06-16 22:48 | 装置・その他 | Comments(10)

シュアの現役製品M-97XE が8490円で手に入りましたので、購入し、そのオリジナル針とV-15Ⅴの代替え針(JICO)の比較して見ました。

上がV-15、下がM-97XE です。
b0052286_1705328.jpg

本体の外観はほとんど同じに見えますが、針の形状は明らかに異なります。

針を横から見てみますと
M-97XE
b0052286_1731788.jpg


V-15JICO針
b0052286_1735238.jpg


シュアオリジナルのカンチレバーは少し太く短めで白色(アルミ合金?)ダイアモンドチップが少し大きめです。
JICOの針のカンチレバーは少し細めで長く根元がやや太くなった2重構造になっており、細い部分は黒目の色(ボロン)で、ダイアモンドチップがとても小さく見えます。

針の互換性はないだろうかと思って、針の挿入部を見てみました。
b0052286_1785821.jpg

M-97XEの方が少し大きくなっており、M-97XEの針はV-15Ⅴには入りません、しかしV-15ⅤのJICO針は少しゆるいのですがM-97XEに入りしっかり入れるとガタツキもなく、使えそうです。

JICOのホームページを見てみますと、V-15Ⅴの交換針はボロン製でSAS針が使用してあるようですので、理論的には性能が優れているかもしれません。ただ、いろいろなメーカーの交換針がホームページに載っていますが、各社とも少し高級そうなものの交換針は同じSAS針が多くあり、カンチレバーの材質やその支持方法が同じようなので、全部同じ音になってしまうかもしれませんね。
by katyan4 | 2013-06-11 17:25 | 装置・その他 | Comments(0)

アナログ調整中

iFI-Audio.jpのi-PhonoにはEQカーブ切り替えのSWが付いていました。
b0052286_2312762.jpg

Columbia,RIAA,DECCAに切り替えられます。

b0052286_2333773.jpg

底面には、ディップSWがあり、MMとMC切り替え、ゲイン切り替え、MCの入力抵抗切り替え、MM入力容量の切り替え、RIAAとeRIAA切り替え、サブソニックフィルターの切り替え等が可能となっています。

b0052286_2363631.jpg


レコードを取り換えながら、調整中です。いじる所が多いので、なかなか決まりませんが、このEQアンプの第一印象は高音から低音ま良く伸びきった音がしています。
by katyan4 | 2013-06-07 23:09 | 装置・その他 | Comments(6)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30