「ほっ」と。キャンペーン

AudioGate 3

 Korgから、ようやくAudioGate 3がダウンロードできるようになったようなので、早速ダウンロードしてインストールしました。
b0052286_2132391.jpg


5.6MのDSDファイルを再生してみましたが、サンプリング周波数をAutoに設定しますと、ちゃんと5.6Mのネイティブ再生になり、動作もAudioGate 1 より安定しているようです。

音もこころなしか良く聴こえました。
by katyan4 | 2014-01-31 21:08 | 装置・その他 | Comments(0)

 マツダ・アクセラ・XDを選んだ理由の一つとして、Boseサウンドシステムが標準で付いていたことです。
b0052286_1592755.jpg

 昔からマツダの車のうち、高級グレードのものには、Boseのスピーカーシステムが付いていることが多く、低音の良く伸びた自然なサウンドが気に入っていました。

 サウンドシステムは「MAZDA CONNECT」で操作するようになっています。
b0052286_15142548.jpg


視線を変えずに手元にある「コマンダーコントロール」でコントロールでします。また音声でもコントロールできるようです。
b0052286_15155314.jpg


「MAZDA CONNECT]で「Entertainment」選択すると
b0052286_15382076.jpg


このような画面になります。自分のスマートフォーンにアプリ「aha」や「Stitcher」をインストールしてそのアプリを起動させておくと、「MAZDA CONNECT」で楽しむjことができます。
b0052286_15421097.jpg


「Stitcher」を選択しますと、世界の数百も有る放送を聴きことができます。まず放送局の分類から
b0052286_15462538.jpg


Music Commenntaryを選択し、たとえばJAZZを選択します。
b0052286_15471044.jpg


聴きたい放送局を選びます。
b0052286_15505075.jpg


このような画面になり音楽を聴くことができます。
b0052286_1552096.jpg


「aha」の場合は、日本の放送局を聴きことができるようです。
b0052286_15532882.jpg


FaeBookにもアクセスできます。
b0052286_15542662.jpg


USB端子にUSBメモリーやi-Potを接続するとその中の音楽ファイルを聴くこともできます。
b0052286_15555381.jpg


音は期待通りの柔らかい癖のない低音が車内を満たし、心地よいサウンドを楽しめました。
by katyan4 | 2014-01-30 16:01 | 装置・その他 | Comments(3)

”追悼”クラウディオ・アバド 第2弾
LP 2枚組/ドイツグラモフォン/1980年
b0052286_22172026.jpg

レコードケースを探していると、アバドのレコードが有りました。ドイツグラモフォン2枚組のマーラー交響曲第6番です。
 これもあまり針を通していないためか、ドイツ版だからなのか、弦の音がとてもきれいに再生されます。低音もバランスよく録音されており、ボリュームをうんと上げて聞くと満足できる音が出ます。
 
by katyan4 | 2014-01-25 22:07 | 今日の一枚 | Comments(0)

”追悼”クラウディオ・アバド
b0052286_216183.jpg

LP/グラモフォン/1977年シカゴ・オーケストラ・ホール

バルトーク=ピアノ協奏曲第一番(1926年)
        ピアノ協奏曲代二番(1930/31年)

マウリツイオ・ポリーニ(P)
シカゴ交響楽団
指揮:クラウディオ・アバド


 指揮者クラウディオ・アバドさんが亡くなられたと聞いて、レコードを探してみました。ちょうど私がLPレコードを集めていた頃には、あまりアバドのレコードを買っていなかったようで、なかなか見つかりませんでしたが、ようやく一枚あったのがこのレコードです。
 同じミラノ生まれのポリーニとの共演です。

 あまり聞くことのなかったレコードだったようで、雑音もほとんどなくきれいな音で再生されましたが、この頃のブラモフォンの音らしく、低音が少しさびしい音ですが、ピアノの音は華麗に響きます。
by katyan4 | 2014-01-24 21:19 | 今日の一枚 | Comments(0)

LP/eurodisc/1971
b0052286_22211542.jpg


1面
トレッリ=トランペット協奏曲ニ長調
ガルッピ=二つのホルンのための協奏曲ニ長調
       二つのホルンのための協奏曲ヘ長調
テレマン=ホルン協奏曲ニ長調

2面
L.モーツアルト=協奏曲ニ長調
モーツアルト=行進曲ニ長調KV249
三つの行進曲KV408
六つのドイツ舞曲

ヘルムート・コッホ指揮/ベルリン室内管弦楽団
ウィリー・クルーグ(トランペット)、ペーター・ダーム(ホルン)


バロック~モーツアルトの管楽協奏曲を集めた一枚です。

管楽器の音はよい響きで楽しめました。弦の音は硬めの音ですが、厚みのある低音とのバランスがとれた音で、好録音だと思います。
by katyan4 | 2014-01-23 22:35 | 今日の一枚 | Comments(0)

NHK BS プレミアムシアター録画/2014年1月20日放送

<演 目>
1.広島の犠牲者に捧(ささ)げる哀歌
2.バイオリンとコントラバスのためのデュオ・コンチェルタンテ
b0052286_21561233.jpg

3.3つのチェロとオーケストラのためのコンチェルト・グロッソ
b0052286_21563990.jpg

4.クレド
b0052286_2157968.jpg

(以上、クシシュトフ・ペンデレツキ)

<出 演>
バイオリン: アンネ・ゾフィー・ムター(2曲目)
コントラバス: ロマン・パトコロー(2曲目)
チェロ: ダニエル・ミュラー・ショット(3曲目)
     アルト・ノラス(3曲目)
     イヴァン・モニゲッティ(3曲目)
ソプラノ: イヴォナ・ホッサ(4曲目)
     エヴァ・ヴェシン(4曲目)
メゾ・ソプラノ: アグニェシュカ・レフリス(4曲目)
テノール: ラファウ・バルトミンスキー(4曲目)
バス: ニコライ・ディデンコ(4曲目)

<合 唱>
ポーランド国立歌劇場合唱団
ワルシャワ・フィルハーモニー合唱団
ワルシャワ少年合唱団

<演 奏>
シンフォニア・ヴァルソヴィア

<指 揮>
クシシュトフ・ウルバンスキ(1曲目)
シャルル・デュトワ(3曲目)
ワレリー・ゲルギエフ(4曲目)

収録:2013年11月23日
ポーランド国立歌劇場(ワルシャワ)


 作曲家ペンデレツキの名前は知っていましたが、ほとんど聞いたことがありませんでした。昨日録画しておいた放送を今日聴いて見ましたが、とても素晴らしい曲ばかりでした。これからペンデレツキの曲を聴いていきたいと思います。
この放送は画像も音(5.1CH)もよく録れています。
by katyan4 | 2014-01-21 21:57 | 今日の一枚 | Comments(0)

LP/1976年6月25日ウィーン、ムジークフェラインザールで録音
b0052286_20322734.jpg

ポリーニ34歳、ベーヌ82歳の時の録音です。
レコード棚の一番奥のほうにあったレコードです。多分30数年ぶりにレコードの針を落としたのではないかと思います。
ポリーニの若々しい演奏と82歳とは思えないベームの指揮でした。
音はさすがにあまり良くはありませんが、ポリーニのピアノの音は輝かしい音がしています。
by katyan4 | 2014-01-20 20:32 | 今日の一枚 | Comments(0)

CD/GRAND SLAM RECORDS
b0052286_2361490.jpg

ブルーの・ワルター指揮コロンビア交響楽団演奏のマーラー/交響曲第8番「巨人」は定評のある名演奏ですが、マスターテープからダビングした38cm2トラックテープからの復刻版だそうです。
b0052286_231061.jpg


高域のテープノイズと冒頭に高域のチリチリという雑音があったり、音が少し揺らぐようなところはありましたが、とても聞きやすく、高域はすっきりと響き、大太鼓の低音も豊かで、バランスのよい音です。
by katyan4 | 2014-01-17 23:06 | 今日の一枚 | Comments(0)

東芝EMI株式会社、RM方式4chレコード

b0052286_2164470.jpg


 1972~1973年に録音された有名な曲ですが、このレコードはマトリックスRM方式の4CHのレコードです。
RM方式のデコーダーは買った記憶がありませんので、多分山水のSQ方式のデコーダーで聞いていたのだと思います。
 
 冒頭の心臓の音、途中でけたたましく鳴り響く目覚まし時計の音、ジェット機の音など音響効果満点のA
面は何回も再生したようで、少し歪っぽく再生されますが、ほとんど聞かなかったB面はとても綺麗な音でした。

 CD版と比べると少し迫力が落ちる感じがしますが、ボリュームをいっぱいに上げると、なかなかの迫力でした。
by katyan4 | 2014-01-15 21:14 | 今日の一枚 | Comments(2)

SIEGFRIED PALM、CELLO

LP、グラモフォン
今日レコード棚をさがしていますと、昔買ったまま忘れていたレコードを見つけました。多分1~2回しか聴いていないと思います。
b0052286_16364752.jpg

 
ジーグフリード・パルムは1927年西ドイツ生まれの、現代音楽を得意とするチェリストで、このレコードには、ウェーベルン、クセナキス、カーゲル、ツインマーマン、ベンデレツキ、ブラウン、ユンなどが作曲した現代曲が収められています。

 1974年の録音なのですが、チェロのときすまれたような音がよく録音されており、今流行りのハイレゾに負けない良い音です。
by katyan4 | 2014-01-13 16:45 | 今日の一枚 | Comments(0)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30