オーボエとギターの調べに 夏の思い出を 古部賢一&鈴木大介DUO

昨晩は、砥部オーベルジュリゾートで耳と舌を楽しんできました。
b0052286_12481153.jpg


古部賢一さんのオーボエと鈴木大介さんのギターのDUOコンサートでした。

第一部は2回のチャペルでクラッシック系の演奏で

Domenico Cimarosa/オーボエ協奏曲
Josef Maurice Ravel/ハバネラ形式の小品 他
 
 美しいオーボエの音色と繊細なギターの音色がマッチした心地よい演奏でした。

第二部はディナー「漂流世界」

b0052286_10375019.jpg


■ 夏彩
 才巻海老・蝦蛅・蛸・鰈 ラタトゥイユとソースコンブル
b0052286_10385136.jpg


■ 涼風海原
 二つの芋のビシソワーズ 温泉卵と薬草のエキス
b0052286_1039867.jpg


■ 秋気
 あこうと茸のパート包み 茸のソースで
b0052286_10391420.jpg


■ 落し水
 黒毛和牛腿肉のロースト TOBEムータルド
b0052286_10394181.jpg


■ 滲滴 MIJIMU SIZUKU
 秋色のプディング サツマイモのジェラートを添えて
b0052286_10394864.jpg


 10回以上参加しているのですが、同じ料理は出たことがありません。いつも工夫を凝らした料理の数々は、舌を楽しませてくれます。

最三部は1階のホールでの演奏、ポピュラーな音楽の演奏でした。

Ennio Moriricone/ニューシネマ・パラダイス
Astor Piassolla/タンゴの歴史より「カフェ1930」
Astor Piassolla/リベルタンゴ
Antonio Carlos/イパネマの娘
Calso Machado/ブラジル民謡曲集より


美しい演奏でしたが、私の奥さんの厳しい批評によると、「あまりタンゴらしくない演奏だ」 

確かにそうかも

お二人の演奏CDを買って帰りました。
b0052286_13513540.jpg

by katyan4 | 2014-08-29 13:03 | 音楽会 | Comments(0)

今まで約10年間、センタースピーカーは ’AR CS25HO’を使っていました。
b0052286_2142698.jpg

12cmのアルミコーン・ウーファー2本とドームTWの組みあわせの2WAYの構成です。

このスピーカーを天吊りとアンプラックの上と2本設置して、初めのうちは満足していたのですが、最近は、他のスピーカーとの音質差が気になりだして、センターをオフにして聞いていました。

サラウンド・スピーカーは価格は非常に安いのですが、TWがホーン・スピーカーのClassic ProのCSP8(ウーファー20cm)とCSP6(ウーファー16cm)を使っています。しっかりしたプラスティック製のキャビネットでなかなかしっかりした音が出ています。

CSP6を2本購入(1本5980円)して、このように設置してみました。
b0052286_21535187.jpg


参考までに、実測したこのスピーカーの特性です。

周波数特性
b0052286_21553470.jpg


歪み特性
b0052286_2156313.jpg


インパルス累積スペクトラム特性
b0052286_2157544.jpg


スピーカーが統一されたためか、センタースピーカーをONにしても違和感を感じなくなり、女性VOCALの声が色気があるように聞こえます。
by katyan4 | 2014-08-23 22:04 | 装置・スピーカー | Comments(0)

私の好きな音楽とそれを聴く装置ついて
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31